浦和に関するネタを中心に、サッカーネタやコラムを書き綴ってます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆ 【11.01.18】ペトロ就任あいさつ 【オフィシャル】


私はプレーヤーのときと同じように、メディアの方々と一緒によりよい関係で働いていくことを望みます。
選手のとき、私は皆さんのインタビューに対して常にオープンな気持ちで対してきました。
今もその気持ちは変わりありません。
(中略)
私たち浦和レッズはとても大きなクラブです。
日本で一番かもしれません。
その価値にあった戦い方、その価値にあった地位を築きたいと思います。


【監督が目指すサッカーはどういったものですか?】

攻撃的で、アグレッシブで、そして、すべての情熱を注ぎ込んだサッカーをしたいと思います。


【最近のレッズの試合のDVDをずいぶんと見てきたということも聞いていますが、継続していくべきこと、改善が必要なことは何でしょうか?】

私は自分のやりたいサッカーを目指してやろうと思います。


【現在のチームに、すでにだいぶ詳しいようですが、現在の浦和レッズには華麗なパス回しのサッカーとシンプルなパスでゴールに向かうサッカー、どちらが似合うと思いますか?】

自分がやりたいものは、ボールをキープしながらシンプルにゴールを奪うというサッカーです。


【社長とGMからは「優勝」という言葉がありましたが、昨年までの監督はこういう場所でそういう言葉が出るのを嫌う傾向にありました。しかし、ここでそうした発言が出たということは、そういう部分についてのコンセンサスがすでにあり、監督も認識しているということでしょうか?それと、「もう一度大勢の人に応援に来てほしい」ということをおっしゃっていましたが、監督として、そのためにできることは何だとお考えですか?】

みんなチャンピオンになろうと思っているはずです。
もちろん、ケガ人や病気、出場停止といったいろいろな要素がシーズンを通して優勝争いには関わってきます。
なので、必ず優勝できるとは限らないということは、私も分かっています。
シンプルに、監督として何ができるかというのは、チームがいい結果を残すしかないだろうと。


【指導者として最も影響を受けた人物は誰ですか?】

いろいろな指導者を見てきましたが、私はペトロヴィッチであって、他の誰でもありません。
大事なことは、1日1日、自分が指導者としてよくなろうということを心掛けることだと思っています。
なので、特定の誰かに影響されたというよりは、広く言えばすべての指導者から学んできました。
私は常に、情熱と熱い気持ちをもって、よりよいチーム作りをしていきたいと思います。


【RKCワールウィク時代、監督は4-3-3システムで大量得点を挙げていましたが、浦和ではどのようなシステムで臨みますか?また、この2日間、時間をかけてミーティングをされたそうですが、監督からはクラブにどのような要求をされたのでしょうか?】

一番大事なのは、どのような選手がいるのかを分析してから、その選手たちに合ったシステムを選ぶことだと思います。
そして、私が一番重要だと思っていることは、お互いのコミュニケーションです。
コミュニケーションがスムーズにいかなければ、チームの結果もスタッフの仕事も良くない方向に進んでしまいます。
ですから、常にオープンであること、言いたいことを言い合えることが一番大事だと、私は皆さんに最初にお話しました。
もう1つは、一体感。
全員が1つになって鼻の先を同じ方向に向けて進むことができれば、どんな監督が来ようと、クラブとしてブレることなく仕事ができるのではないかと、私は思っています。
自分は中のことをそんなにいろいろといじったり、変えたりすることはしません。
日本に来たのだから、日本の文化に従って、それに順応して、良い結果を残したいと思います。


【ヘッドコーチになったボヘルスコーチについて。どういったコーチなのかということと、なぜ彼をコーチとしてかについて、聞かせてください】

アドリーと私は、RKCのユースアカデミーで一緒に働いて、私がトップチームの監督をやったときに、アシスタントコーチとして一緒に仕事をしました。
彼は私と同じようなキャラクターの持ち主で、24時間全力を尽くして自分の仕事を全うすることができる。
積極的に意見を話し、ディスカッションすることができる。
そして、何よりも、ものすごくサッカーに対しての知識が多い指導者であります。


【メンバー選考にあたって、重視するところは何ですか? また、重視するポイントが複数ある場合は、どのような優先順位になりますか?】

ほかに何を選手に求めるかというのは、もちろんいくつかのものが挙げられると思いますが、それはなるべく外には出さずに、選手と私の中で話し合って、向上していきたいと思います。
常にオープンマインドで、チームで勝ってチームで負ける。
自分がどうだったからという話は後にして、まずチームのことを考えるということを強調したいと思います。


【一次キャンプが迫っていますが、そこで重点的に見ていきたいところがあれば、教えて下さい】

キャンプに入るにあたって、まずは自分は新しく来た人間であるので、選手もそうですが、まずお互いを知るということを最初に心がけたいと思います。
そのために、キャンプの最中に選手一人一人とミーティングを行ない、チーム全体でもミーティングも行ない、初めの印象やどういった状況なのか、選手のコンディションなど、細かく確認したいと思います。
もちろん、先ほども言いましたが、100パーセント全力を出し切る、いいコミュニケーションを取る、チームで戦うということも、初めから強調していきたいと思います。


【100パーセントのファイトを求めるということを再三おっしゃっていましたが、あなたはそういうファイターとして浦和のサポーターから共感を得ていました。今度は監督として来て、いくら戦うのは選手だと言っても、不甲斐ない試合に終わったときには最終的な責任は監督にあるわけですから サポーターやメディアから批判をされる場合もあるでしょう。そういった批判を受ける覚悟はありますか?】

まずは、メディア、ジャーナリストが結果が良くなかったときにネガティブな記事やコメントをすることは、もちろん皆さんの自由であります。
サポーターについて、私自身は、結果が悪かったらサポーターが怒り出す、もしくは自分に対してネガティブな発言をするということは、少し信じられません。
もちろん、残念に思うことはあるかもしれませんが、私がどれだけ浦和レッズに情熱を注いできたかについては、サポーターが一番わかっていると思います。
ですので、どんなに結果が悪くても、サポーターは私の後ろについていてくれると信じています。


かなり、長文になってしまいましたが…ご容赦。
応答の中で、贅肉的な部分はかなり編集したので、全文を読みたい方はリンクよりオフィシャルにてご確認ください。
さて、インタビューの感想について…
ゼリコは至極当然の事を言っている。
ただ、一部では、フロントから、かなり「擦り込まれている部分」が見受けられた。
コミュニケーションだとか、クラブの中の事に手を付けないとか…
こういう話がいきなり自然と出てきてしまう辺りが不自然に聞こえてしまった。
とは言え、ゼリコにはより良い結果を目指して頑張って欲しい。
ちなみに言えば、サポーターはゼリコの味方をするけど、ゼリコはフロントに梯子を外されないように気を付けて欲しい。



デキる上司デキる上司
(2007/02/28)
白潟 敏朗

商品詳細を見る
 


→→→→→→ あなたの一票で決まる、ブログランキング! →→→→→→    


にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ 
スポンサーサイト
最近、橋本社長がやたらと『強いレッズ』を連呼している。

「強いレッズを目指す」ってそんなのは当たり前。

誰もが思ってる事だし、社長としてクラブ・フロントがすべき事をもっと突っ込んで考えて欲しい。

そう、社長もGMも自分の発言に対する「5W1H」が抜けてるんだ。


強いレッズは誰が中心となって作り上げるのか? (WHO)

いつまでに、その強いレッズを作り上げるのか? (WHEN)

どこで、どんなチームに対して、強いレッズを作るのか? (WHERE)

そもそも、強いレッズって何なのか? (WHAT)

何故、強いレッズを目指すのか? (WHY)

どのように、強いレッズにするのか? (HOW) 



そこを明確にしない限り、そしてもっと大事なのは、それを実行しない限り、このチームは強くならないし、このクラブの根本は変わらないと思う。

ゼリコを始めコーチ陣や選手たち、そしてサポーターがいくら頑張っても、社長をはじめ、社員やその他メンバーの意識を姿勢が変わらなければ何も変わらない。

それだけは言っておこうと思った。


そして、サポーターの多くの方が思っている事…

『強いレッズ』にするには…

表面的な形ばかりのクラブの改革より…


社長をはじめとする、このクラブの社員・メンバー全員の 『意識改革』 が必要だ。


問題の問題は人―意識改革による問題解決問題の問題は人―意識改革による問題解決
(2002/06)
鈴木 進

商品詳細を見る



→→→→→→ あなたの一票で決まる、ブログランキング! →→→→→→    


にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ 
1月20日に2011シーズンのスタートを迎えるにあたり、柱谷GMに、チームのスケジュールやキャンプでの取り組みについて聞いた。


Q.20日の始動日まであと数日です。

GM:昨年からチーム編成を行なってきて、陣容もほぼ固まって、いいスタートが切れると思っています。
外国籍選手の枠に1つ空きがありますが、これについては、監督と話し合いながら進めていきます。
全体的にバランスの取れたいい補強ができ、「勝つ」ためのチーム編成が出来たと思います。


Q.今後のスケジュールは?

GM:明日の午後から19日(水)までは、監督と多くのミーティングを行ないます。
クラブが目指す方向性や目標については、これまでの話し合いの中で合意していますが、細かな方針や考え方のすり合わせ、スケジュールなどの打ち合わせを行なう他、クラブ内の各セクションとのミーティングも行なう予定です。
これらのミーティングを全て終えた後、記者会見を開催し、そこで、思いを語ってもらいます。
クラブが一つになって進んでいく道筋をしっかりと定めていきたいと思っています。


Q.キャンプでは、アカデミーセンターと連携した取り組みを行なうということですが?

GM:宮崎・指宿のキャンプには、アカデミーの指導者と選手3名をそれぞれ帯同させます。
今シーズンからは、アカデミーとの連携や融合をしっかりやっていきたいと思いますし、一人でも多くトップに上げられるような選手育成を進めていきたいと思っています。


Q.2011シーズンスタートを迎えるにあたり、改めて今の心境は?

GM:ペトロヴィッチ新監督を迎え、選手も新しいメンバーになって、2011シーズンが本当に楽しみだし、ワクワクしています。ファン・サポーターの皆さんと一体となっていいシーズンを過ごしていきたいと思っています。


【以上 オフィシャル】


今一度、言いたい。
今年はゼリコ就任1年目という位置付けとは、個人的には思わない。
そう、『クラブ改革3年目』という位置づけである事を忘れてはならない。
要は、「やっぱりフィンケの方が良かったんじゃないか?」と言われるような結果や内容ではダメという事だ。
「ゼリコに来てもらって良かった!」とサポが心から思えるように、そして、ゼリコにも「こんな素晴らしい環境でタクトを振るえる喜び」というのを味わえるようにクラブ・フロントはサポートすべきだと思う。
とにかく、もう言い訳は聞きたくない。
まずは、サポをスタジアムに呼び戻すために、クラブが必死に汗をかく姿が見たい。
少なくともサポはそこをきちんと見てる。
小手先だけの対応じゃ、いずれ廃れることをもっと理解した方がイイ。
まずは、ゼリコを選んだ理由を、誠意を持って発表すべき事から始めるべきだ。
それを抜きに、今の体制を維持しようと思うのならGMはクビだ!



→→→→→→ あなたの一票で決まる、ブログランキング! →→→→→→    


にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ 
都築龍太選手、契約満了のお知らせ

2010年6月より湘南ベルマーレに期限付き移籍しておりました都築龍太選手と契約を更新しないこととなりましたので、お知らせいたします。     


都築龍太選手コメント

「レッズで過ごしたこと全てが、自分をサッカー選手として人間として大きくしてくれました。今季はレッズを離れますが、このかけがえのない思い出を自分の財産にして、今後も日々成長していきたいです。今まで本当にありがとうございました」



ホント、都築には感謝の気持ちでいっぱいです。
都築と言えば、やはりACL準決勝でのPK戦は今でも忘れる事ができません。
あの大旗を背に、ゴールマウスを守りきった姿は脳裏に焼き付いています。
彼の後ろに自分がいた事もあり、あの「声」を忘れる事は無いでしょう。
ホント、頼り甲斐のあるキーパーでした。
膝さえ悪くなければ、もっといろんな事に挑戦できたのかなと思います。
ただ、まだまだ出来る選手だと思うので、他のクラブで活躍して欲しいと切に願います。
FORZA TSUDUKI!




Urawa Reds Magazine (浦和レッズマガジン) 2006年 07月号 [雑誌]Urawa Reds Magazine (浦和レッズマガジン) 2006年 07月号 [雑誌]
(2006/06/12)
不明

商品詳細を見る



→→→→→→ あなたの一票で決まる、ブログランキング! →→→→→→    


にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ 
☆ 2011シーズンに向けた方針について 【オフィシャル】


とりあえず方針説明を読んだ。
とにかく、ここに書いた事は最低限であって、しっかりと実行して欲しい。
『口だけ番長』にだけはならないように。

それとこれだけはクラブに注文したい…。


スタジアム運営について…
1、もっと積極的にクラブが動く事
2、サポの声をもっと取り入れる事



この二つは、クラブにも直接申し入れているけど、未だに実行されていない。
これは自分の我がままではなく、クラブの対応の酷さについて周囲からも漏れ伝わる事が多いので、それも含めて社長にも直接話した事がある。
そういう部分を含めて、社長やクラブ社員は、ただ現場にいるだけではなく、もっとサポの声を聞くべきだと思う。
少なくとも、それが自分の仕事だという認識を持って欲しいと思う。



組織は人なり組織は人なり
(2009/10/06)
野中 郁次郎、吉田 久 他

商品詳細を見る




→→→→→→ あなたの一票で決まる、ブログランキング! →→→→→→    


にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。