浦和に関するネタを中心に、サッカーネタやコラムを書き綴ってます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この時点でクラブ、もしくは決定権のある人たちは何か行動を起こすかもしれませんが、それは分かりません。
自分はできる限りのことを尽くして、浦和レッズを愛するハートがあるので、残りの5試合、全力でクラブのために戦い抜くことを誓います。
ただし、今の時点で正直に話をしておきます。
残りの5試合が終わったら、自分は次の年は残らないという決定をしました。
自分のハートの中で、来年、残ろうが残るまいが、自分の仕事がある限り、浦和レッズのために全力を尽くすスタイルでいます。
こういう発言をしたからといって、クラブが今すぐ出て行ってくれというかもしれませんが、自分はすべて浦和レッズのために全力を尽くしているので、最後まで戦い抜きます。



就任からこれまでの流れを追うため、長文になりますがご容赦。
この会見を聞いた時にまず思ったのが、「これでクラブはシーズン途中の解任権を奪われたな」という事。
ペトロもいろんな思いがあっての行動だったのだろうけどね。
要は、一番はフロントが糞だったという事。
ただ、ペトロもその糞フロントに媚を売ってしまった結果、こういう顛末を招いてしまった責任はある。

そもそも、「俺をなぜ浦和に呼ばないのだ!」なんていう人が監督になった時点で、フロントの怪しさはあった。
だって、担当の「K」や強化部関係者はフィンケの解任報道が出たあたりから、何度か南米に渡ってたよね。
あの時、ブラジルのクラブの監督やペルーだかチリの代表監督に接触してたのは認めてたね。
でも、結局、何の成果も挙げられずに戻ってきたけど、その誤魔化しにマゾーラも視察してたよなぁ。
その後に分かったけど、某OBにも声掛けて断られて、他にも声掛けてダメで、いよいよ強化部が追い詰められた挙句のペトロだったからね。

強化部だってバカじゃないから、それまでのペトロの噂は耳に入ってたんだろうね。
だから、今まで彼を呼ばなかったんだろう。
でも、背に腹は代えられないって状況になって、彼を呼んだというのは容易に推測できる。
そこで暗躍したのが、「Y」と「K」。
そんな浦和の監督やりたがりの彼だから、クラブからかなり条件を突き付けられての「ご登場」になってしまったんだね。

で、ビックリしたのは強化責任者の前GMがペトロのサッカーを見ずに獲得を決めていた事。
そして、当のペトロも浦和の試合をほとんど見ずに、条件を丸のみして就任していたという事実。
プロのサッカークラブがこんな事をやっていてはホント、ダメだなと思った瞬間だった。
いくら、浦和の監督をやりたいからって条件を丸のみして、で、監督になってダメだったらフロント批判したって、自らの恥をさらすようなモノ。
フロントもフロントなら、監督も監督だ。

挙句、重用していたFWを中東に取られて、代わりに来たFWは得点力0。
その辺の意志疎通の無さは、確かにフロントも酷かった。
フロントは、チームを見ずに電卓ばかり叩いてたのが目に浮かぶ。
ただ、それをもって「今の状況を招いた」とも言い難い。
彼の目指していたサッカーと、そのサッカーに適応できる浦和のメンバーが揃っていなかった事もあるし、そもそも、強化部に要求ばかりされて、自分の要求は何も聞いてもらえないという状況に、ずーっと苛立ってきたのは分かる。

要は、今回の『辞任会見』ってペトロが「アドバルーン」をぶち上げたってこと。
「選手への気合入れ」みたいな綺麗事を言ってたけど、実際には、今になっても来季のオファーがないし、今の成績じゃ、もしかしたら…ってフロントの意思確認したかったんだろうね。
成績不振の責任を取って辞任となれば、金も名誉も失う訳だからそれだけは避けたい、でも、クラブから迫られたら不味いから、先に今季での退任を上げれば、自分の責任は果たした事になるし、下衆な話、解任となって名誉は失っても、そんなのはクラブの不手際を暴露すれば何とでもなるし、今季の年俸は保証されるからね。
だから、こういう内容の発言になるし、来季がないのなら早く言ってもらいたいと思うのは、自分の生活がある人なら誰でも思う事だからね。

さて、彼の今後&後任の話。
個人的には、辞任発表をした以上、早急に監督を交代してもらうのが筋だと思う。
いや、本気で辞任をする気ならいいのだが、話の節々に「自分の都合」が見え隠れするのだ。
発言の中には、フロントの現場介入をにおわして、それを排除したいという気持ちまで…
それ以前に、ペトロは何故、現場介入を許したのか?
現場介入を許すなら、その時に辞めるべきだったのではないだろうか?
とはいえ、先にも述べたけど、やはり自分にとって不利な契約にはしたくない訳だし…
結局は、「お互いの都合の綱引き」でそのパワーバランスがどちらかに傾かない限り、このまま時だけが過ぎて行くような気がしてならない。

さて、彼の後任についてだが、かなり厳しい状況であるのは事実だ。
今の浦和の状況で、外部の人間が自ら手を挙げてやるのは厳しいだろうし、そもそも、いろんな人が浦和にはフロント改革が不可欠と言い始めている。
まぁ、内部が腐っているという事が白日の下に晒されるのは「身内の恥晒し」以外の何物でもないが、それでも恥を晒すことで、しっかりと立ち直ってくれる事が第一。
そうしなきゃ、満足に選手だって来ないし、監督の人選がこんな状況に陥ってるのはやはり異常。
そもそも、浦和チーム内部でS級持ってるのがユースの監督だけという状況がどうかしてる。
(突っ込まれそうなので言っておきますが、落合ハートフルキャプテンや村松L監督は組織的には別なのであくまでチーム内部という事。)
そういう構成からして、このクラブのフロントのおかしさが手にとって分かる。

一部では、後任に広瀬氏が総監督、堀氏が監督とする案が挙がっている。
しかし、個人的には広瀬氏がS級持ってないから、そのために堀さんをTOPに上げるなんて言語道断w。
今まで築き上げたユースの位置付けが曖昧になるし、ここまで頑張ってきたユースの選手の梯子を外すことにもなる。
それに、シーズン途中でユースの監督をいじったら、それこそTOPの都合によってユースが動かされるという意味でもユースそのものの位置付けが危うくなる。
まぁ、浦和がユースを育成ではなく「サッカー教室」レベルに格下げするなら分かるけどね。

そういう部分では、最終的にはOBを中心に声をかける事になるのだろうけど、今度は相当な条件をクラブ側が飲まなければならないかもしれない。
極論を言えば、フロント改革を迫られるかもしれない。
ただ、クラブがその声を真摯に受け止めて、断行しない限りはこのクラブは衰退の一途を辿るしか道が無くなるだろう。

とにかく、今は、 腐ったミカンをしっかりと排除して欲しい。
話はそれからだと思う。
腐ったミカンが一つでもあるうちは、改革が進んでいるとはいえない。
一つ言うが、腐ったミカンを排除することが改革の目的ではない。
腐ったミカンを排除する事は、改革を始めるための前提条件だ。
今まで、浦和というクラブはそこを見誤ってきたから、成長できなかったのだ。
社長が改革を遅らせた張本人である事は明らかだが、社長云々の話だけでは決してないように思える。
クラブ全体が「今のまま」という「ぬるま湯体質」を脱出できなければ厳しいだろう。



追伸:長文お読み頂き有難うございました。
これは自分が集めた情報(新聞・雑誌・ライターさんのブログなど)を基に書いてます。
情報の取り扱いには気を付けて下さい。



浦和再生 レッズスタイルの行方浦和再生 レッズスタイルの行方
(2010/03/30)
島崎 英純

商品詳細を見る




→→→→→→ あなたの一票で決まる、ブログランキング! →→→→→→    


にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ



スポンサーサイト

2011年10月15日(土)埼玉スタジアム

浦和レッズ0-1(前半0-0)大宮アルディージャ

得点者:84分 ラファエル(大宮)

入場者数:34,654人



本物のFWの選手たちが点を取らないと、世界中のどのチームであっても試合に勝つのは難しいのではないかと思います。
選手個々の名前を挙げて批判しているのではありません。
自分のスタイルはそうではないですが、点を取っていないというのは数字上でも現実に表れています。
浦和レッズにはもっと点の取れるFWが必要だと思います。≪ゼリコ≫


【質疑応答(抜粋)】

【野田の交代あたりから全体的に自信がなくなったように見えたが、監督はその原因をどう考えていますか?】

その時点で野田をケガで交代せざるをえなかった、その中で岡本を右にして平川を左にする選択肢しか自分たちにはなかったということです。
その中でも後半、直輝や元気というフレッシュな選手を入れて、もう少し前からプレスをかけたかったというのがその意図です。
ただし、失点の場面を見ると、何かが原因というよりは、ラファエルがあそこまでフリーでヘディングできてしまったというところが信じられません。
90分を通して、ほとんど良いプレーをさせていませんでしたが、1点だけ、フリーでやられてしまいました。
ランコの1点目が取れた大きなチャンスというところが、浦和レッズが勝てるか勝てないかの大きなターニングポイントになったのかと思います。


●柏木陽介選手

内容は悪くなかった。
ゴールが入るか入らないかだけだった。
勝たないといけないという気持ちが強い分、前に前にというのが多くなったのかなと思う。
ボールの失い方が悪くてカウンターというのもあったし、もっと自分がリーダーシップを持ってやっていかないといけないのかなと思う。
守備の部分でもバランスが崩れて、間延びした時間が最後の方にあった。
それを修正できずに失点してしまった。
焦る気持ちを抑えさせて、しっかりブロック作ってコンパクトに試合を運んでいく状況を作っていかないとダメかなと思う。
自分の経験不足が出たのかなと思う。


●山田直輝選手

選手の距離が広くなって、前が孤立する場面が多かった。
自分が前と中盤をつなごうと思ってやったが、うまくいかなかった。

【Q:全体的に前に急ぎすぎていたように見えたが?】

点を取らないといけないので、前に前にという風になってしまうのは仕方ないけど、もう少し落ちついて組み立てられればよかった。
ナビスコカップと違って距離が遠くて、パスコースが少なくて前に行けなかった。
前にボールが入ってもプッシュアップができなくて、前が孤立していた。

【Q:相手が中を固めてきたことに苦労していたが?】

自分が中に入って、当ててから散らそうと思っていたが、自分が前を向いてボールをもらうこともできなかった。
自分が入って20分くらい時間があったけど、やりたいプレーは1つもできなかった。
チームとしてもいいところが出せなかった。
ナビスコカップと何が違っていたのか、話し合わないといけない。


●濱田水輝選手

テンポが1つ遅れていたし、前を向いてプレーしないと相手は怖くない。
そういうところで遅れて、プレッシャーをかけられ、奪われてこっちの攻撃ができなかった。


●原口元気選手

昨日からスタメンじゃないというのが分かっていて、気持ちのコントロールがすごい難しくてイライラもしたし、理解しようとはしていたけど、正直納得がいかないことばっかりだったので難しかった。
G大阪戦はすごいいい内容だったし、勝った試合だったからメンバーを替えたくなかったんだと思う。
自分のコンディションが代表とかいっていて大変だからコンディションを戻させたいというのもあったかもしれないけど、それよりもG大阪戦がよかったからそのままいきたかったんだと思う。


●梅崎司選手

立ち上がりから切り替えの意識、守備の意識はすごい高かったと思うし、前半は特にやられる感じも1本くらいしかなかった。
前の2試合よりは早い攻撃、カウンターがはまらなかったけど、相手のやり方と関係してくる。
前の2チームはつないできて、前に人数をかけていたので、奪ったらいい形ができていた。
大宮はつまったら前線に蹴るというのが多くて、いい形でボールを奪っても仕掛けられなかった。
相手は下がってブロックを作ってきたし、2トップに対して挟む意識がすごい高かった。
そこで根気づよく、相手の空いているところにサイドチェンジしながら攻められたらよかった。
今日の内容はそこまでよくなかったが、悪くもなかった。
相手がチャンスを決めた。


●永田充選手

キツい時間帯でも前から守備をするという意識を植え付けさせないと厳しい。
ラインは上げたいけどプレッシャーがかけられていないから上げられないという感じだった。
失点以外は完璧にやれていたと思うし、戦い方自体はいいと思うけど、決定機があまり作れなかった。
ランコのシーンは決めてほしかったけど、それ以外なかったのが問題だと思う。

【Q:メンバーが変わった影響は?】

変わって問題が出ていてはダメだけど、全体としてのスライドが少し遅れていた。
チーム全体で追い込む形があまり取れなかった。

【Q:失点の場面は?】

失点のところは2人がつきにいってセンタリングを上げられた。
僕もボールウォッチャーになっていたと思うし、水輝を余らせておくべきだったと思うし、そういう指示を全員がしていたらあの失点はなかった。

【Q:ナビスコカップの相手と違って大宮が守りを固めてきたのが苦戦の要因だったと思うが?】

相手の出方が違うならこちらも違う攻め方があったと思うし、中が固められているならサイドで突破もできたと思う。


先発予想は、見事に外れました。汗。
直輝は先発じゃなかったね。
現状ではFKを蹴らないマルシオを使う理由が分からなかったけど…
試合は、「決めるところで決めないと、こういう試合になりますよ」という典型的な試合だった。
選手は総論では「全体的には悪くなかった」というが、個々では問題意識があるようだ。
最大の問題は、試合中に「修正する」というリーダーシップを取れる人間がいない事だ。
すでに、監督の戦術でない事は、選手も承知の上で動いているはず。
ならば、監督の責任にばかりしていられない。
陽介が「俺の経験不足」「リーダーシップを持ってやらなきゃ」という部分でも、ピッチの選手が中心になって動いているのがよく分かる。
啓太を中心に、それが出来なかった事の方が俺は問題に思う。
だって、ペトロはもう消えてるんだから、選手がやるしかないんだ。
北のゴール裏が「選手と俺たちの覚悟で浦和の未来が決まる」って出した時点で、ペトロは指揮権を奪われているのはなんとなく想像が出来た。
ここでも「浦和には点を取るFWが必要だ」と言っているところを見れば、「もう、俺の責任じゃないよ」と言わんばかりだが、そして実際に、このチームはペトロの手を離れているんだと証明してしまう「出来事」がこの発言の後にあった。(この「出来事」については次のブログにて…)

結局、真ん中をガッチリ固められてボールを持たされた浦和は、毎度のように攻撃が膠着する。
そして、相手に出し所を狙われてカウンターを食らうという悪循環を、もう何年見ているかな?失笑。
真ん中が開かないなら、サイドに振って崩すとか、ギアチェンジで速攻と遅攻を使い分けるとか、もう少し工夫が出来なかったのかな?と。
そして、その状況に対して手を打てないベンチワークも問題。
前日の予想がなんとなく当たってしまった…?

さて、残り5試合…
とにかく、より多くの勝ち点を積み上げるしかない。
そして、得失点も併せて積み上げられるだけ積み上げておく。
最後に勝ち点1で泣いたんだからね、あの時は。




ガンダムが教えてくれたこと 一年戦争に学ぶ“勝ち残る組織”のつくり方ガンダムが教えてくれたこと 一年戦争に学ぶ“勝ち残る組織”のつくり方
(2011/03/19)
鈴木 博毅

商品詳細を見る




→→→→→→ あなたの一票で決まる、ブログランキング! →→→→→→    


にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ




大宮とは、公式戦だともう4回目の戦いです。
そして、私たちはホームで戦います。
埼玉スタジアムで勝ち点は与えません。≪ゼリコ≫


【質疑応答(抜粋)】

【原口が戻ってきて、梅崎も好調です。前線の先発選手については監督も悩むのではないかと思いますが?】

すでに今日のミーティングでも選手の前で話をしましたし、個々に呼んで話をした選手もいます。
スタッフ全員の判断で、明日は今、ベストの11人がピッチに立ちます。
そしてベンチに入る選手はチームとして戦い、必要なときにはチームのために全力を尽くすという話をして、選手たちもそれぞれ全員が理解をしています。
なので、明日は現状でのベストイレブンで戦います。
セレッソ戦、ガンバ戦と非常によく、ナビスコカップでも山形戦からチームとして非常に良いプレーをしています。
残りのリーグ戦6試合、私たちには、すべての選手が必要だと思っています。
ベンチに入った選手も、開始から5分、10分で何かが起きて交代で出なければいけないときもあります。
常にチームとして戦う準備をしていないといけないと思います。
自分たちは18人で戦いに挑むわけで、出る11人だけではなく、18人全員が重要です。



とにかく、勝ち点3が求められる試合で、どうゲームを進めるか?が問題。
ぶっちゃけ、栗鼠は今後の勝ち点を考えたら、引き分けも止む無しと考えているかもしれない。
とにかく、浦和に勝ち点で並ばれたら、浦和の方が上に行く訳だから、そこを何としても避ける戦いをしてくる事は容易に予想できる。
だから、無理に攻めてくるというよりは、浦和にボールを持たせて、狙い所を決めてカウンターを掛けて来るかも知れない。
とにかく、守備をベースにカウンターという戦い方なら、無用な危険を冒さずに済むから。

ということで、個人的に先発と控えを考えてみた。


GK:順大
FW:ランコ、セル
MF:司、直輝、啓太、秀仁
DF:野田、永田、水輝、ヒラ
SUB:ギシ、元気、マルシオ、陽介、暢久、スピラ、ウガ



陽介と元気を外したのは怪我の具合。
正直、二人共に休養が必要な状態だと思う。
ただ、陽介は「出る」とあったので、そこは微妙。
あと、元気も先発で出たいと思うだろうが、今の状態だと、ファーストチョイスが司になるのは仕方がない。
チャンスはあるだろうから、短時間でもキッチリとチャンスをものにできる部分をアピールして欲しい。
あとは、ペトロの選手交代の起用と采配に掛っているのだが…
どうも、今のサッカーはペトロのサッカーとは思えない。
一番危惧しているのは、このサッカーに限界が近づいた時にペトロがどういう行動を起こすか?
今は、調子がいいのでペトロも我慢の時なのだろう。
しかし、自分の意図しないサッカーで成績も落ちるなら、やはり、監督も思い通りのサッカーをやり始める気がする。
なので、どうかナビ杯で見せた「今のサッカー」で少しでも長く結果を残していけるよう、選手をサポートしたい。
なぜなら、もう、監督は「死に体」なのだから、選手に賭けるしかないのは明白なんだよね。
どうか、明日のこの試合、勝ち点3をお願いしたい!




→→→→→→ あなたの一票で決まる、ブログランキング! →→→→→→    


にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ



第91回天皇杯全日本サッカー選手権、2回戦(マッチナンバー47)

2011年10月12日(水)埼玉スタジアム 入場者数:4,849

浦和レッズ4-1(前半2-1)宮崎産業経営大学

得点者:10分 藤山由昴(宮崎産業経営大学)、14分 OWN GOAL、18分 マゾーラ、55分 原一樹、76分 高崎寛之



4-1という数字も満足できますが、試合の内容はそこまでの内容ではなかったと思います。
大学生との戦いで甘く見てはいけないと、今日のミーティングでも選手たちに言い聞かせました。
彼らはものすごいモチベーションで、ものすごいエネルギーで自分たちを倒しに来る、そういったことに対して、試合への入り方が悪かったのは非常に残念です。 ≪ゼリコ≫


【質疑応答(抜粋)】

【試合への入りが悪くて1点を取られました。チームはびっくりしたような感じでしたが、その後のリアクション、プレーの進め方についてはいかがでしょうか?】

その後、しっかり集中して、マゾーラのゴールや直輝のアシストなど、素晴らしいプレーも見られましたが、やはり相手にはすごく素早い選手がいて、ボールを扱わせたら非常にうまい選手たちがいました。
そういった選手たちにボールをそこまで支配されてはいけませんでした。
自分たちがボールを持っているときに、もっともっと速いパスワークをしていかないといけない、そして前にいけるときはもっと早く前にいくべきだったと思います。
そういうところは徐々に変わっていったのかと思いますが、やはり内容には満足していません。
今日は勝ったことだけが収穫です。
もちろん何年か前に社会人相手に浦和レッズが天皇杯で負けているという過去もあります。
そういうことを考えると勝ったということだけはすごく良かったと思います。
見ていて、相手は素晴らしい大学生のチームだと思いました。
何人か素晴らしい選手もいました。


この試合は観戦できていないので、種々の情報とハイライトを元に書かせてもらうのでご容赦。
メンバーについては、リーグ戦を睨んで先日の試合に出場したほとんどの選手を休ませたようだが、これについては個人的には特に問題なかったと思う。
むしろ、リーグや協会が日程の問題を解消できないのなら、自分たちでやり繰りするしかないのだから。
さて、結果については4-1とある程度妥当なものだと思うが、内容については、聞くところでは、好調を維持してきたナビ杯のサッカーとは雲泥の差があったようだ。
相手に崩されて先制される大失態。
一方の浦和は、個人をベースにした戦いに終始し、連携で取れた点と言えば、直輝~一樹の得点ぐらい。
あとは、個人技とオウンゴールとセットプレー。
まぁ、メンバーを考えれば仕方ないと言えば仕方ないし、むしろ、しっかり勝てた事が良かったというべきなのか。
個人的には、カップ戦は結果ありきなので、それ以上は求めない。
ただ、このメンバーが正直、リーグで使えるかと言えば無理だろうね。
そして、それ以上に限界を感じたのはペトロの戦術かな。
大学生相手に、この程度の戦術しかできない選手にしてしまったのは、あなたの責任だよ。




サッカー戦術とは何か?が誰でも簡単に分かるようになる本サッカー戦術とは何か?が誰でも簡単に分かるようになる本
(2011/04/27)
西部 謙司、北 健一郎 他

商品詳細を見る





→→→→→→ あなたの一票で決まる、ブログランキング! →→→→→→    


にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ




自分たちは浦和レッズであり、浦和レッズとしてチームで戦っています。
AチームとかBチームとか、そんな考え方はまったくしていません。≪ゼリコ≫


【質疑応答(抜粋)】

【大学生を相手にして一番、気を付けるべきところは?】

もっとも気を付けなければいけないところは、甘く見ないということです。
今回の相手は大学生ですが、どんな相手であろうと、自分たちが簡単に勝てるというような気持ちで入ってはいけません。
そういうことをするようであれば、昨日、自分が見た試合のようなことが起こりえます。
自分たちはプロであり、お金をもらってサッカーをしているというところを、ピッチで見せないといけません。
そこが違うんだというところを見せないといけないのです。
それぞれの選手たちには、シーズンを通して、自分の出るチャンスというものがあるはずです。
自分たちスタッフがこの先、その選手が必要なときに使えるのかどうか、というところを見せる場でもあります。
明日、良いプレーをしなければ、自分たちにとって必要なときに、まだ使えない選手だと判断しますし、ものすごく良いプレーをすれば、この選手はいつでも準備ができているという判断もできます。
明日の試合はそういった意味でもすごく重要な試合になります。



何度も言うようだが…
とにかく、勝利に向かって貪欲に闘うべき時。
メンバーがどうであれ、その姿勢は変えないで欲しい。
選手個々が、相手によって闘う姿勢を変えるようではダメ。
攻める姿勢を忘れずに。
90分間、しっかり闘って欲しい。
それだけ。




心を整える。 勝利をたぐり寄せるための56の習慣心を整える。 勝利をたぐり寄せるための56の習慣
(2011/03/17)
長谷部誠

商品詳細を見る




→→→→→→ あなたの一票で決まる、ブログランキング! →→→→→→    


にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。