浦和に関するネタを中心に、サッカーネタやコラムを書き綴ってます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
●山田直輝選手

判定どうこうよりも、チームに申し訳ないという気持ち。
中にいる人たちに任せるしかなかったので、すごい悔しかった。
でも、僕がチームに迷惑をかけたので、ごめんとしか言いようがなかった。

【Q:試合後に選手たちと抱き合い、こみあげてくるものもあったようだが?】

1人1人に「ごめんなさい」と声をかけたけど、誰一人、僕を責める人はいなかった。
ウメさんには「これからもっとうまくなろう」と声をかけてもらって、啓太さんには「しっかり相手の顔を目に焼き付けておけ」と言われた。

【Q:試合の印象は?】

みんな、がんばってくれた。
反省しないといけないのは僕だけ、みんな最後まで戦っていた。
ここからまた浦和のために戦い続けないといけない理由ができた。


●柏木陽介選手

10人で試合をしたことは何回もあった。
相手が退場してからも相手が1人多いかのような試合だったので、それが負けた原因だと思う。

【Q:次につながりそうか?】

これが全てじゃないし、まだリーグがあるので残留に向けてがんばっていく。
準優勝という結果もすばらしいことだと思う。
残り4試合、チームが1つになって全力で戦っていきたい。


●加藤順大選手
10人になってからキツかったけど、みんな本当にがんばっていた。
直輝の分も戦った。
結果は残念だったけど、チームに対する思いは強かったと思うし、この気持ちを今シーズンの全ての試合で出すことを約束する。


●エスクデロ セルヒオ選手(浦和)

1人少なくなって受ける時間が続いて、向こうが退場したあともそのままの状態になったのがもったいなかった。
ただ、やりたいことはしっかりしているし、僕らが前半にやったサッカーはすごい魅力あるサッカーだったし、次のリーグでもやれるよう切り替えるしかない。
優勝できなかったのは残念だけど、僕らには勝っても喜んでいる暇はないし、次の磐田戦にぶつけられるよう切り替えるのみ。
自分としてはいい準備してスタメンを取れるよう、次こそは点が取れるようにがんばっていきたい。


●濱田水輝選手

たくさんのサポーターが来てくれたのに結果が出なくて申し訳ないし、すごい悔しい。
入りは特に集中して入ろうとみんな言っていて、悪くはなかったと思うけど、退場者が出てしまって、そこから守り一辺倒で体力が消耗して、相手が退場して同数になった時も攻め上がる力が足りなかった。

Q:鹿島の印象は?
絶対に先制点を与えてはダメだと思って入ったし、途中まではできていた。
こちらが数的不利になってからも守れていたのでこのままいけるかと思ったけど、やっぱり相手はうまかった。


●平川忠亮選手

何回か攻撃もできていたけど、疲労は厳しかった。
鹿島は1人多い時、パスをうまく回して隙間を狙うという、本当に鹿島らしいサッカーだった。
最後のところで防ぐのが精一杯というシーンがあったし、その辺はさすがだと思った。


●高橋峻希選手(浦和)
ウォーミングアップからたくさんのサポーターが来ているなと思いながらやっていたし、誰でも味わえる雰囲気ではないと思った。
本当なら勝って帰りたかった。

Q:久しぶりに高めの位置でプレーしたが?
公式戦では初めてで、緊張はなかったけど、久しぶりで最初はミスが結構あったし、まだまだだなと思った。


●小島秀仁選手(浦和)

満員のスタジアムでできたし、本当にいい経験だった。


●鈴木啓太選手(浦和)

前に前にと急ぎすぎていたと思うし、もう少し無駄なパス、速い無駄なパスが必要だったかなと思う。
前半が終わっても焦る気持ちはなかったし、慣れていって、こっちのペースになる時が来るだろうと思っていたけど、そのなかで1人少なくなってしまったのが残念だったというか、そこから重心が後ろになってしまった感じがある。

【Q:表彰式の際に山田直輝に「相手の顔を見ておけ」と言ったそうだが、若手にとっていい経験になったと思う?】

若い選手が気負っているというのは、スタジアムの外にいても感じるくらいだったと思う。
「俺がやってやる」という気持ちの選手がたくさんいたと思うけど、その気持ちはものすごく大事だと思う。
それがなくなったら選手として成長しない。
それが勝ち負けを分ける部分になるということは選手たちも理解したと思う。


●梅崎司選手
切り替えがすごい大事だと思うし、それはどの監督、どのやり方でも同じだと思う。
ボールを取った後にしっかりキープして、カウンターができなければ遅攻でしっかりボールを回していくという判断を個人としてもチームとしても上げていかないといけない。

●永田充選手

鹿島はボールの回し方がうまかった。
僕らも回してはいたけど、向こうは状態がいい時にクサビを打ってくる。
僕らは厳しい時に打って、相手に取られてディフェンスするという状態が続いていた。
そこが相手と違っていた。

【Q:鹿島に退場者が出て数的同位になったあとも相手のペースが続いていたが?】

数的不利の30分間で体力の消耗が激しかった。
前の選手も後ろまで戻ってきてくれていたし、同数になった時でも前にいく力がなかった。
しょうがないことだけど、体力を奪われすぎた。

【Q:引いて守る形が多かったが?】

前からいくという選択肢もあったけど、守れていたので戦い方をあまり変えたくなかった。
それで前からいくことをしなかったけど、結局1点やられてしまった、それが全て。


●原口元気選手

鹿島は強かった。
判定どうこうじゃなくて、全体的に押し込まれていたし、今日は鹿島の方がよかったというだけだと思う。
前を向いて仕掛けるシーン自体が少なかったし、もう少し落ちついてできればよかったけど、全体的に浮き足立っていた。

【Q:表彰式で浦和の選手たちは相手のことをじっと見ていたが?】

「相手の顔を見ておけ」と言われていたし、今日味わった悔しさを忘れずに、これから自分たちが強くなっていけばいい。
今日は鹿島の方が強かったけど、これから先はまだわからない。
まず残留して、またこのピッチに戻れるようにがんばりたい。

【Q:仕掛けるシーンが少なかった原因は?】

前を向いてボールを受けられなかった。
そういうシーンがなくて、守っている時間が長かった。


選手たちには「お疲れさま!」と言いたい。
とにかく、この試合を糧にして残留→来季に捲土重来を期せばいいと思う。
90分は互角に戦えていたけど、延長は完全にガソリン切れだった。
要は「走り負け」してたし、クラブ・チームとしての積み重ねの差だと思う。
クラブ・チームとしての積み重ねはこれからのフロントに課せられた問題でもある。
とにかく、今季の残りは残留を決めるのが第一。
その後に、いろいろ話をしたいよね…

さて、この試合の最大の問題点は審判が試合を壊した事。
そんなに荒れた試合じゃないのにカードを出す必要性がどこにあったのか?
日本の審判はカードに頼る人が何人かいるけど、この試合を作る上で必要だったのだろうか?
リーグ杯の決勝で両チームに退場者が出るほどの試合だっただろうか?
いくつもの疑問符が残る、そして、審判自らが試合の品位を落としてしまった残念な試合でもあった。
こういう試合が、Jリーグから少しでも無くなってもらう事を切に願いたいと思う…。






経験からの学習-プロフェッショナルへの成長プロセス-経験からの学習-プロフェッショナルへの成長プロセス-
(2006/06/23)
松尾 睦

商品詳細を見る




→→→→→→ あなたの一票で決まる、ブログランキング! →→→→→→    


にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ



スポンサーサイト
Jリーグヤマザキナビスコカップ・決勝

2011年10月29日(土)国立競技場

浦和レッズ0-1(前半0-0・延前0-1・延後0-0)鹿島アントラーズ

得点者:105分 大迫勇也(鹿島)

入場者数:46,599人



難しいゲームでしたが選手たちはよく戦ってくれたと思います。
このあとリーグ戦が続いていくので、気持ちを切り替えて、次のこの後の目標に向けて頑張っていきたいと思います。≪堀≫


【質疑応答】

【後半の残り10分くらいで相手も退場になって10人対10人になったんですけど、それ以降のゲーム展開もあまり変わらなかった。その辺の要因は?】

その前に1人少ない状態でやっている中、うまくしのげていた部分があったので、まずそれを継続してみたいということで、続けていきました。
その後に考えていたものもありましたが、ちょっとリスクが高いかなと思い、そのまま継続して、最後に前に人数をかけて対応したりしました。
最後にはパワープレーという形でいきましたが、多少、その辺のアイディアが切り替えのタイミングなど、そういうところがもしかしたらうまくいかなかったのかなと今は思います。


【アントラーズの方が一枚上、とおっしゃいましたが、そこでぱっと思い浮かぶ、一枚上だということの要因は?】

経験といった意味でも、今日の前半のゲームとか、決勝の舞台ということで、選手たちも積極的にゴールにいく意識が強かったと思いましたが、それで多少、引っかけられてしまって、カウンターを受けました。
それも想定はしていたものでしたが、そういう形が僕の思っていた以上に多かったかなと思います。
それを選手たちが、もうちょっと余裕を持ってというか、どこからいつのタイミングで、ゴールを目指していくのがいいのかという判断、その辺のことがもう少し、僕の方でも伝えられればなと思ったところが一番です。


【3人目の交代ですが、1点取られていて延長の後半で、ベンチには外国人のFWの選手がベンチにいました。あの交代はどういうことを考えてのものでしたか】

まず一つは山田暢久が体の方が大変になっていて、ちょっと前からそういうところがありました。
その交代のタイミングが悪かったのかなと、もうちょっと早くやっておくべきだったというのが一つです。
その後に濱田を前に上げるということを考えていた中で、DFの人数を一枚減らし濱田を上げようと考えていたので、攻撃の選手を入れてしまうと後ろの方の安定感を考え、さらにここでもう1点失点というのはきついというのがあって、坪井の経験とかディフェンス力というのを含めて考えて、交代しました。



正直、お互いに決め切れなかった試合ではあるけど、最後は、セルフジャッジによって選手の動きが一瞬止まったところを突かれた気がする。
そういう意味では、浦和の選手に甘さがあったし、勝利に対する執着心というか、最後まで諦めない心がどれだけ重要かが見えた。
ただ、根本的には、過去からの経験の積み上げの差だと思う。
後半の早い時間に直輝をピッチから失ってしまう事もきつかったと思う。
これは単に1枚欠けるという部分よりも、その後の戦術的な交代に大きな影響を与えると思ったからだ。
最後の暢久→ツボへの交代のタイミングについては堀さん自身も「後手」になった事を認めてるね。
いろいろな意味で浦和の「若さ」がでてしまった試合だったと思う。
鹿島に負けた事は悔しいが、この経験が転換期となってクラブとチームがしっかりした基礎を作ってくれる事を望む。
そして、残るはリーグの残留争い…
残り4つはメンツが欠ける事が確定してるので、非常に厳しい闘いになるけど、とにかく残るために一戦必勝。
最後まで闘っていこう!




2003 Jリーグヤマザキナビスコカップ 浦和レッズ カップウィナーズへの軌跡 [DVD]2003 Jリーグヤマザキナビスコカップ 浦和レッズ カップウィナーズへの軌跡 [DVD]
(2003/12/19)
浦和レッドダイヤモンズ

商品詳細を見る




→→→→→→ あなたの一票で決まる、ブログランキング! →→→→→→    


にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ



28日、都内のホテルにて、『2011Jリーグヤマザキナビスコカップ 決勝記者会見』が行なわれ、浦和レッズからは堀孝史監督と鈴木啓太が出席した。

司会【まずは監督に明日の試合への意気込み、相手の印象などをお聞きしたいと思います】

堀:浦和レッズ、堀です。
明日のゲーム、浦和レッズとしてタイトルのかかったゲームということで、チームの全員が非常に楽しみにしています。
また、サポーターの方がたくさん、スタジアムに訪れると思います。
そういった意味で、決勝としてふさわしいゲームになるように全力で戦いたいと思っています。

司会【続きましてファイナルのピッチ上で戦いを繰り広げるキャプテンに明日の試合への抱負を語っていただきたいと思います】

鈴木:明日のゲーム、対戦相手が鹿島アントラーズということで、非常に歴史のある、ずっとタイトルを取ってきた選手たちがいるチームと、決勝戦ができることをとても楽しみにしています。
浦和にとって難しいゲームになると思っていますが、若い選手たちが躍動してくれることを僕自身としても臨んでいます。
また、この先にリーグがありますが、それにつながるような戦いをしたいと思っています。


【明日の勝利はチームにとってどんな意味をもたらすと考えていますか?】

鈴木:勢いに乗れるというふうに思っています。
本当に、ナビスコカップでタイトルを取るということも大事ですが、このチームにとって今必要なのは自信であったり、もう一度、浦和レッズが強いチームに変わるために必要なタイトルだと思っているので、そういった意味ではクラブにとっても選手にとっても大きな経験となる一戦だと思っています。



さて、明日はナビ杯決勝ですね。
ここまで来たら「とにかく勝ちたい!」。
そして、鹿には絶対に負けたくない!
この気持ちは、リーグとも一緒。
選手には、その気持ちを持って試合に臨んで欲しい。
陽介が言ってたけど「失うものは何もない」立場なんだからね。
この試合に勝って、残留争いにも勢いを付けられれば最高!
もう、あれこれ考えずに、とにかく前に進もうではないか。



犬のおやつ 国産 鹿の肉 ドッグツリー dogtree ジャーキー犬のおやつ 国産 鹿の肉 ドッグツリー dogtree ジャーキー
()
ドッグツリー

商品詳細を見る




→→→→→→ あなたの一票で決まる、ブログランキング! →→→→→→    


にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ



あるライターさんの書いたブログの一部が、多くの浦和サポや他の評論家・ライターさんの心を代弁していると感じたので掲載する。


浦和レッズ、新監督就任で見えた一筋の希望
苦境を乗り切り、J1残留へ心血を注ぐ
(抜粋)

文:島崎英純(浦和レッズマガジン編集長)


浦和はなぜ、このような死地からの脱出を現場ばかりが課せられ、それを求められなければならないのだろう。
もちろん現在の立場に甘んじた責任は監督、コーチ、選手にもあるし、それを自省し、ばん回を図らなければならないとも思う。
だがチームを支え、団結すべきはずのクラブ側はこれまで現場をサポートせず、むしろ足を引っ張る所作ばかり見せてきた。
もし、新体制の下で現場が苦境を乗り切りJ1残留を果たしても、もしくは尽力空しくJ2へ降格しても、浦和はフロント側が根本から刷新されなければならない。
このクラブは前年からの “継続”を吹聴しながら、その実、現場だけに“刷新”を求めた。
しかし言わせてもらえば、現場にいくつかの変更、修正は必要だったかもしれないが、あからさまな刷新など求められていなかった。
むしろ刷新されるべきはフロントの側だ。
浦和を見守るコミュニティーであるサポーター、地域スポンサー、そして末端で働く献身的なクラブスタッフの想いを踏みにじってきた行為を、浦和の上層部は真摯(しんし)に受け止めて猛省してほしい。
私的には、もう我慢の限界である。
 【スポーツナビ】


【全文参照URL →→→ 】 新監督就任で見えた一筋の希望



個人的には、このクラブは摩訶不思議なダメ組織の象徴と言えると思う。
REDS WONDERLAND!とは、まさにこの会社の事を言うのだろう。失笑。
要は、組織としての継続性が無くて、TOPが変わる度に組織が変わってしまう…
それによって振り回された社員も、積極的な仕事ができないのが実情ではないだろうか?
しかし、彼ら社員にも問題はあって、サポーターの声を真摯に聞けているかと言えば、そうではないように映る。
それはチーム云々ではなく、スタジアムや大原の運営上の問題であったり、サポに直接関係する部分について提言をしても、「無しの礫(つぶて)」であったり、結局、今季、行われる事の無い「フェスタ」についても何らお詫びや挨拶も無いのが現状だ。
こうした身近な部分でも、クラブはサポに対する「失態」を続けているのだ。
チームに関してはご存知の通り、今季の低迷の最大の原因はこのクラブのフロント中心部にあると言っても過言ではない。
そもそも、ペトロを採用した経緯も不透明で、目指すサッカーにしても、補強した選手の意図にしても、そこからずーっと不透明な事が続いて、現状を招いた。
ダメならトカゲのしっぽ切りで凌いでいたが、とうとう「切る尻尾」も無くなってしまい、クラブの「真の姿」が見えてきた。
「災い転じて福となす!」のか「泥船は沈みゆく…」を地で行ってしまうのか?
答えを握っているのは、浦和に関係するもの全ての人間の意志と行動だと思う。




浦和再生 レッズスタイルの行方浦和再生 レッズスタイルの行方
(2010/03/30)
島崎 英純

商品詳細を見る




→→→→→→ あなたの一票で決まる、ブログランキング! →→→→→→    


にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ




今後もクラブ一丸となって、絶対に降格しない、絶対に残留するという気持ちで戦っていきたいと思います。≪堀≫


【質疑応答(抜粋)】

【システムを4-1-4-1に変更されましたけど、その狙いを教えていただけますか?】

クラブ内にいた人間ですし、それまでのゲームを見ていて、選手たちも知っています。
それを踏まえて、自分なりにそういうやり方で、選手たちの良いものを出せるんじゃないかという考えで、今回はそういうシステムにしました。


【広瀬コーチとはどんな話をされたんでしょうか。広瀬コーチとの役割分担は?】

この試合に向けて広瀬さんと話したことは、僕は広瀬さんともアカデミー時代に一緒にやっていて、どういうことをやっているかは広瀬さんも分かっているので、こういう感じでやってみたいと。
システムどうこうじゃなく、選手たちが生き生きとできるようにやりたい、今回はこういうやり方でいきます、という話をして、広瀬さんが理解をしてくれて、それに対して、僕は今まで選手とあまり直接的な関係がなかったので、広瀬さんがうまく選手との間に入ってコミュニケーションを取ってくれたということです。


【立ち上がりは落ち着かずにそのあとだいぶ良くなったというお話でしたけど、前半を見ているとちょっと自信がなくなってきたなっていう感じがしていました。監督としてはこのままでいいぞという形でハーフタイムは言ったんでしょうか。それとも何か修正点があったんでしょうか?】

僕自身は、自信がないということじゃないと思っていて、逆に、前にいきたくてそれでボールを奪われた結果、ちょっとばたばたした守備というか、そういう形になってしまった部分があるのかと思っています。
ハーフタイムには、前半の途中から、考えていたようにゲームが徐々に運べていたので、それを継続することを選手たちに伝えて、あとはこの後の状況がどうなっていくかをちょっと予測して、しっかり攻撃の後の守備のことも考えてポジションをしっかりとっていくということを選手に伝えました。


【J1での勝利の感想を】

J1の初めての試合ということですが、リーグに関していえば、残り5試合あるうちの一つで、それを取れたということで、あと4つ、頑張っていかなきゃいけないということの方が大きいです。


【選手コメント(抜粋)】

●梅崎司選手

正直に言って厳しい状況で、3日前に監督が急に変わったので、本当に戸惑いもありました。
だからこそ、ここでバラバラになったら何も意味がないし、それこそ降格への道ができてしまうと思った。みんなで一つにならなければいけないと思いましたし、点を決めた瞬間はみんなで戦っているんだという思いもあった。
みんなで喜んでという一体感が、これから重要になってくると思います。
僕らは絶対にできる力を持っていると思うので、みんなで自信を持って、助け合ってやっていくだけです。


●加藤順大選手

これだけのサポーターが来てくれて、絶対に勝たなきゃという気持ちもありましたし、最後の方押し込まれるシーンが多かったんですけど、勝点3が取れてうれしいです。
最後までみんな体を張っていましたし、良かったです。


●鈴木啓太選手

先制されて多少バタバタしたところもありましたけど、相手が引いてくれたのもあったので、自分たちのプレーを落ち着いて、もう一度作り直すことができた。
ゲームの中でも『自分たちの形でやろう』と確認できたので、そういう部分でのあせりはありませんでした。
前半の最後にある程度、自分たちの狙いとしていることが出せていたので、必ず点を取るチャンスはあるという感触はつかめていました。
直輝がPKを蹴る場面では、声を掛けようか迷いましたけど、緊張させたくないので掛けませんでした。
周りのみんなの反応が早かった。
今の浦和の状況が良くなった部分の縮図といえると思う。
一つのゲームで勝ったからとかではなくて、自分たちが残るんだという気持ちだったり、目の前の試合を100%でやるという、ただそれだけです。



これ以上ない崖っぷちの状況で勝てた事、そして、何より、堀監督の初陣を飾れた事は嬉しかった。
ただ、まだ安心できる状況ではないし、まずは残留を決めるまで、しっかり戦って欲しいと思う。
本来であれば、内容も精査して今後に繋げるというのが「スタイル」であるべきだけど、今やそうも言ってられず、本当の意味でこの試合の内容を精査すると言えば、「運」で勝ったようなものだと思う。
ただ、運を引き寄せ、試合を自分たちのモノにしたという部分では、流れを引き寄せる力が無かったここ数試合に比べれば、大いに評価できるとも言える。
なので、この勝利を喜ぶ事はいいけど、是非、この流れをナビ杯決勝→31節の磐田戦以降に繋げて欲しいと思う。
そして、残りの試合はどの試合を取っても落とせない試合なのだから、最後までしっかり戦える体力を養って欲しいと思う。




組織を変える「仕掛け」 (光文社新書)組織を変える「仕掛け」 (光文社新書)
(2008/09/17)
高間邦男

商品詳細を見る




→→→→→→ あなたの一票で決まる、ブログランキング! →→→→→→    


にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。