浦和に関するネタを中心に、サッカーネタやコラムを書き綴ってます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2年半の間、FC2ブログではお世話になりました。

FC2で出会った皆さん、もしくは、以前のヤフブロで出会った皆さん…

誠に申し訳ありませんが、当分の間ブログを休止する事になりました。

まぁ、ネットやってると、いろいろありまして…

誠に申し訳ありませんが、ご了承ください。

また、いきなりこちらに戻ってたり、他に移籍するかもしれませんが。笑。

移籍する時は、このブログでご連絡いたします。


スポンサーサイト
浦和ネタが無いので、福西のコラムでも…

降格間近までぐらついた浦和レッズは今年、会社と現場、サポーターが一体化していなかったことが出て、選手にとっては戸惑いが大きかったと思う。
個人重視していたところを、2009年から2010年はフィンケ監督の「つなごう」というパスサッカーでやってきた。
それがまた、今年から個人個人の技術を重要視したようなサッカーになった。

そんな中で、GM交代や監督去就の問題で、選手たちの集中する環境は整っていなかったかもしれない。
資金のあるクラブでも、周囲が崩れると選手は難しい状況になることが出てしまったのではないかな。
ある時から浦和は自前の選手育成を重視し、確かにユースの選手は育ってきたけど、「勝ちながら育てる」という面では結果につながらなかった。
GMも監督も代わってしまって、方向性が一つではなく、選手からすれば「どうすればいいのか」となってしまう。

サポーターも選手を応援してくれていたけど、「どうなるんだ?」という雰囲気がスタンドからも出てしまう。
そうなると、一体感というものはなくなり、個人的な力は出せるかもしれないけど、チームの力は出せなくなる。
Jリーグの中でも会社としての方向性がしっかりしているところが、長く力を発揮できている。

僕がテレビ解説をした柏レイソルとの最終戦。埼玉スタジアムには久しぶりに5万4000人を超える観客が入った。
雰囲気としては選手がやりやすいものが作られていて、サポーターの力というものを感じた。
ブーイングの仕方や、試合が終わってから社長と話し合いの場を持とうとして居残っていたのをみても、会社側への意見が強く、選手には優しかった。

ただ、選手も結果を出すためにやらなければいけないものはある。
選手に対するブーイングがもっとあってもよかったかもしれない。
浦和の結果は、近年全体でそうなっていることには驚きだけど、今年に限っては驚きではなかった。
積み重ねてきたものがないわけだし、新しいものがすぐに完成できるわけでもない。
そういうことで苦労している状況だと思う。



全くその通りだと思う。
サッカー関係者とは言え、浦和と直接かかわりの無い人からもこれだけ的を得た指摘をされると何も言いようがない。
今年の反省を、来季以降のクラブづくりと、チーム編成に生かせるかどうか…

そして、浦和の行く末は、浦和に関わる者にしか決められないのである。
クラブとチームとサポが一体となって、発展させていくためには、それぞれが心を開いて真摯に話の出来る態勢を作ることからではないだろうか?
お互いに言い分はあるのだから、まずは逃げずに場を作る事。

以前なら、浦和の店に行けばクラブの誰かがいて、サポとクラブ職員が真剣に議論したり、そういう機会があったという。
今は、クラブがサポから一歩引いてしまっている。
お互いに「おかしい」と思うべき部分は主張して改善を図る方向にすべきだと感じる。
お互いがにらみ合っていても、何ら事態は改善しない。
その点は理解しているのだから、2012シーズンはお互いに向きあって前を向いて歩こうではないか!




浦和再生 レッズスタイルの行方浦和再生 レッズスタイルの行方
(2010/03/30)
島崎 英純

商品詳細を見る




→→→→→→ あなたの一票で決まる、ブログランキング! →→→→→→    


にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
2011年12月24日(土)13:04キックオフ・熊谷スポーツ文化公園陸上競技場

第91回天皇杯、全日本サッカー選手権大会、準々決勝

FC東京1-0(前半1-0)浦和レッズ

得点者:20分 石川直宏(FC東京)

※浦和レッズの2011シーズン全日程が終了となりました。



狙ったとおりのことをやってくれたにも関わらず、こういう結果になってしまったので、自分の力のなさを感じています。≪堀≫


【質疑応答(抜粋)】

【後半は押し込む時間もありましたが、前半はなかなかうまくいかなかった、その原因は?】

ディフェンスラインというか、自分たちの攻撃の始まりのところで、多少プレッシャーを感じた中、なかなか自分たちが狙っているようなところにボールを運ぶことができなかったということが、一つ、あったと思います。
一番大きいのはそこじゃないかなと。
プレッシャーを選手に感じさせてしまった、そこのところが問題だったと思います。


【今日が今シーズン、指揮を執る最後の試合となりましたが、振り返ってみて感想は?】

天皇杯に関して、リーグと平行して進んでいるときには、メンバーも変えながら進めていた中、ここまで勝ち進んでこられたということについては、本当に、選手に感謝しています。
ただ、今日の試合に関して、交代選手を含めて、今、考えられるメンバーで臨み、全力でやりましたが、ちょっと力が及ばなかった、ということ。
短い期間、約2ヵ月間やってきましたが、本当に選手たちはこちらの言っていることを聞いてくれて、それに対して、取り組んでくれた、というふうに感じています。
それで、うまくいかなかった部分は、僕の方の力が足りなかったと思っています。
選手たちには、本当に、本当に感謝しています。


●加藤 順大選手

Q:今シーズンを振り返ると?

個人的には、Jリーグデビューできたことは大きな第一歩だったと思うが、チームの状況を考えると、サポーターのみなさんに悲しい、苦しい思いをさせてしまったことが非常に申し訳ない。
来年、そういう状況にならないようにしっかりやっていきたい。


●平川 忠亮選手

前半に失点して、後半は立て直して自分たちのサッカーができていたが、なかなか点が取れなかった。
相手のプレッシャーがキツくて動きすぎた部分があった。
もう少し、間に顔を出して、簡単に受けることができればもう少し打開できたかなと思う。


●原 一樹選手

僕が点を取れなかったのが勝てなかった要因だと思う。
点を取らないと勝てないし、取れずに後悔している。
前半は相手のプレッシャーが早くて、前にいけなかったが、後半は浦和のペースでできていたと思う。


●梅崎 司選手

Q:山田直のパスから決定機があったが?

自分のなかでは完璧だと思ったし、GKも完璧に引っ掛けて無人のゴールかなと思ったが、そういうところで向こうも粘りを見せた。
チームとして毎試合戦いながら成長を感じていたし、今日もいくつかいいチャンスを作れていた。
前半は厳しかったが、90分通していい戦いはできたと思う。
これで終わってしまうのは残念だけど、切り替えていくしかない。


●マルシオ リシャルデス選手

ゴールを決めるチャンスを生かすことができなかった。
サッカーでよくある話だが、チャンスで決めないとこういう結果になる。
ゴール前まで運ぶ回数、チャンスのきっかけを作ることはできたが、生かし切れなかったし、もっと前を意識するべきだった。
全てにおいてもっと改善していかないといけない。

Q:新潟時代との違いは?

去年のチームは全員が僕のために動いてくれていたし、常に周りに人がいてやりやすかったが、浦和には浦和の良さがあって、違うシステムがある。
今年は半分の力も出せなかった。
良くしていかないといけない。
サッカーは難しい時期をどう過ごすかが重要だし、ハードワークして、いい準備したい。
本当にいいチームだと思うので、しっかり戦いたい。
僕1人だけ調子がよくてもダメだし、チーム全体がよくなるようにしていきたい。



現地サポの皆さん、寒い中サポートお疲れさまでした!
これで、浦和の2011シーズンは幕を閉じました。
今日の試合…
見てるだけで悪寒がしてきた。
これ、再来季、J2落ちなんて事にならないだろうなぁ…って。
それとも瓦斯がJ2落ちてしっかりとチームの基盤を作ってきたのかな?
このまま来季に突入したら怖いね…今の選手構成だとピッチ上には軸が無い。
まぁ、瓦斯が物凄くいいとも思わないし、来季は監督もポポビッチに変わったり、今野が脚に出るって噂もあるから、柏のような大化けは無いかもしれないけどね。
うちもミシャに変わる事は決定してるし、ただ、1年目からガンガンやれるようなチーム整備はなさそうだしね。

それにしても、どこも、似たり寄ったりな「玉突き人事」ばかり横行している。
結局、ガラガラポンで、どこがババを引いたのか?が分かるのが来季なのかな…。
ホント、Jの地盤沈下はこれから激しくなっていきそうな気がする。
ACLで「クラブ財務安定化策」が決まった余波らしいけど、どうせなら、J3を作って各カテゴリーのクラブ数も減らして競争激化させないと、選手層が上がらず、横にばかり広がるよ。
結局、地域密着理念より企業支援を優先させたクラブが生き残りそうな皮肉w。

最後はチョット脱線してしまいましたが、とにかく、今季終了という事で、みなさん一年間ありがとうございました!
来季は、本当に浦和の「改革元年」になるようチーム・クラブには頑張って欲しいです。


追伸:ここ数年、「改革元年」って言葉を聞き過ぎた感もありますが…汗。




浦和レッズ 敗戦記浦和レッズ 敗戦記
(2009/02/24)
小斎 秀樹

商品詳細を見る



→→→→→→ あなたの一票で決まる、ブログランキング! →→→→→→    


にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
FC東京は、サッカーを深く理解されている大熊監督が、1年間、しっかり作り上げて、厳しいJ2リーグでも勝ってきたチームなので、厳しいゲームになると思いますが、自分たちの準備してきたことをしっかりとピッチで出して、良いゲームができればと思っています。≪堀≫


【質疑応答(抜粋)】

【FC東京の印象は?】

監督の色が本当に出ていると思いますし、やるべきことをきっちりこなしながら、選手個々の能力も高いと思います。
当たり前のことですが、ゲームに対してしっかり入ってくる。そういう印象があります。


【勝敗を分けるポイントはどこだと思っていますか?】

ゲームの入り方をしっかりするということが大切です。
FC東京のゲームを見ても、前半の入り、後半の入りというところをしっかり戦ってくるところがあるので、そこで自分たちが良い入り方をしないと難しいゲームになってしまうと思います。
あとは、難しいゲームだとセットプレーとかセカンドボールの奪い合いとか細かいところで勝った方が、勝利していくことが多いと思うので、相手に対してどうということよりも、サッカーをやる上でそういう細かいことがゲームを左右すると思います。



さて、天皇杯準々決勝は瓦斯ですね。
対戦成績的には、非常に分のいい相手ですが、実は、今の監督の大熊さんが最初に率いた時代、浦和は2戦2敗だった訳で…
それに、昨季J2を制覇した柏が今季にはJ1制覇とか、ここ数年、J2を制したチームが翌年のJ1で好結果を残しているだけに、その前哨戦となるこの試合は是が非でも取っておきたい。
要は、天皇杯制覇に向けてだけでなく、来季も見据えたメンタル的な部分でも「勝ち」が必要かなと。
個人的な気持ちとしては、やはりJ1チームとしての意地を見せて欲しいね。
というより、「瓦斯なんかに負けるな!」…それだけ。笑。




くそったれ!!くそったれ!!
(2008/10/28)
高須 基仁

商品詳細を見る




→→→→→→ あなたの一票で決まる、ブログランキング! →→→→→→    


にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
[おわりに]

ここ数年は世代交代や長期的に「強くて魅力あるチーム」をつくろうとしてきましたが、結果を残すことはできませんでした。
2012シーズンは、クラブの信認回復とともに、チームの立て直しを進めることが最大の目標です。
近い将来、再び優勝を争えるよう、クラブ・チームを再建・再生させて参ります。
編成機能を強化し、可能な限り強化費用を確保します。
成長が続く若手を登用しながらもその周りを実力ある選手が囲むようなバランスあるチームとなることを目指します。
2012シーズンの監督をはじめチームの編成につきましては、決まり次第順次お知らせさせて頂きます。

浦和レッドダイヤモンズ


多くの皆様に夢・希望・幸せを提供するアジアを代表するような「地域の誇りとなるクラブ」を目指し続けるというビジョンを掲げながら、実現に向けた方向性がはっきり見えない現実を反省し、お詫び致します。
このビジョンへの推進役となる「強くて魅力あるチーム」づくりを、クラブの最優先事項として明確に掲げ、中・長期的視点で、肝となる監督を選任し、チームの再生を図ります。
残留争いで苦しいリーグ戦を終えた今シーズンでした。この経験を無駄にすることなく、終盤の横浜F・マリノス戦やアビスパ福岡戦で見せた「浦和レッズの執念」を種火として、再び燃え盛る勢いを取り戻すよう結束して挑戦し続けます。

浦和レッドダイヤモンズ
代表    橋本 光夫



結局は、クラブ・チーム人事の全任免権を握った社長が、しっかり「私の責任です」と一言謝罪して、取締役会に進退を預けて、次期社長を取締役会で選出して三菱自工に承認を受ければそれで済む話だと思うけどね。
どうも、最近は「状況回復」が責任の取り方と勘違いしている。
ダメにした人が根本的に回復できるなんて誰も思ってない。
回復出来たら、それは回復に対する不可抗力が加わったと見るのが妥当だと思う。
この文章を読んで思ったのは、クラブとしてはシーズンの総括にしたいんだろうけど、どうも腑に落ちない点が多数。
ダラダラ書いた割には、具体的に「じゃぁ、どうすんの?」「どうすれば良かったの?」っていう点が、抽象論で終ってる気がしてならない。
確かに、書けない事もあるんだろうけど、後々突っ込まれないような文章に仕上がっているだけで、「総括」という割に核心には迫ってない。
来季を今季と変えるなら「具体的にどうするのか?」が大事で、耳触りの良い言葉ばかりが先行している感が否めない。
毎年思うのは、クラブは方向性ばかり示して、その方向性に対してやってきた事が具体的に検証されていない。
成績不振に対する監督の責任については、「クラブはこう手を打ちました!」と具体的に書いているのにね…
まぁ、その「手」も、ゼリコの後日談を聞いた後では、とても褒められたもんじゃないのが笑えるんだけど…。
とにかく、最低限、書いた事はやって欲しいし、年頭の挨拶や2012のチーム・クラブ方針で、この総括と全く違う事が出てきたら失笑モノなんだけど。苦笑。
とにかく、サポートする立場から言えば「浦和レッズ」しかないんだから、せめて、「夢の持てるクラブ」にして下さい…としか言いようが無いかな。




ダメ上司論 (日経プレミアシリーズ 49)ダメ上司論 (日経プレミアシリーズ 49)
(2009/05/09)
山田 咲道

商品詳細を見る




→→→→→→ あなたの一票で決まる、ブログランキング! →→→→→→    


にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。