浦和に関するネタを中心に、サッカーネタやコラムを書き綴ってます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
☆ 【10.06.09】 vs.鞠 フィンケ監督・インタビュー 【URD:OM】


2010年6月9日(水) 日産スタジアム 入場者数:13,463人

横浜F・マリノス0-0(前半0-0)浦和レッズ


≪フィンケ語録≫

残念ながら、決勝トーナメントに進むことができないという状況を、自ら招いてしまっていた状況でした。
こういう状況で、大切だったのは、私たちのチームが持っている本当の性格を見せること、そして相手に何もプレゼントしないということです。


≪今日のポイント≫

後半に入ってから2度、私たちのカウンターの状況がありましたし、決定的な状況がありました。
横浜はここで必ず勝たなくてはいけない状態だったわけですし、その分、いくつかのスペースが空いて、それによって私たちがカウンターを狙って、2対1の状況を2度、作り出すことができました。
しかしこれをゴールにつなげることができなかったのはとても残念でした。
しかし、とてもポジティブなこともありました。
1つ目は、山田直輝が今回のような実戦での経験を再び積むことができるようになったことです。
そして、山田直輝はこれからのJリーグの22試合でとても大切な存在になる選手の1人だと思います。
それから、とても喜ばしいのは、スピラノビッチが成長したことです。



今日の試合は見ていないので何とも言いようが無いのですが…
スカパーウォッチャーの情報では、前半は膠着状態であまりいい出だしではなったようですが、が素晴らしかったこと、徐々に元気がいい動きをしていたり、スピラがかなり良くなったこと。
特に後半はチャンスも作っていたけど、課題の決定力が…
とにかく、これでうちも鞠もナビは終了。
ということで、中断明けはリーグに集中しつつ、天皇杯で元旦に勝つことを目標に頑張りましょう!
そして、ケガ人も戻ればまたメンバー構成も変わって、更に面白いサッカーになる事を期待したいと思います。


*記事の詳細につきましては、☆の付いた表題をクリック頂けるとリンク先へ飛びます。そちらでご確認ください。


→→→→→→ あなたの一票で決まる、ブログランキング! →→→→→→    


にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ 
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。