浦和に関するネタを中心に、サッカーネタやコラムを書き綴ってます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私たちもそうですが、セレッソも今、素晴らしいサッカーをしていますが、本来いるべき順位にいません。
私たちであれば、試合を支配しながら引き分けで終わってしまった、勝つべき試合で引き分けで終わってしまって今の順位にいます。≪ゼリコ≫

【質疑応答(抜粋)】

【少し失点が増えている印象ですが?】

まず、私たちには、ここ数試合、失点が多かったという印象があるかと思いますが、だからといって、広島のように5人で守ったり、他のチームがやっているようにペナルティーエリア付近に張り付いてディフェンスをするようなことは、まったくしません。
私たちは今までどおり、ラインを高く保って前からプレスをかける。
そういったことが浦和レッズに要求されていますし、浦和レッズには違った戦い方は認められないと思います。
新潟戦の2点、神戸戦の失点、そういったものは戦術が原因なのかというと、皆さんも分かると思いますが、簡単にゴールを与えている、プレゼントのようなゴールを与えているだけです。
広島戦でも、最後の最後まで集中力を保って人をつかみきれていればそこまで問題はなかったと思っています。
集中力など、そういった細かいところです。
甲府や神戸の試合の前まで、Jリーグの中でも3位に入るほど失点が少ないチームだったのですから、自分たちは自信を持ってそのまま続けるのみだと思います。
チームのイメージであったり、自分たちの戦い方については、ほとんどのJリーグのチームがやっているような、引いて守るということを、やってはいけないクラブが私たちであると思います。
さらにいうと、若い選手や日本人の選手が育つためには、状況によって1対1の守備はしっかり向上しないといけません。
前からプレスをかける、ボールを奪いに行くということができないといけないのです。
そして前にいくということは、スペースを後ろに与えるということで、スペースを後ろに与えても戦えることができないと、世界ではいつまでたっても太刀打ちできないと思います。
その中で、自分が選手だったとしても、ただ引いて守るだけではまったく面白くないですし、向上もしません。
それで結果が出て、試合前に自分たちは相手を分析したといっているような監督もいますが、それではまったく面白くないと思います。
自分たちは、シーズンの始めから、ほかのJリーグのチームがやっているような引いて守るということをしていれば、たぶん6位か7位くらいには今、いると思います。
ただし、そういったことをしていたら今、オリンピック代表には濱田も峻希も直輝も選ばれていないと思います。
元気の日本代表などかすりもしない、柏木陽介も代表には戻っていないと思います。
自分たちが前からプレスをかけて主導権を握って攻撃的にサッカーをする。原口元気であればボールを奪ってどんどん仕掛けるということが評価されているわけで、それが育っているから世界で戦える選手になれる。ボールを奪われたら引いて守る原口元気だったら、そこに原口が立たなくてもいいのではないかと思います。
すごく引いて守ることにより、6位か7位に立っていたら、もしかしたら周りはペトロが良い監督だ、というかもしれませんが、私はそんなことよりも選手を育てた方がいいです。
今、Jリーグで上位争いをしているチームは必ずこの先、数年間で落ちていくと思います。
彼らには自分たちがやっている戦い方だったり、元気や直輝、峻希、濱田といった選手はいません。
若い選手をしっかり育っているということは、今、レッズにとってはベスト5にいることよりも大事な結果だと思います。


ぶっちゃけ、この会見ではペトロの認識が間違っている事を如実に表している。
そして、ペトロがこれ以上失敗を繰り返さないように指摘しなければならない。
本来いるべき順位にいないのは、大きな間違いを犯しているからで、決して細かい問題ではない。
むしろ、根本的な問題なのだ。
もし、個の力に頼るのであれば、その個が相手に対して圧倒的な強さを持つ時だけに使える「唯一の戦術」であるという認識が、指揮官に恐ろしいほどに無いのがこのチームの弱さなのだ。
オランダがスペインに敗れた試合…あれこそが、個の力の限界であって、あの時のオランダですら組織力を使った中での個の力の多様だったはず。
あくまで、組織というベースがあっての話だが、今の浦和にはそもそも組織だった動きが無いのだから、そういう部分をもっと改善して行かなければならないと思う。

あと、あなたの役割は若手の育成ではない。
もっと言えば、若手を使わなくても、勝てば文句は言われない。
今年に関して言えば、若手を使うことを「育成」とは言わないはず。
フロントは育成というベースの蓄積の終了を宣言して、フィンケからペトロにバトンを渡した訳で、今年は「タイトル獲得」を宣言しているのだ。
とはいえ、こんなにバラバラなサッカーで結果を残したとしても、「砂上の楼閣」である事は明らかで、それは単に「出たとこ勝負に勝った」としか言えない。
種々の話を抜きにして、契約を結んだフロントに責任はあるが、そろそろ、本音で語りたい季節に突入した。

フロントは「監督の首を切ればそれでOKか?」という最終節のサポーターの言葉を逆手に取っているようだが、それは取りも直さず、社長とGMの責任に対して向けられているのだ。
決して、「監督を長続きさせろ」という意味ではない。
クラブとチームが手を取り合って責任を全うしろという意味だ。
今のフロントにはその覚悟が無いというのが、この言葉の真意だと受け取っている。
つまり、あなた方が責任を取るまで、この言葉は生き続けているという事を、頭に叩き込んでおいて欲しい。




自分の言葉で語る技術自分の言葉で語る技術
(2011/08/12)
川上 徹也

商品詳細を見る




→→→→→→ あなたの一票で決まる、ブログランキング! →→→→→→    


にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
スポンサーサイト

2011年8月24日(水)埼玉スタジアム 入場者数:27,947人

浦和レッズ1-1(前半0-0)サンフレッチェ広島

得点者:54分 原口元気、58分 李忠成 (広島)



※本日の広島戦で、J1・J2リーグ戦、ホームゲーム通算入場者数、950万人を突破しました。


私たちのホームでの戦いなので、勝ち点3を取りに行くという意識で試合に臨みました。
1対1の引き分けで満足してはいけない結果ではありますが、試合の内容をみれば、納得はいくかもしれません。≪ゼリコ≫


【質疑応答(抜粋)】

【シュートにいくにはパスからシュートというのと、ドリブルからシュートという展開があるが、レッズの場合はドリブルからという意識が強すぎるように感じます。それについてどう思いますか?】

パスからか、ドリブルからか、どちらが良いかという考えは人によるかと思います。
どちらが良いかという結論も出ないかと思います。
原口元気であれば、ドリブルから今シーズン何点取っているかといえば、昨年よりも多くドリブルからシュートをして得点も取っています。
コンビネーションからも、セルヒオが1本、中でのコンビネーションからシュートまでいけたというシーンがありましたが、おっしゃるとおり、少しドリブルでのシュートが多いかと思いますが、コンビネーションというのも直輝や元気もできると思います。
柏木陽介もからんでいって、シュートに行けるポジションに入って、そこでボールをもらってシュートを撃つということもあります。



参戦された方お疲れさまでした。
今日は都築の引退セレモニーだけを見に来た訳ではなかったはずだけど…
試合は、相変わらずなのでコメントのしようがありません。
どんなサッカーをしたいのか分からないし、ゴールを決めた選手も、ゴール以外では疲労困憊で全く動けず。
他の選手も、夏の終わりに近づいて疲労困憊感が露わになったゲームでした。
交代で出てくる選手も毎度おなじみのメンバー。
まぁ、春先の走りこみも練習時の走りこみも全くないような状況ですから、仕方ないでしょう。
選手交代は点を獲るためと言っても、その交代メンバーがチームにどういう機能を与えるのか?という事を考えてないし、交代させられるメンバーもほぼ毎度同じ。
監督の戦術の意図に、結果が付いてこないのだから、変化が欲しいと誰もが思っているのでは?
戦術に至っては、選手の個人名が先に出てしまうくらいなので、述べるに足らずですね。

審判も基準がメチャクチャで、どうも、審判にも疲労の色がありありとした試合でした。
まぁ、審判が一番近くで見てるはずだけど、そのジャッジに信頼性が無いのは何故なんでしょう?
ここ最近、特にSRは酷すぎます。
チョットしたことで笛を吹き、その笛の基準もタイミングもバラバラ。
これは浦和だけでなく、相手の選手もイライラしているのが目に見えて分かります。
以前、ナビかリーグか忘れましたが、山形戦を裁いたJ2中心にレフェリーされている審判(彼はSRじゃなかったです)が一番まともでした。
カードも余計な笛も少なくて、本当に見やすい試合でした。
選手にもイライラ感が無くて本当にいい試合でした。
そういう意味では、コミッショナーにはしっかりと仕事をして欲しいと思いました。

そうそう、夏休み最後の試合という事もあるけど、子供が多く来てた事は良かったかなと。
彼らの中から、浦和の未来を背負う選手やサポーターになってくれれば怖いものはありません。
これからも、沢山試合を観に来て欲しいですね!

最後に、キック、お疲れ様でした!
数々のタイトルには都築がゴールマウスにいました。
これからの人生が良きものになるよう応援してます!




Urawa Reds Magazine (浦和レッズマガジン) 2006年 07月号 [雑誌]Urawa Reds Magazine (浦和レッズマガジン) 2006年 07月号 [雑誌]
(2006/06/12)
不明

商品詳細を見る




→→→→→→ あなたの一票で決まる、ブログランキング! →→→→→→    


にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ


2011年8月20日(土)国立競技場  入場者数:21,589人

ヴァンフォーレ3-2(前半3-1)浦和レッズ

得点者:13分・43分 パウリーニョ(甲府)、19分 ハーフナー マイク(甲府)、23分 柏木陽介、83分 エスクデロ セルヒオ




浦和レッズだから、常に試合に勝てるとか、浦和レッズだから強いとか、そういう考え方はやめて、しっかりと強いメンタリティー、キャラクター、そして自分に与えられた仕事をこなす、ということをもう一度確認しなければいけないと思います。
やはり、若い選手がいるというところも少し関わってくるのかと思います。
アカデミーから4、5人、選手が上がって来た若いチームであるというところで、波が大きいという部分は、理解できると思います。≪ゼリコ≫


今回の試合後の会見は、戦術的な質問が多かったので全て載せようか迷いましたが、止めました。
きちんと読めば、ペトロの戦術の意図は読める。
しかし、その戦術を意図して動ける選手がいない…
もっと言えば、ペトロの戦術と選手のパフォーマンスが一致しない。
要は、組織という「体」と戦術という「心」が一致していない。
こういうチームが勝てる訳が無いし、ましてや、上に行ける訳が無い。

ぶっちゃけ、ピッチに出てしまえば選手が監督の意図するプレーを表現する訳で、監督自身が負け試合にこれだけ選手を罵倒していれば、選手も自らがやりたい方向に動いてしまう…
組織で動いていないのは、ペトロの目指すサッカーが個を中心としたプレーが基礎になっているからで、それを忠実に守っている選手のパフォーマンスが低く見えて、ペトロとは逆のサッカーを志向する、自由にコンビネーションを使って動いている選手のパフォーマンスが高く見えるのは、組織と戦術の不一致の見事なまでの象徴である。

まぁ、この先どうなるか分からない。
我々サポーターは嫌でもスタジアムに足を運んでしまうのだが、フロントもスタジアムにサポが来ている事が「支持」だと思わないで欲しい。
我々には与えられた状況で、しっかりサポートするという使命がある訳だし、選手・監督もその責任がある。
フロントには我々、そして、彼らのパフォーマンスが最高に発揮できる場を与える責任がある。
結局、どれ一つ満足になっていない状況が今の状況だと切に感じる。
次の試合はホーム・広島戦。
しっかり闘わなければ、その先には崖っぷちが見えてくるぞ!



追伸:あっ、観客数が平日の「なでしこ」に負けたんだね。
サイスタ以外は「家庭&仕事の事情」で、当分、行けないから何とも言えないけど…。




若手をのばす研修ゲーム若手をのばす研修ゲーム
(1995/10)
美濃 一朗

商品詳細を見る




→→→→→→ あなたの一票で決まる、ブログランキング! →→→→→→    


にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ



自分の考えの中では、明日は今までで一番難しい試合になるのではないかと思います。
相手を甘く見てはいけません。
低い順位にいるからといって、自分たちが思っているよりも甲府は悪いチームではありません。
ホームで私たちが10人で2-0で勝ったからといって、甘く見たりすると、ものすごく厳しい試合になってしまうと思います。≪ゼリコ≫


【質疑応答(抜粋)】

【マルシオを18人に入れたという話があったが、山田直が好調で、嬉しい悩みなのでは?】

今の現状で、チームのためにどういった11人で戦うのかが一番重要であって、その選手を選ぶのが自分の仕事です。
Jリーグに問い合わせて『12人で戦えるか?』と聞いたら『駄目だ』と言われたので(笑)、明日はやはり11人で戦わなければいけません。
自分がメンバーを決定することによって、誰かが必ず犠牲になる。
出られない選手が出てくるのは、この世界では、仕方がない事です。
ただし、シーズンを通して十分にまだ試合がありますし、全員が必要です。
私たちは11人で戦っているのではなくて、チ-ム全員で戦ってる、そう考えてます。
やはり、どんどん選手がスタメンで出られるような存在になっていくのは、浦和レッズにとっても良いことだと思います。


【明日の山田直の出場は?】

ベンチです(笑)。


明日、本当に直輝が先発ベンチだったら、この指揮官は多くのサポーターを更に失う事になる。
いや、すでに支持していない人の方が多いのは明白で、チームは支持するが、監督を含め社長・GMはすでに支持を失っている。
俺は違う角度から見てもこの指揮官を失格だと思っているのだが…
そもそも、先発について話す事は戦術を話しているに等しく、誰が出る、出ないという事を、マスコミの前で軽々しく言う事は、様々な面においてマイナスの効果しか生み出さない。
こういう部分は、GMや広報も抑えておくべきだと思う。
さて、明日の試合は勝ち点3を取りに行く試合だ。
難しいとか、相手を甘く見ないのはどのチームでも当然で、そういう事を言う前に、「勝ちに行く」という事を言えばイイだけだ。
そもそも、俺の中では8月全勝が浮上のカギだと思っていたので、神戸に負けたことでプランが相当狂ってる。
この試合負ければ、再度、残留争いに足を突っ込みかねない。
そういう流れを持った試合なのだから、とにかく勝利に向かって欲しいと思う。
そういや、取引先の甲府サポが言ってたよ…この前の借りを返すって。
「返り討ちにしてやる!」っていうぐらいの勢いが欲しいね。




甲州名物 鳥もつ煮とキムチほうとうセット甲州名物 鳥もつ煮とキムチほうとうセット
()
丁字屋

商品詳細を見る




→→→→→→ あなたの一票で決まる、ブログランキング! →→→→→→    


にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ




2011年8月14日(日)東北電力ビックスワンスタジアム・入場者数:37,375人

アルビレックス新潟2-3(前半0-2)浦和レッズ

得点者:8分 原口元気、38分 永田充、54分 ミシェウ(新潟)、61分 山田直輝、90+4分 ブルーノ ロペス



自分たちにとって非常に有意義な勝ち点3になると思います。
前半、チーム全体がパーフェクトに近い試合を行ない、相手にもほとんどチャンスを与えなかったと思います。
リードしている中、後半、本来であれば試合を確実にものにする展開にしなければいけないのですが、結果的にみれば3点取れたので、神戸戦で自分たちの勢いが止まりかけたところを、また、勢いよく次の試合に突き進めるような状況になりました。≪ゼリコ≫


【質疑応答(抜粋)】

【山田直輝と原口という若い2人の良いプレーがあったが、その評価は?】

山田直輝はアシストをして、1ゴールも取りました。
非常に素晴らしいプレーをしたと思います。
原口元気は4週間、足首のケガでなかなか思うようにプレーできていなかったのですが、コンディションもしっかり戻って、チームのために攻撃も守備も全力を尽くしたというところで、非常に高い評価を与えたいと思います。
全体を見て、高橋峻希も非常に良かったのですが、柏木陽介、スピラノビッチもまだ若い年代に入ります。
チーム全体がすごく若いチームで、そういった部分で、やはり、2-0で勝っている後半に、しっかりと試合を落ち着かせて、試合を終わらせることが出来ませんでした。
まだまだ若いというところで、落ち着くことが出来なかったのだと思います。
このような形で、彼らにしっかり経験を積ませて、来年、再来年と非常に素晴らしいチームができるのではないかと思います。


現地参戦された皆さんお疲れ様でした。
試合の感想としては、勝ったという事実が残って、戦術的には何も残らなかった…
つまり、評価のし難い試合だったって事かな。苦笑。
取った点数は個の力から、失った点数は組織の崩壊から…それが真実。
うちが取られたPK2つについては妥当かもしれないけど、であるなら、マゾーラがPA内で倒されたプレーもPKを取るのが妥当。
1点目の順大の件については、今後、相手もこういうシーンを意図的に作ってくる可能性は十分にあり得るし、順大とDF陣の呼吸をしっかり合わせる必要があると思う。
2点目は不運っていうか、副審がよく見てたと思うし、ああいう判断を出来るなら、他の場面でもしっかり判断をして欲しい。
間違いなく主審は流してたプレーな訳で、これは嫌みではなく、もっと副審は積極的に旗を挙げて欲しいと切に感じた。
こういう判定の部分で、浦和がここ2試合「不運」に見舞われてるが、それはやはり、主審の判定は然ることながら、試合の流れでそういう場面を作らせている部分もあるので、しっかり組織としてプレーして欲しいと思う。
勝ったのに厳しいブログになってしまったが、勝ってる時こそ緒を締めて欲しい…
だって、このチームは勝つことでしか得られないモノが多過ぎるから。汗。
だから、若いチームだとか、2年後・3年後なんて言ってる余裕は無いんだよ…ペトロ。




Urawa Reds Magazine (浦和レッズマガジン) 2011年 09月号 [雑誌]Urawa Reds Magazine (浦和レッズマガジン) 2011年 09月号 [雑誌]
(2011/08/12)
不明

商品詳細を見る




→→→→→→ あなたの一票で決まる、ブログランキング! →→→→→→    


にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。