浦和に関するネタを中心に、サッカーネタやコラムを書き綴ってます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フィンケ監督浦和退団「来季編成疑問」

浦和のフォルカー・フィンケ監督(62)が、今季限りで退団することが19日、分かった。
09年から監督に就任し、今季で契約が満了。
一時は続投への意欲を示していたが、今月上旬に橋本社長らフロント陣と協議した際、来季のチーム編成の方針に納得できず、自ら退団する意思を固めた。
この日、さいたま市内で今日20日のG大阪戦(埼玉)へ向けた調整後、「契約の内容については話せないし、クラブ側にも考えは伝えていない」とした上で「残念ながら、クラブと来季のビジョンを共有できなかった」と退任の意向を明かした。
フィンケ監督は藤口前社長の招聘(しょうへい)を受け、09年にブンデス2部フライブルクから浦和監督に就任。
従来の個人能力に頼ったカウンターサッカーから、運動量を重視した欧州のモダンなパスサッカーへの移行を実践した。
クラブの経営コスト削減の方針により、外部からの大型補強を自粛。原口や山田直らユース出身の若手を抜てきする世代交代を進めた。
ただ、クラブ側は現場への急激な投資削減による戦力やブランド力の低下、それに伴う観客動員の減少に歯止めをかけるため、来季の経営方針を転換。新潟MFマルシオ・リシャルデスにオファーを出すなど、即戦力の補強に乗り出した。
フィンケ監督は「前線に選手がいる中で高額な選手を補強する必要があるとは思えない」と08年当時から約7億円のコスト削減から一転した動きに、疑問を感じたようだ。
橋本社長は今月末までにフィンケ監督の続投か体制一新かを判断する予定だったが、同監督の意向を受けて、本格的に後任人事に着手する。
クラブ側はパスサッカーの土台を築き、若手の成長を促した手腕を評価しつつ、契約満了によるフィンケ監督の退任を基本線に、複数の候補者を調査している。
指揮官の交代により、現体制でのコーチ陣も大幅に入れ替わる可能性がある。
王座奪回へ、来季は新体制で挑む。【ニッカン】


浦和のフィンケ監督退任へ、後任人事を本格化

J1浦和のフォルカー・フィンケ監督(62)が、2季目の今季限りで退任することが20日、分かった。
クラブが来季の契約を結ばない方針を固め、今月に入って監督に伝えた。
すでに後任人事を本格化させており、モンテネグロ人のゼリコ・ペトロビッチ氏(45)が有力候補に浮上している。
「コンビネーション・サッカー」を掲げるドイツ人のフィンケ監督は、ドイツのフライブルクを16年間指揮して1部昇格に導いた経歴も持つ。
しかし、浦和では昨季6位、今季も現在9位と低迷。
8強に勝ち残っている天皇杯が、タイトル獲得の最後のチャンスとなった。
ペトロビッチ氏は現役時代、浦和でも1998年から3季、MFとしてプレー。
監督としては、ポルトガル1部やオランダ2部のクラブで経験を積んだ。【読売】



このブログが出る頃には、フィンケの去就もはっきりしてると思う。
ただ、こう情報が統一されてくると、さすがに「退任」という方向での話が進んでいるのだろう。
個人的には、良くも悪くもあと1年、フィンケに任せたいという気持ちで一杯だ。
やはり、チームの状態も徐々に上向きになっているし、戦術も選手に浸透し始めて、どの選手も今のサッカーに前向きに取り組んでいる姿が分かるからだ。
選手にしても、サポーター以上にその手ごたえは感じているだろうし、ここでフィンケと「手を切る」事が今のサッカーの後退に繋がらないか?を、憂いている。
オフトの時もそうだった。
結局、その後、ギドが監督になり大型補強を繰り返し、その場の結果は上げたが、その後の道のりは推して知るべし。
磐田のように世代交代に失敗し、その後のクラブは覇気すら失ってしまう…そんな姿は見たくないのだ。
浦和はそれを教訓に、そうなる前に手を打ったまでは良かったが、このサッカーの成熟を見る事のないまま去る事になったら誠に残念としか言いようがない。
フィンケが就任した時、サッカージャーナリストや関係者は口を揃えてこう言った。

「フィンケの指導者としての方向性はしっかりしている。あとは、現場任せのフロントと見る目の厳しいサポーターが、そのサッカーを支持しながら後押しできるか?が成功のカギを握る」と。

結果という部分では確かに満足できるものとは言い難いが、このサッカーが失敗だとは思えない。
浦和が将来を見据えた中では、今のサッカーはいい選択だと言える。
であるから、広島がそうであるように、もう少しチームを任せたいと思う。
とはいえ、大勢はほぼ決まりつつあるんだろうなぁ…と思いながら、このブログを書いている。
せめて、リーグ最終戦、そして天皇杯制覇まで、選手にはフィンケと一緒に今のサッカーを楽しんで欲しいと思う。




浦和再生 レッズスタイルの行方浦和再生 レッズスタイルの行方
(2010/03/30)
島崎 英純

商品詳細を見る




→→→→→→ あなたの一票で決まる、ブログランキング! →→→→→→    


にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ 
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://urawaism.blog68.fc2.com/tb.php/1067-16b1becf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。