浦和に関するネタを中心に、サッカーネタやコラムを書き綴ってます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
浦和の今オフの補強・移籍話も、三が日を開けて賑わいを見せ始めてますね。

浦和への加入情報としては…
・青木…栗鼠から加入
・西川…熊から加入
・李…サウサンプトンとクラブ間交渉へ
という感じですね。

逆に、浦和からの外部移籍(レンタル含む)情報としては…
・野田…長崎(完全)
・永田拓…横浜(完全)
・野崎…福岡(レンタル)
・大谷…北九州(レンタル)
*岡本…長崎(レンタル延長)
が確定してますね。

野田・ナガタクが次の行き場所が見つかったことは、喜ばしい事だし、次の場所で活躍して、また浦和でやれたら…と切に願います!

そして、野崎・大谷・岡本は浦和では得られない経験を、他チームでして来て欲しいし、当然、出場機会を増やすために行くのだから、チャンスも掴んで着て欲しいと思います。
そのチャンスや経験を、来季、いや何年かかっても浦和に戻ってきた時にフィードバックしてくれれば尚いいですね。(^^)

さてはて、レンタル組で皆様が一番気にされている峻希は…?
犬サポさんの話では、千葉への完全移籍への要望話も出ているとか、いないとか?(謎
あくまで、向こう側のサポ様としては欲しいような感じ。
まぁ、行った先で気に入られるのはいいのですが…汗。

それと、未だ去就が発表にならない暢久…
本人の意思次第とは言われてますが、一筋縄には行かないのか?
そして、浦和出身者組では、ホリや雄一郎もどうなるのか?

それと、気になる外国人枠2とアジア枠1の使い道…
ACLが無くなったとはいえ、昨年より順位を落としている部分を楽観視しないで欲しいと思う。
どのポジションで何枠で使うかは強化が決める事だけど、個人的にはチームをプレーでも精神的にも選手を動かせる「柱」となる選手が欲しい。
要は、鬼軍曹的な…。

まぁ、ロビーやウーベのような選手が理想だけど、今のJにそのクラスの選手が来られるか?という部分や、浦和自身に海外とのパイプがあるのかという問題も含め、そこは、わがままを承知であくまで個人的希望。

とにかく、浦和を強くすることが第一だから、どこのクラブ出身だとか、育成出身だとか…そんなことは気にしてません。
それより「浦和のためにどう働いてくれるか」が問題です。

なので、浦和が勝つために何をすべきか?を常に考え行動してくれる選手なら大歓迎です。

まだ、海外の移籍ウィンドウは動いてますし、海外の移籍ウィンドウが閉まるまで移籍市場は流動的でしょう。
浦和も目先の事だけじゃなく、チームをより高みにステップアップさせてくれる選手を獲得して欲しいと思います。


*追伸:あけましておめでとうございます!
年始から体調を崩し、新年のご挨拶が遅れたことをお詫びいたします。
一昨年後半から、ここのブログを放置状態でしたが、今年は少し動かして行こうと思います。



サッカー選手の正しい売り方 移籍ビジネスで儲ける欧州のクラブ、儲けられない日本のクラブサッカー選手の正しい売り方 移籍ビジネスで儲ける欧州のクラブ、儲けられない日本のクラブ
(2012/02/08)
小澤一郎

商品詳細を見る


スポンサーサイト
なかなか興味深いブログがあったのでご紹介。

浦和レッズの「広島化」が簡単ではない3つの理由


そもそも、浦和が「広島化」を目指しているとは何を指して言ってるのだろうか?
自虐を込めて言えば、広島のようにコンセプトのない浦和のフロントでは、広島化など無理だろう。
いや、ミシャの就任経緯からして、浦和のフロントは、それ以前に、岡田と西野に声を掛けて二人から断られるという大失態を犯していたことが他サポは意外に知られていない。
ミシャの就任は、実は、日本に残る事を選択していたミシャからの「たなぼたオファー」であったし、そういう経緯からしても浦和が「広島化」など端から目指していないのは明らかである。

では、たまたまそうなったのか?と言われると、それもまたNOだ。
ミシャが前広島の監督であることは周知の事実だが、浦和が広島化しているのでは?と言われる所以は、フロントが方針もなく、ミシャに丸投げしているからそう見えるのだろう。
(主力選手を引き抜いたから「広島化」というのであれば、それはお門違いである事は最初に釘を刺しておく)

ただ、広島の場合は、ミシャに任せながらもクラブが主導してきた部分もあるから、今の姿があるともいえる。
このブログの筆者の言う部分で、ある意味、同意できるのは、彼がチームを離れ、かつコンセプトを維持する場合のリスクという面だ。

これも、彼が考えている程のことではなくて、浦和のフロントはクラブとしての形を全くと言っていいほど追求していない。
いや、それでも勝つ事を追求するために、常に監督の要望に応えて補強をし続けて、勝つために最良の形を追求するというコンセプトを持つのなら、それはそれでありだと思う。

しかし、ある時はクラブ財政ばかり気にして勝つ事よりも財布の中身ばかり気にして、ある時は監督の意向とは違った補強をし続ける…
そんな頓珍漢な事をやり続けるから、サポからクラブの信用を得られない。
非常に悲しい事実を自ら作り上げてしまう…それが浦和というクラブなのだ。
だから、心配しなくても浦和というクラブは広島様の足元にも及ばないから大丈夫だ。

それと、ユースの崩壊についても言及しているが、すでに築き上げたものを自分の手で壊し始めている。
ユースとTOPの戦術の整合性など端からないし、「それぞれの世代が、選手にあった育成」という…
一見、きれいな言葉が並んでいるが、何のためにユースを持っているのか分からない事をやってるのも、また浦和というクラブだ。
実際に、埼玉地域から柏ユースやJEFユース・三菱養和FCに進んだ例は多い。
寿人(埼玉出身)はまさにその例で、武蔵野線を使えばこれらのクラブに行くことは可能だ。
また、浦和ユースに上がらず、高校サッカーの名門チームに行った例(G大阪の中澤:浦和JY→市立船橋)もある。
ただ、この二人の世代は浦和が育成年代に力を入れてなかったこともあり、仕方ないと言えばそれまでだが…。

最近では、浦和も浦和FC(少年団選抜)が大会規定で出場できなくなったため、小学生年代の育成にも力を入れ始めたが、今のままではTOPの主力云々の問題の前に、ユースチームとしての機能面から敬遠されるケースも増えるかもしれない。


まぁ、ここまでは自虐的な意味と浦和の抱える内包的な問題を挙げながら、「彼の心配」が無駄であることを証明したわけだが(苦笑)、ここからは彼の心配への「反論」をさせて頂く。


まず、代表選出が少ない部分は、確かに、ザックとしてはポジション・戦術が異なるため、起用に難を唱えるのは致し方ない。
ただ、その手の問題は、どこにでもある事だし、そもそも、本当に選手の実力があれば選ばれる。
だから、ミシャ云々ではなく選手自身の問題でもある。

そもそも、Jから選ばれているのは遠藤くらいで、他はJでザックが重用している選手はいない。
そういう意味では、海外選手を重用するザックが、岡田以上の選手起用の手腕があるのかも疑わしい。
ここまでの起用を見る限り、単に、岡田の遺産を受け継いだだけという評価すらできる。
世代交代も、海外選手中心だし、逆に言えば、ザックJに入りたいなら、海外に行けば何とかなりそうな気さえする。
たぶん、今まで選ばれてた伊野波や槇野も、J帰りでは選ばれなさそうな気もする。苦笑。
まぁ、ザックだって浦和がミシャを選んだのと同様、協会が失策を犯した結果の人選だから仕方ないのだが。失笑
なので、若手・中堅選手はザックに代表に選ばれることの価値は、現時点ではあまり考えなくてもいいと思う。

むしろ、浦和で実績を残してACL→CWC経由で、大手を振って海外でプレーすれば、浦和を起点として海外に行き、代表に選ばれるコースがあるのだから、慌てる事はない。
中途半端に代表に選ばれて酷使されて、W杯前に「ポイッ」されるより有意義な道のりが残されている。


最後に…
そもそも、彼の言うように、広島と浦和というクラブのチームカラーは圧倒的に違う。
だから、浦和が広島を目指せと言っても無理だし、違う気がする。
では、なぜ、彼は「浦和の広島化が簡単ではない」などという難題を挙げたのだろうか?
俺自身、広島というクラブとフロントには、育成とチームコンセプトの確立いう部分で、今の浦和には真似のできない長所があり、その部分ではリスペクトの念を持っている。
ただ、浦和が広島化を目指せとも絶対に思わないし、むしろ、広島を超える切り口でミシャが築く浦和の強さを見せて欲しいと思う。

広島=ミシャサッカーの継承というのなら、森保に失礼だし、浦和=ミシャサッカーというなら、ミシャも広島でやれなかったサッカーをこれから見せたいと思ってるはず。
だからこそ、広島のように育成しながらという考えを捨て、勝つ事によりプライオリティーを置いていると感じる。

その過程で、浦和と広島のサッカーがダブって見えてしまうのは仕方ないが、森保もミシャも2年目となれば、ベースは同じでも味付けをして、より自分の色を前面に推し出してくるはず。
そこからが、真の勝負になるのでは?と感じている。
だから、浦和は広島を目指しているわけではないし、良くも悪くも、広島化など端から考えていないのでご心配なく。
浦和は唯一無二の「We Are THE REDS」であることをお忘れなく。






フットボールサミット第5回 拝啓、浦和レッズ様 そのレッズ愛、本物ですか?フットボールサミット第5回 拝啓、浦和レッズ様 そのレッズ愛、本物ですか?
(2012/01/25)
福田正博、島崎英純 他

商品詳細を見る





ひっそりと、このタイミングでオフィシャルに発表されていた。
株主総会が終わったタイミングで早く発表したかったのだろうけど…。
まず、見た感想を一言で言えば、相変わらず突っ込みどころが満載!(# - - ;)


で、中身を見ると空っぽなのに、数字だけは整えたという感じかな。
だから余計にたちが悪いw。
唯一、褒められるのは、概要をしっかり書いた事。
当たり前と言えば、当たり前だけど…
まぁ、その辺の親切心くらいは認めてあげよう。


さて、懸案の内容…
そもそも、エジの移籍金とナビの賞金が無ければ大赤字w。
毎度、経費削減と言いながら、役員の数は相変わらず多い。
資本金1億6000万で社員が数十名の会社の規模でこの人数はいらない。
市長や副知事は相談役くらいでイイと思う。
そこを役員にしている理由が分からない。
そもそも、市長は栗鼠の後援会長でもあるんだぞ!(怒)
そう考えると、筋肉質云々は、クラブの財務より、社長の立場を守ってくれる「お仲間」の数だなw。


それと、よく、「チームがへたれにならないように社長続投!」を望む声を聞くが、
09年と状況が違う事を理解しているサポが少ないね。
今年から畑中さんがクラブ事業面を、山道さんがチーム強化面を、
それぞれ中心になってやって行くのだから、引き継ぎさえすれば
社長はいつ交代してもいいはず。
なのに、相変わらず「椅子」に座り続ける理由は何なのか?
よく分からん…。
サポも、いい加減に09年のトラウマに捉われてばかりいると、
一番大事な、経営とチーム強化の分離した事を見逃しちゃうぞ!


要は、昨年までは社長にブレーンがいなかった。
だから、こんな訳の分からない社長に、悪い意味で「みんな」が振り回された。
「それじゃダメだ!」と、社内外から声が上がって、
今年は、それぞれ「統括」するリーダーを置いたのだからね。


ぶっちゃけ、経営者としては社長は失格。
普通の企業なら、株主から三下り半を突き付けられているw。
それを許してしまう組織体制が理解できない。
まぁ、「利権」を握っている方々が随所にいるんだろうね。
橋本体制の方がやりやすいと思ってる方々が…


最後に一言…
無駄は減らすべきだが、経費削減の名のもとに、減らしてはいけないものまで減らした罪は重いよ…


【参照】
1、 クラブ経営情報

2、 役員人事について




社長になっていい人、ダメな人社長になっていい人、ダメな人
(2007/03/27)
丸山 学

商品詳細を見る



浦和ネタが無いので、福西のコラムでも…

降格間近までぐらついた浦和レッズは今年、会社と現場、サポーターが一体化していなかったことが出て、選手にとっては戸惑いが大きかったと思う。
個人重視していたところを、2009年から2010年はフィンケ監督の「つなごう」というパスサッカーでやってきた。
それがまた、今年から個人個人の技術を重要視したようなサッカーになった。

そんな中で、GM交代や監督去就の問題で、選手たちの集中する環境は整っていなかったかもしれない。
資金のあるクラブでも、周囲が崩れると選手は難しい状況になることが出てしまったのではないかな。
ある時から浦和は自前の選手育成を重視し、確かにユースの選手は育ってきたけど、「勝ちながら育てる」という面では結果につながらなかった。
GMも監督も代わってしまって、方向性が一つではなく、選手からすれば「どうすればいいのか」となってしまう。

サポーターも選手を応援してくれていたけど、「どうなるんだ?」という雰囲気がスタンドからも出てしまう。
そうなると、一体感というものはなくなり、個人的な力は出せるかもしれないけど、チームの力は出せなくなる。
Jリーグの中でも会社としての方向性がしっかりしているところが、長く力を発揮できている。

僕がテレビ解説をした柏レイソルとの最終戦。埼玉スタジアムには久しぶりに5万4000人を超える観客が入った。
雰囲気としては選手がやりやすいものが作られていて、サポーターの力というものを感じた。
ブーイングの仕方や、試合が終わってから社長と話し合いの場を持とうとして居残っていたのをみても、会社側への意見が強く、選手には優しかった。

ただ、選手も結果を出すためにやらなければいけないものはある。
選手に対するブーイングがもっとあってもよかったかもしれない。
浦和の結果は、近年全体でそうなっていることには驚きだけど、今年に限っては驚きではなかった。
積み重ねてきたものがないわけだし、新しいものがすぐに完成できるわけでもない。
そういうことで苦労している状況だと思う。



全くその通りだと思う。
サッカー関係者とは言え、浦和と直接かかわりの無い人からもこれだけ的を得た指摘をされると何も言いようがない。
今年の反省を、来季以降のクラブづくりと、チーム編成に生かせるかどうか…

そして、浦和の行く末は、浦和に関わる者にしか決められないのである。
クラブとチームとサポが一体となって、発展させていくためには、それぞれが心を開いて真摯に話の出来る態勢を作ることからではないだろうか?
お互いに言い分はあるのだから、まずは逃げずに場を作る事。

以前なら、浦和の店に行けばクラブの誰かがいて、サポとクラブ職員が真剣に議論したり、そういう機会があったという。
今は、クラブがサポから一歩引いてしまっている。
お互いに「おかしい」と思うべき部分は主張して改善を図る方向にすべきだと感じる。
お互いがにらみ合っていても、何ら事態は改善しない。
その点は理解しているのだから、2012シーズンはお互いに向きあって前を向いて歩こうではないか!




浦和再生 レッズスタイルの行方浦和再生 レッズスタイルの行方
(2010/03/30)
島崎 英純

商品詳細を見る




→→→→→→ あなたの一票で決まる、ブログランキング! →→→→→→    


にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
[おわりに]

ここ数年は世代交代や長期的に「強くて魅力あるチーム」をつくろうとしてきましたが、結果を残すことはできませんでした。
2012シーズンは、クラブの信認回復とともに、チームの立て直しを進めることが最大の目標です。
近い将来、再び優勝を争えるよう、クラブ・チームを再建・再生させて参ります。
編成機能を強化し、可能な限り強化費用を確保します。
成長が続く若手を登用しながらもその周りを実力ある選手が囲むようなバランスあるチームとなることを目指します。
2012シーズンの監督をはじめチームの編成につきましては、決まり次第順次お知らせさせて頂きます。

浦和レッドダイヤモンズ


多くの皆様に夢・希望・幸せを提供するアジアを代表するような「地域の誇りとなるクラブ」を目指し続けるというビジョンを掲げながら、実現に向けた方向性がはっきり見えない現実を反省し、お詫び致します。
このビジョンへの推進役となる「強くて魅力あるチーム」づくりを、クラブの最優先事項として明確に掲げ、中・長期的視点で、肝となる監督を選任し、チームの再生を図ります。
残留争いで苦しいリーグ戦を終えた今シーズンでした。この経験を無駄にすることなく、終盤の横浜F・マリノス戦やアビスパ福岡戦で見せた「浦和レッズの執念」を種火として、再び燃え盛る勢いを取り戻すよう結束して挑戦し続けます。

浦和レッドダイヤモンズ
代表    橋本 光夫



結局は、クラブ・チーム人事の全任免権を握った社長が、しっかり「私の責任です」と一言謝罪して、取締役会に進退を預けて、次期社長を取締役会で選出して三菱自工に承認を受ければそれで済む話だと思うけどね。
どうも、最近は「状況回復」が責任の取り方と勘違いしている。
ダメにした人が根本的に回復できるなんて誰も思ってない。
回復出来たら、それは回復に対する不可抗力が加わったと見るのが妥当だと思う。
この文章を読んで思ったのは、クラブとしてはシーズンの総括にしたいんだろうけど、どうも腑に落ちない点が多数。
ダラダラ書いた割には、具体的に「じゃぁ、どうすんの?」「どうすれば良かったの?」っていう点が、抽象論で終ってる気がしてならない。
確かに、書けない事もあるんだろうけど、後々突っ込まれないような文章に仕上がっているだけで、「総括」という割に核心には迫ってない。
来季を今季と変えるなら「具体的にどうするのか?」が大事で、耳触りの良い言葉ばかりが先行している感が否めない。
毎年思うのは、クラブは方向性ばかり示して、その方向性に対してやってきた事が具体的に検証されていない。
成績不振に対する監督の責任については、「クラブはこう手を打ちました!」と具体的に書いているのにね…
まぁ、その「手」も、ゼリコの後日談を聞いた後では、とても褒められたもんじゃないのが笑えるんだけど…。
とにかく、最低限、書いた事はやって欲しいし、年頭の挨拶や2012のチーム・クラブ方針で、この総括と全く違う事が出てきたら失笑モノなんだけど。苦笑。
とにかく、サポートする立場から言えば「浦和レッズ」しかないんだから、せめて、「夢の持てるクラブ」にして下さい…としか言いようが無いかな。




ダメ上司論 (日経プレミアシリーズ 49)ダメ上司論 (日経プレミアシリーズ 49)
(2009/05/09)
山田 咲道

商品詳細を見る




→→→→→→ あなたの一票で決まる、ブログランキング! →→→→→→    


にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。