浦和に関するネタを中心に、サッカーネタやコラムを書き綴ってます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
☆ 【10.10.30】 vs.山形 フィンケ監督インタビュー 【URD:OM】

2010年10月30日(土) 埼玉スタジアム 入場者数:21,625人

浦和レッズ0-1(前半0-0)モンテディオ山形



≪フィンケ語録≫

何人かの選手たちは2回、3回シュートを打ち、枠をとらえることができないと、なかなかその次の状況で、シュートという選択ではなくて、どうしても味方にパスを出すという選択をしてしまう傾向があります。
シュートをあきらめるのではなくて、再び狙うべきだったと思われる状況もありました。


≪今日のポイント≫

数え切れないほどの得点につながるようなシーンを、相手のペナルティーエリアの中、ペナリティエリア周辺で作り出したにもかかわらず、私たちはそれをしっかりと得点に結び付けることができませんでした。
今日の試合を見る限り、少なくとも、相手のペナルティーエリアの中で得点を決めるために必要なメンタル的な強さ、それからプレーの質を発揮することができませんでした。
何人かの選手たちは、後半に入ってから、少し根気を失ってしまったようなところがあると思います。
焦り始めてしまって、本当ならば、もっとはっきりとしたプレーをする、もしくはもう少しシンプルに判断すべきシーンで、さらに難しいことをしてしまおうとして、もしくは焦ってしまって、ボールを失ってしまうということが何度か繰り返されました。


お疲れさまでした。
まぁ、昨日の試合はいろいろとありましたね。
個人的には、山形のサポの皆さんを称賛したいと思います。
山形サポの皆さん…
台風の中、試合中止も覚悟で、あれだけのサポの皆さんが来てくれたことを感謝します。

浦和については…
まぁ、台風という悪条件があったので仕方ない部分もありますが、以前であれば来てくれたサポの方もいらっしゃったはず。
気持ちの問題もあるでしょうが、この部分はクラブとしても、やはり何らかの工夫をすべきだったかなと。
37000枚のチケが売れたら営業的にOKじゃなく、いかに足を運ばせるかが腕の見せ所かという事を、もっと真剣に考えるべき時に来てますよ、社長さん。
いつも通りでは客は集まらないし、こういう天候下なのだから、もっと極端なサプライズがあっても良かったかと。(例えば、温かい飲み物サービスとか、乾燥ヒーターを設置するとか…)
そういうものを、試験的にやるにはいい機会だったと思います。

さて、試合ですが…
内容自体は良いとは言えなくても、進化は読み取れる試合でした。
ただ、天気のせいか、動きが良かった選手とそうでなかった選手の差が大きすぎます。
名前は言いませんが、とにかくこの選手が最後までピッチに残っていたのが不思議。
選手起用は監督の専権事項なので、批判はしませんが、選手はピッチにいる以上、最後まで、闘う姿を見せて欲しいです。




シュート!(1) (講談社漫画文庫)シュート!(1) (講談社漫画文庫)
(2003/08/12)
大島 司

商品詳細を見る




*記事の詳細につきましては、☆の付いた表題をクリック頂けるとリンク先へ飛びます。そちらでご確認ください。


→→→→→→ あなたの一票で決まる、ブログランキング! →→→→→→    


にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ 
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://urawaism.blog68.fc2.com/tb.php/1032-336a0137
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。