浦和に関するネタを中心に、サッカーネタやコラムを書き綴ってます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014年3月1日(土) 万博記念公園陸上競技場

ガンバ大阪 0-1(前半0-1) 浦和レッズ

得点者:43分 槙野智章

入場者数:18,438人


【監督コメント(要約)】

Q:「後半少し慎重になった」という言葉があったが、もっと仕掛けたかったのか、ある程度守備のリスク管理を考えてやむを得ない状況だと思っているのか。

A:もちろん、昨年56失点した事実は選手にとって非常に痛い記憶として残っているはずです。
我々レッズとして、選手もそこに関してプレッシャーを感じていたと思うんです。
また、なぜ失点が多いのかを考えればこそ、リスクを負って奪ってからカウンターを仕掛けることに関して、やはり躊躇する、あるいは慎重に進めるという意味でボールを保持するというプレーに繋がるのだと思います。
そういったことが頭にあったからこそ、今日はうまくゲームコントロールしながら0で抑えたとも言えます。
ただ相手があれだけ前がかりになるのであれば、もっと有効に後ろのスペースは使わなければいけない。
我々は昨年最も得点を取ったチームですが、失点のところばかりが世間でクローズアップされます。我々が多く点を取ったチームとしては称えられないということもありますね。


現地サポートしてくれた皆さん、お疲れ様でした!
体調が芳しくなく、仕方なくBS観戦。
シーズン初戦としての内容は評価が分かれるところだけど…
個人的な感想は、±0といった感じで、良くもなく悪くもなく。
とはいえ、この試合運びをシーズン通してできるようになったら、かなり実力が上がって来てると感じる。

試合前…先発を見て、啓太はやはり別メの影響あったかなと。
ただ、他は昨年と変わりなく…やはり、ミシャだなと。笑。
一つだけ…控えGKがギシではなく順大だったのは、ちょっとした驚き。

試合の方は…見る限り、去年の攻撃力に比べたら不満はあるし、脚とて、以前のような強さというより、J2上がり感は否めなかった。
ただ、ここ数年、J2首位上がりはJ1でも圧倒的な存在感を残していただけに、そこを初戦で叩けたのは大きい。
ヤットさんも試合後「J1に帰ってきたという感じ。簡単には勝たせてもらえない」というコメントが印象的。

課題だった浦和のディフェンス面は、機能的というよりは、「一人一人の守備意識が上がった」という感じ。
そもそも、選手層の厚さはJ随一だし、その選手が「意識を上げる」という事は個々でのレベルで上回るだけに、相手も相当苦労するはず。

特に、前線の選手の守備意識が上がると、元々、コレクティブなポゼッション・サッカーを志向するミシャの戦術と合致してくるわけで…
もう少し完成度が上がれば、ほぼ相手陣内で試合運びが出来、その分、種々の負担が軽減され、攻撃力にも厚みが増す…という好循環に入って行く。
そういう試合が増えれば増える程「負けないサッカー」「勝ちきれるサッカー」の確率は上がるし、タイトルへも一歩近づくかなと。

とはいえ、リーグタイトルを狙うなら…序盤のリーグ5試合で勝ち点11以上(ホーム勝ち/アウェイ引き分け以上)獲りたいころ。
長丁場とはいえ、まずはスタートダッシュで貯金を作る。
そして、6月の中断前まで(14試合)に勝ち点30以上、得点21以上/失点7以下を目標数値として見て行ければ分かりやすいかも…あくまで、ザックリした数値だけどね。

まぁ、まずは、戦績の悪かったアウェイ開幕戦を完封で1勝/勝ち点3をGETしたのだから、良しとしないとね。
次節は、ホーム開幕戦。
鳥栖も厄介な相手ではあるけど、ホームでしっかり勝ち点3を掴むこと。
正直、無理に打ち合いするより、相手を焦らして、一刺しを正確に決めて2-0で勝てれば、相手もかなり「今年の浦和は違う!」と思うはず。(あくまで理想論…笑)
チームも、上ばかり見てるのではなく、前を向いて歩けるポジションになりますように!



追伸:今年は、特に、試合終了時に文化シャッター様の活躍が増えるよう、選手の皆様には切に願うばかりです。笑。




Urawa Reds Magazine (浦和レッズマガジン) 2014年 03月号 [雑誌]Urawa Reds Magazine (浦和レッズマガジン) 2014年 03月号 [雑誌]
(2014/02/12)
不明

商品詳細を見る
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。