浦和に関するネタを中心に、サッカーネタやコラムを書き綴ってます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

浦和レッズとフォルカー・フィンケ監督は、契約満了に伴う話し合いの結果、2011シーズンの契約を更新しないことになりましたのでお知らせ致します。
また、フィンケ監督と共にチームを築いたコーチングスタッフであるカルステン・ナイチェル、イブラヒム・タンコ、福田正博、大槻毅、モラス雅輝の5人のコーチも契約満了に伴い、2011シーズンの契約を更新しないことになりましたので併せてお知らせ致します。
なお、2011シーズンの新体制は、決まり次第お知らせ致します。


<橋本光夫代表>

フィンケ監督はじめコーチングスタッフには、情熱に溢れた仕事をしていただき、心から感謝しています。
フィンケ監督には、『レッズスタイルの構築』というチーム変革に2年間にわたり取り組んで貰い、いくつもの成果を挙げました。
ベテラン選手の意識改革と同時に、若手選手を積極起用し新戦力の台頭を実現しました。
この2年間、勝ちながらの世代交代という難しい課題に挑戦し、チームづくりを進めてきました。
この取り組みは、今後のチームづくりの土台となり、チームの発展に大きくプラスに作用するものと考えています。
一方、過去2年間、チームの変革という面では成果はあったものの、夏場での敗戦などで、ファン・サポーターの皆さまの期待に十分応えられなかったこともあり真摯に受け止めています。
2011シーズンはこれまで進めてきた『レッズスタイルづくり』の次のステージに踏み出していきたいと思います。


<フォルカー フィンケ監督>

浦和レッズの監督をできたことを大変嬉しく思っています。
日本での経験は多岐にわたり密度が濃く、エキサイティングでした。
来年以降の仕事に関しては、クラブと話し合い、別々の道を歩むことになりました。
クラブ、チーム、ファン・サポーターの皆さんが、長期にわたって大きな成功を得ることができるよう、そして私たちが共に過ごしてきた期間から多くの恩恵を受けられるようになることを願っています。
まだ、Jリーグホーム最終戦、そして天皇杯があります。最後までチーム一丸となって全力で闘っていきます。

※2010シーズンの課題、検証等の総括については、2010シーズン終了後(天皇杯終了後)にお知らせ致します。


正直、もう一年、フィンケのサッカーが見たい!
選手も今のサッカーにやっと手ごたえを感じて来たところなのに…
クラブがどういう経緯の下にこのような判断を下したのかは、今季の全日程終わらなければ分からない。
しかし、少なくとも来季はフィンケと同じ道を歩む事は止めた。

それが、フィンケが作ってきたサッカーを昇華させるためのものなのか?
それとも、全く別のモノを作るためのものなのか?

その判断は、クラブの「方針の継続性」というものが単なる謳い文句なのか?
それとも、血を以て実を為すものとするのか?

答えは来季、次の監督が背負う事になる。
そして、今、言えるのは、フィンケに「ありがとう!」という事。
そこから先は、今後のクラブの総括と方針を見てから決める事にする。



浦和レッズ 敗戦記浦和レッズ 敗戦記
(2009/02/24)
小斎 秀樹

商品詳細を見る




→→→→→→ あなたの一票で決まる、ブログランキング! →→→→→→    


にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ 
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://urawaism.blog68.fc2.com/tb.php/1075-c6d6eb30
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。