浦和に関するネタを中心に、サッカーネタやコラムを書き綴ってます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この度、浦和レッズは、ロブソン ポンテ選手(34歳 国籍:ブラジル)との来季の契約を更新しないことになりましたので、お知らせいたします。   

<ロブソン ポンテ コメント>
5年半の間、多くの人たちに支えられてこの浦和レッズという素晴らしいクラブでプレーできたことに、本当に感謝しています。
残念ながら、レッズを去ることになりましたが、レッズへの思いは、いつまでも僕の心の中に刻まれ続けると思います。
今シーズン、リーグ戦は残り4試合、そして天皇杯がありますが、最後にみんなで笑って終われるように全力を尽くして戦います。

<柱谷幸一GM コメント>
このたび、ロブソン・ポンテ選手と来季の契約を更新しないことを決定しました。
ポンテ選手は、28歳というキャリアのピークにある時期に、ヨーロッパのトップチームからレッズに来てくれて、2005年8月のデビュー戦から今日まで、どんな試合でも全力でレッズのために戦い続けてきてくれました。そのロビーのプロフェッショナルな姿勢に、改めて敬意を表します。
来シーズンからレッズを離れることになりましたが、これまでにロビーが残してくれた実績、自らのプレーで示してくれた戦う姿勢や若手への愛情、そしてロビーがもたらしてくれた多くの喜びや感動は我々の心の中にしっかりと刻まれています。
そして、彼が浦和レッズに対して注いでくれた愛情に、心から感謝いたします。
今シーズンは残り少なくなりましたが、ロビーのためにも、浦和レッズは更に成長した姿を示し、前進して戦っていかなくてはなりません。
今後とも変わらぬ熱いサポートをお願い申し上げます。


ロビーに対する思いはいろいろある。
あり過ぎて語りつくせない。
スタジアムのプレーもそう、浦和のAGIOで会った時に握手して片言の日本語であいさつしてくれた事、奥さんとラブラブで買い物してたのを見てしまった事…
ホント、浦和というチームだけでなく、浦和という街を愛してくれてたと思う。
まだ、彼と一緒に過ごせる時間はある。
できれば、元旦に勝って、彼にも賜杯を掲げて欲しい。
そして、いつの日か、また浦和に戻って来て欲しいと思う。
だから、「さよなら」は言わない。




Urawa Reds Magazine (浦和レッズマガジン) 2010年 10月号 [雑誌]Urawa Reds Magazine (浦和レッズマガジン) 2010年 10月号 [雑誌]
(2010/09/11)
不明

商品詳細を見る



→→→→→→ あなたの一票で決まる、ブログランキング! →→→→→→    


にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ 
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
いつも楽しく拝見させていただいております。

最近フィンケ監督が退任することが決定的であるような記事をよく見かけますが本当なのでしょうか?私は少なくともこの2年間チームの変革というものは目に見えて明らかであったと思います。ここでフィンケ監督
が退任してしまっては今までの積み重ねが崩れそうで心配です・・・

2010/11/21(日) 08:07 | URL | 通りすがり #88l5hJAw[ 編集]
Re: タイトルなし
いや、俺も本音はフィンケ続投を強く願っています。
しかし、ここ数日のフィンケや浦和系メディアの方々の発言、新聞報道を見る限り、どうやら雲行きが怪しくなっている…と感じてはいます。

通りすがりさんのおっしゃる通り、フィンケの志向するサッカーにおいて、チームの変革や積み上げもしっかりあるのは明らかだし、「今のサッカーを継承してくれれば…」という考え方も一時はありましたが、例え、同じ考えがあったとしても「人が変わればやり方も変わる」という事を踏まえて、やはりフィンケ続投が望ましいという考えが、自分の中でハッキリしてきました。

要は、「同じサッカーを志向してくれれば…」という考え方は、フィンケが結果を出していないという部分や、チームが同じミスを繰り返しているという、「欠点的な部分を補うには交代も可」という、ある部分で進化を望む部分も踏まえてだと思います。
しかし、フィンケの側にも、そこを説明するに補うに足りるその欠点の理由があるのは明白で、その部分が解消すれば間違いなくフィンケでも解消できる欠点だという事に気付きました。
そして、その欠点の解消をフィンケが望んでいたにもかかわらずクラブが手をこまねいていたのでは?という疑念も浮かび上がっては来ています。
以上が、自分がフィンケ続投を支持する理由です。
2010/11/21(日) 11:17 | URL | Banaoh #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://urawaism.blog68.fc2.com/tb.php/1066-e5ca6544
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。