浦和に関するネタを中心に、サッカーネタやコラムを書き綴ってます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
☆ W杯後のJ、どうよ?【朝日】

ベスト16進出という日本代表の飛躍もあり、W杯後にはJリーグが活況を呈するかと思ったが、そう単純な話ではないようだ。
今季のJリーグ、W杯中断前の5月16日までは1試合平均で19790人が入場したが、中断後の7月14日以降は、平均18189人とやや減っている。

再開後は、過密日程で平日開催が2節あったし、夏場は選手のパフォーマンスも下がる。
今年の場合、暑すぎてお客さんもスタジアムに行きたくなかったのかもしれない。



そこからJリーグにどうやって引きつけるのか。
選手も関係者も常に意識を高く持ち、念頭に置かなければいけない。



世界のサッカーを見た後は、サポーターの目が肥える。
見る人の欲求を満たすものを選手が見せなければ、せっかくW杯を機にスタジアムに足を運び始めた観客も、すぐに行くのはやめようと思うだろう。

今は世界水準でなくてもいい。
4年後に向け、若い選手がそういう意識を持ってやっているかどうかということ自体を、サポーターは見ていると思う。

西村雄一主審が高評価を得た審判も、W杯で話題になっただけに選手同様に世界水準で見られている。
稲本潤一(川崎フロンターレ)が世界水準のタックルをしただけでファウルをされてしまうような判定は、やはり目の肥えたお客さんからすると、しらけるものととらえられるだろう。



W杯はありがたい。サポーター、選手、審判…サッカーを取り巻くあらゆる方面で、水準を上げるきっかけになってくれる。【朝日】



この男、福西崇史は選手としては嫌いだったが、評論家としては個人的には嫌いではない。
むしろ、しっかりとしたいい考え方と視点を持っている。
あとは、この考えをリーグ・協会にしっかりと反映させる術を持っていれば素晴らしいのだが…
いやぁ、ホント、イイ事を書いてるよ。
協会・リーグの幹部たちに爪の垢を煎じて飲ませてあげたいぐらいだね。




日本サッカーが世界で勝てない本当の理由 (マイコミ新書)日本サッカーが世界で勝てない本当の理由 (マイコミ新書)
(2010/03/24)
岡田 康宏

商品詳細を見る




*記事の詳細につきましては、☆の付いた表題をクリック頂けるとリンク先へ飛びます。そちらでご確認ください。


→→→→→→ あなたの一票で決まる、ブログランキング! →→→→→→    


にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ 

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://urawaism.blog68.fc2.com/tb.php/1010-8905b310
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。