浦和に関するネタを中心に、サッカーネタやコラムを書き綴ってます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今の浦和に最も足りない部分である。

個人的には、優れたモノには必ず長所があって、だから愛好者(ファン)がいて、そしてロングセラーだという認識がある。

つまりは「ブランド力」

それは、組織においても同じだ。
相変わらず、金太郎飴のような誰がやっても特色が無い、期間を無事過ごせばそれで良し!という、江戸時代の参勤交代制度のようなものがまかり通っている組織は、発展性が無い。
浦和も『継続性・発展性の無さ』ではピカイチではないだろうか。(失笑)

継続性を訴えた監督は、GMと志向(思考ともいう)が合わなかったために切られ、自らが招聘した監督は「勝利」という名目のために一番大切な自分のスタイルを捨て、猫の目のようにメンバーを変える。
そういや、GMも前監督のスタイルを継続するなんていったのは遠の昔。
いつの間にか、前任者のスタイルを否定し、勝利を求める…などと言い始めたのはいいのだが、相変わらずの体たらく。

クラブは一体何をしたいのか?
チームは、監督は何をしたいのか?


相変わらず、クラブのスタンスが決まらないために、チームまで迷走もいいところ。
もう「タイトル奪取」「ACL出場権獲得」などという絵空事を目標にするのは止めて、「リーグ賞金圏内順位」「J1残留」を具体的な目標に下方修正した方がいいだろう。
ただ、その場合、「ペトロには勝利への姿勢を明確にしてもらい、タイトル奪取を求める」とした当初の方針を守れない訳だから、GMは辞任いや、社長が解任するのが妥当だろう。

さて、長い前フリはここら辺にして…
最初に言った「優れたモノには長所があって、だから愛好者(ファン)がいて、しかもロングセラーだ」という「ブランド力」の行り。

浦和の「ブランド力」って何だろう?

って考えると、チームやクラブじゃなくて「サポーター」って言われる。
確かに、一般ファンの中にはサポーターを見たいっていう人もいるらしいね。
あと、コレオグラフ(ビジュアル)を楽しみに見に来ている人もいるとか…

それにしても、何でチームやクラブが最初に挙げられないのかね?
そりゃ、これだけ方針が無くてTOPが三菱自工の人事によってコロコロ変わり、クラブの方針もそれに伴い…では、サポやファンどころか選手・監督・コーチ・社員だって振り回されてるんだから、好かれる以前の問題。
俺自身は、クラブの資本家である三菱自工の体質が変わらなければ、この体質は変えようがないと思う。

なぜなら、三菱自工自体の体質をこのクラブが引き継いでいると言っても過言ではないからだ。
中には、異能を発揮する経営者もいたが、あくまで個人のパーソナリティーであって、根本の体質は三菱自工を相変わらず引きずっているのは明らか。

ブランド力で言えば、以前は三菱自工も看板になるブランド商品を出していた。
パジェロやランサーエボリューションはその代表格だろう。
しかし、リコール隠し問題以降、商品というより会社のブランド力がゼロに近いくらい落ち込んだ事を原因に、会社の経営自体に多大な打撃を与えたのだから、もう、三菱自工が存続しているのは自社ブランドの一般車というより、他社へのOEM供給と、新規自動車分野のみと言える。

そんな、自社ブランド力の作り方を知らない会社の役員が「天下り」してきても、ブランド力を付けるために何をしたらいいのかが分からないと思う。
そして、サッカー以前にサッカークラブの経営を知らない役員が天下りして来ても、サッカークラブを知っている人間からすればバカにされてしまうのがオチだ。

事実、浦和はそういう歴史を積み重ねて来ている。
クラブ内部とて同じだ。
以前も述べたが、社員が100人いるかいないかの売上50億程度の中小企業が、組織内部で担当がコロコロ変わるようじゃ、クラブの発展性はあり得ない。
大体、業務の人間が強化に来ている時点で訳の分からないし、営業も、運営も、広報も、HT推進部も…
動きを見ている限り本当のプロはいるのだろうか?と疑いたくなってしまう。

浦和のブランド力はサポーターというクラブ・チームとは違う部分で評価されている。
サポーターにすれば、このブランド力の一端を担えるのは嬉しい事だが、逆に、チーム・クラブがブランド力を付けなければ、『経営の悪循環』は更に進んで行くだろう。
これに歯止めを掛けられるのは、どうも現経営陣ではないような気がする。

もし、そうだとしたら、浦和の経営改善計画を内部だけでなく外部にも公表し、そのプランに沿って粛々と事を進めるべきである。
当然、そこにサポーターが乗っかれる部分があれば協力できるし、これだけの力を持ったサポーターに「おんぶにだっこ」ではなく、しっかりとした協力体制を築ければ、更に大きな力を生むという事をクラブは理解して欲しい。

今のクラブやフロントは、サポを使う事がとても下手だ。
自分たちの考える道だけで突き進むようでは、「フロントはサポに目を向けていない」と言われてしまうのがオチなのだ。
サポーターはただ応援しているだけではない。
実際に、クラブ作りに少しでも協力できればという「達成感」がさらに人を呼ぶのだ。

そして、サポーターの活動はスタジアムの中だけじゃない。
ACLやリーグ戦でのビラ配り、サイスタ子供公園でのさくらそう植栽作業、震災後の物資集め、チャリティーフットサル…
いつだって、サポはスタジアムの外でも主体的に行動している。
そういう力をクラブはもっと評価すべきだし、「サポがやっている事…」と他人事に捉えず、クラブが主体的にもっと協力すべきだと思う。
そして、それを継続し「やり続ける事」。

多くの人間が「イイ!」と思う事は、自らの信念を曲げず、たとえすぐに結果が出なくてもやり続ける…

それが本当の浦和のブランド力になる気がする。
ただ、大半の人間がイイと思わない事はやり続ける必要は無い。
場がシラケてしまうだけだ
その判断をクラブがしっかりと出来る事がまた、これからの浦和の発展に繋がると思う。



ねばちっこい経営 粘り強い「人と組織」をつくる技術ねばちっこい経営 粘り強い「人と組織」をつくる技術
(2006/12/15)
遠藤 功

商品詳細を見る




→→→→→→ あなたの一票で決まる、ブログランキング! →→→→→→    


にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ



スポンサーサイト

シャチョがお題目のように言い続けている「魅力あるクラブづくり」…。
他にもお題目ばかり挙げてるけど、未だに一つとして出来てないんじゃない?
そのくせ、バラとか記念グッズはしっかり売りやがる。
記念グッズの収益は全額選手の慰労金にでも行くのかと思いきや、クラブもしっかりマージン取ってるとか?
そんな辞めていく選手の名前を借りて稼ぐより、少しは客を集めるために執念見せろよ!って思う。

シャチョはこのクラブに何も求めないのかね?
給料と地位がしっかりしてれば、あとは『任期』を無事に過ごせればいいのかね?
情熱とか愛情とか、持ってないんだろうね。
経営者は情に流されちゃいけないというけど、少なくとも、クラブに対する愛情が無けりゃダメだよな。
本人は持ってるというかもしれないけど、ほとんどのサポはあんたのクラブに対する愛情や情熱を感じてないと思うよ。

と、個人的な感情をぶちまけましたが…
正直、クラブやチーム作りに愛情や情熱は感じられません。
自分の言った事すら「体現」できてないのですから。

百歩譲って、それが出来なかったとしても、せめて、自分たちが連れてきた監督の面倒ぐらいしっかり見てやれ!と思う。
死に体になってから、実行の尺度すら分からない「補強」をちらつかせて、見せかけの「やる気」でお茶を濁す。
だったら、今更、あなたがクラブの骨格とか作らないでいいから、早く楽隠居してくれと思う。
いや、どうせ三菱自工の意向で途中退任なんてできないだろうから、せめて、次の社長への引き継ぎだけしっかりやって、何もいじらずお飾りでいてくれ。
できれば、赤字の責任取って、給与カットぐらいして欲しいけど。

変にいじって、また「前任者が…」っていうのは嫌だから。
「まともな経営者」がしっかり立った段階で、新たなGMと骨格をしっかり作ってくれればいい。
そうそう、今のGMにご退任頂くよう「解釈」してやるのもあんたの役目だな。

問題は、新GMをシャチョに引っ張って来る手腕と能力があるか?という事。
正直、今までの流れを見てたら無理だろうな。
もちろん、選手をコマとしか思ってない強化部なんかに任せたくないし、こうなったら体制一新で、GMを公募してみては?苦笑。
シャチョなんだから、それぐらいの権限は持ってるだろ?
今の浦和の持ってるルートより、いっそ公募の方が意外といい人材が集まってきたりして。苦笑。

結局、クラブに骨格となる方針が無いからこうなるんだろうけど…

まぁ、異論反論あるかもしれないけど、これはあくまで個人的意見。
それだけ、今のフロントのやってる事は、傍から見てると可笑しいんだと自分たちが認識しないとダメだね。
「井の中の河津…失礼、『蛙』」ってやつ。

あっ、そうそう、これはあくまで予測の域を超えないんで、参考程度に。
何気に、社長も監督も「なり手」がいないから今の状況なのかな?
頭のいい人なら、今の浦和に中途半端来るよりは、落ち切ったところで着任したいのが本音かも。
監督も、こんな方針も何にもないクラブに来たって悲劇だよ。
その辺、ペトロはある意味、何にも知らな過ぎた。
情報を仕入れるルートが浦和の強化部だけじゃダメだよ…

結局、なるべくして出来上がったのが今の体制じゃないかな?と勘ぐってしまうくらい、とにかく状況は最悪。
「こんなクラブに誰がした?」なんて今さら聞かないよ、分かり切ってる事だから…
ただ、自分のケツは自分でしっかり拭いて下さいね。
間違えても辞める時は「負の遺産」はしっかり持って出て行って下さい。
それがシャチョの評価にもなるんですよ…失笑。

『立つ鳥 跡を濁さず』 ってね。



組織をだめにするリーダー、繁栄させるリーダー組織をだめにするリーダー、繁栄させるリーダー
(2002/12)
フランチェスコ アルベローニ

商品詳細を見る




→→→→→→ あなたの一票で決まる、ブログランキング! →→→→→→    


にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
2011年6月25日(土)豊田スタジアム

名古屋グランパス1-1(前半1-0)浦和レッズ

得点者:45+1分 磯村亮太(名古屋)、90+8分 マゾーラ

入場者数:28,515人




今日の試合は非常に素晴らしい試合だったと思います。
もちろん、最後のPKがなければ自分たちが負けてしまった可能性もあったわけですが、試合全体の内容をみた中では、自分たちが勝つべき試合内容だったと思います。
今までも自分たちが優位に試合を運びながら、勝ちきれなかったり、負けてしまった試合がありました。
今日は、追いついたということは良かったと思います。≪ゼリコ≫

*【なお、本日は質疑応答はオフィシャルに掲載ありません】


現地参戦された皆さん、お疲れさまでした!
この試合も、審判の判定にはホント何とかして欲しいの一言しかありません。
結果的には1-1でしたが、個人的主観では、それ以前にも2回はPKを貰ってもいい場面があった。
とにかく、判断基準が曖昧だったのが、見ているものをイラつかせるって感じだった。

で、結果的には劇的に追いついた1-1。
劇的な点の入り方は見るモノの感情を揺さぶるけど、それがどう繋がって行くのか?
追いついての勝ち点1をGETしたのと、追いつかれて勝ち点2を失ったのとではイメージが違うけど、結果的には同じ勝ち点1。
あとは、この試合を点と線のどちらで見るかの違い…
もっと検証すべきは、チームとしてはそこに内容があったか?次の試合に繋がる試合になったかという部分。
脚戦に向けてこの1週間でポジティブな材料が欲しい。

あと、これは気のせいだが、ペトロは自分の意志でチーム作りができているのだろうか?
コメントも戦術的な事には触れてないし、メンツもあれだけ重用してた陽介を使わず、外様に追いやっていた直輝を重用し始めた。
俺は個人的な考えとして、選手起用の専権事項は監督にあると思っているので、あまりメンツについては発言を控えてきたが、あまりに意志の無い起用法に愕然としている。
直輝を起用してくれるのは嬉しいが、陽介との併用も可能だし、もう少し起用法についても考えるべきだと思う。
そもそも、似たようなタイプのコマが揃い過ぎていて、必要なコマが足りないというフロント主導の壊滅的選手強化が招いた災いでもあるんだけど。

まぁ、今日の試合の収穫は、同じ相手から2試合で勝ち点4を獲れた事かな。
これは重要で、全チームから取れれば確実に優勝する。
それより、今のチーム状態なら、2試合で勝ち点3を獲る方が大事かもしれないけどね…
それだって51取れれば、リーグ賞金獲得の7位以内だって見えてくるんだから。
それ以前に、チームの形を作る方が先だな…。

でも、今のところの感じだと、今年はどうやら、島崎氏の言うとおり「一戦必勝主義」で骨格なんかない、場当たり的な勝負事を毎試合見せられるって感じだな。
この状況を秋口ぐらいまでに改善出来たら、ペトロも大したものだけど…。
でも、このコメント見てる限りじゃ厳しいな。




組織力を高める 最強の組織をどうつくるか組織力を高める 最強の組織をどうつくるか
(2005/02/11)
古田 興司、平井 孝志 他

商品詳細を見る




→→→→→→ あなたの一票で決まる、ブログランキング! →→→→→→    


にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ

すべての試合と同じように、一試合、一試合が重要な試合になってくると思います。
自分たちは常に勝ち点3を目指して全力を尽くします。≪ゼリコ≫

【質疑応答(抜粋)】

【昨日はU-22代表で原口は試合に出なかったが、それによって、明日の試合で出場する時間を長くしたりすることも考えていますか】

原口元気の方から志願して、チームの助けになるのなら自分は全力でプレーをしたいと言ってくれたことはすごく良いことですが、彼の体調を確認し、試合の状況も判断して、その状況で決めると思います。
現時点で、チームで一番良い選手がこのような形で4試合に出られなかったということ、そしてU-22代表では一戦目に交代で出て、20分ほどしか試合に出ていないということ、そういったことはクラブにとっても厳しいことだと思います。
もちろん日本では、オリンピックが非常に重要で、日本代表がオリンピックに出ることは良いことだと思います。
ただ、自分たちにとって、原口元気は必要な選手でしたし、チームの得点王で、Jリーグの中でも非常にタレント性のある選手で、代表に行って20分ほどしか試合に出ていない、しかも昨日はまったく試合に出ていないということについては、すごく心が痛いです。

【自信を掴むためにも大切な一戦ですが、一番重要なのはどこだと考えていますか?】

重要なのは、やはり早い段階で失点をしないということです。
時間が経つにつれて主導権を握れるような試合が今までも続いています。
ただ、名古屋を相手に、5、6回チャンスがあるかといえば、名古屋もそうは許してくれないと思います。
2本、3本のチャンスをしっかり仕留めることも大事だと思いますが、まずは早い段階で失点をしないということが、とても重要です。
そして、前回、非常にいい試合をして、内容もよかったので、更に自信をもって、簡単にシンプルにサッカーをすることです。
もちろん、相手に対応する、自分たちのやるべき仕事というのがあります。
そこを守りながら、選手たちは自分たちの仕事を行なって、セットプレーで失点をしないということも重要になってくると思います。


さて、鯱戦への展望…
浦和にとってはダニルソンが出場停止というのが唯一の朗報。
これによって中盤が多少はやりやすくなるとは思うけど、磯村が調子を上げていて気を付けなければならない存在。
元気については、個人的には後半途中からの出場がベターだと思う。
そして、出場するなら、ポジションもいつもの左ウィングではなく、2TOPの一角でプレーさせるのも面白いかと。
というのも、元気・峻希・直輝の共存が、新たなプレーを生み出す可能性を見たいからだ。
この3人が揃ったのはTOPでは過去に1度、しかも短い時間しかない。
ただ、その時の印象は未だに忘れていない。
ポジションチェンジから来る圧倒的なボールポゼッションであっという間にゴール前に攻め込んだ。
達也やマルシオが絡んでくれば、その脅威はさらに増すと思う。
今の浦和の問題はとにかく攻撃でボールが回らない事。
過去に1度しか見せていないこのコンビネーションを他クラブもスカウティングできていないだろうから、そこを打開するには面白いと思うのだが。
問題は、浦和の圧倒的な弱点はリスタートでの攻撃に可能性が感じられないのと、失点の多くがリスタートからやられている事…
特に、名古屋は高さ&得点能力のあるメンバーが揃っている。
ここを浦和はどう凌いでいくか…
下手をすれば防戦一方になりかねないが、前回の対戦のようにハイプレスでボールを意図的に持つ事が出来ればチャンスはあると思う。
間違えても、最初から引き分け狙いではなく、あくまで勝ち点3を獲る事を目的にゲームプランを組んで欲しい。



名古屋ルール―名古屋ええよ!ライフを楽しむための49のルール名古屋ルール―名古屋ええよ!ライフを楽しむための49のルール
(2007/11)
都会生活研究プロジェクト「名古屋チーム」

商品詳細を見る




→→→→→→ あなたの一票で決まる、ブログランキング! →→→→→→    


にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
2011年6月22日(水)埼玉スタジアム

浦和レッズ3-0(前半0-0)アビスパ福岡

得点者:53分 鈴木啓太、73分 マルシオ リシャルデス、90+1分 エジミウソン

入場者数:20,240人



非常に良い試合内容に満足しています。
試合を支配してコントロールをしていたと思います。
選手全員が素晴らしいプレーをしてくれました。
彼らはプロフェッショナルとして非常に良い仕事をしてくれたと思います。
この勝ちは今後につながるものすごく大きな勝利だと思います。≪ゼリコ≫


【質疑応答(抜粋)】

【直輝、秀仁に期待していたことは?】

プレッシャーを与えることなく、何も要求せずに自由にプレーをするということを強調して、そういったことを彼らに求めました。
秀仁、直輝、元気、水輝などの若い選手についてですが、私が世界の中の、ドイツ、オランダ、ボアビスタで働いていたときも、若い選手を育てるということに非常に力を入れています。
この浦和レッズでも、自分がいずれ、いなくなったときに、彼は若い選手も育てた、というふうに思ってくれると私はうれしいです。
もちろん彼らには成長する時間が必要なので、次の試合にまた出るかといったら、まだわからないですが、今、試合の後、彼らが大きな笑顔で笑っているところを見ると、自分は非常に幸せな気持ちになれます。


【達也とマゾーラを2トップで使った狙いは?】

本当に彼ら2人を組ませた理由というのは今の時点では秘密にしておきます。
名古屋戦の後に、もしかしたら言うかもしれません。
理由はありますが、そこには他の選手に影響するような言葉とかも入ってきたり、相手を尊敬していないという言葉も、とらえ方によっては出てきてしまいますので、お答えすることはできません。
もしかしたら、今日の試合を見ていただければ、どうしてかというのは皆さんは分かるかもしれません


スタジアムに参戦された皆さんお疲れさまでした。
とりあえず、得点については、獲るべき人が獲って精神的回復にはつながったと思います。
しかし、戦術自体はペトロの戦術ではなく、すでに昨年までのサッカーに逆戻りした感があります。
まぁ、直輝を使う時点で分かり切ってた事なんですが…。
俺自身は、直輝の起用をペトロが拒んだ理由は、ペトロの目指すサッカーと正反対の方向を直輝が歩んでいる事をtwitterなどでも発言してきました。
そして、昨日、遂にそれに終止符を打ったという事は、ペトロはパンドラの箱を開いたという事に他ならないのです。
そう、ペトロにとっては行くも地獄、戻るも地獄の大行進が始まった訳です。

「直輝を使って結果が出れば、自分の目指す形は捨てる事になる」
「直輝を使っても結果が出なければ、自分の進退が危うくなる」

ただ、サポにとってはその行く末に希望の文字が浮かび上がった…
とはいえ、この問題が、ペトロ一人の問題でないのは、今までも散々述べてきたとおり。
なので、その点はここでは追及しません。

あと、エジの移籍の件…
どうやら本当のようですね。
どういう方針でエジを放出するのか分かりませんが…
なぜ、背番号9を彼に与えたのか?その意味をもう一度クラブは考えるべきだと思う。
ビジネスだというなら、ビジネスなりの考えをしっかり持つべきだと感じる。
単なる赤字の穴埋めだというなら…
それはビジネスではないという事も理解すべきだ。

最後に…
浦和は『クラブ主導』で大事なものを失おうとしている事に気が付かなければならない。
それは、選手一人でも、監督一人の問題でもない。
「信用」という最も大事なものを失おうとしているのだ。

勝ったことで一安心なんてしていると、また足元をすくわれかねない。
この勝ちが、復活への序曲となるか、堕落への序曲となるか…
しっかりと見定めるべきである。
状況はまだ良くなってはいない、むしろ、結論が延ばされた分、より悪い方向に向かう可能性もある。
根本的な問題は未だ改善されずと言った方が妥当だと思う…。




組織改革―創造的破壊の戦略 どうすれば本当の意味での成果主義が実現できるのか? (Best solution)組織改革―創造的破壊の戦略 どうすれば本当の意味での成果主義が実現できるのか? (Best solution)
(2001/09)
高橋 俊介

商品詳細を見る




→→→→→→ あなたの一票で決まる、ブログランキング! →→→→→→    


にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。