浦和に関するネタを中心に、サッカーネタやコラムを書き綴ってます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆ クラブの現状について 【URD:OM】


Q:フィンケ監督と来シーズンの契約を更新しない理由が明確にされていないのでは?

橋本:レッズのスタイル構築へ向けて、選手がそのスタイルをしっかり身につけることがもっとも重要だと考えていました。
フィンケ監督はその仕事を果たしてくれたと思っています。
そして、過去2年間を踏まえた総合的な判断から、新しい体制で次のステージに向かって踏み出していくことを決断しました。


Q:詳細はシーズン終了後とのことですが、チームの基本方針に変更はないですか?

橋本:今後、「レッズスタイル」づくりを大転換するということはありえません。
チームは来年も柱谷GMが統括し、引き続き長期的視点にたったチームづくりを進めていきます。
2009シーズンから、レッズが目指すスタイルとして「強くて魅力あるサッカー。人もボールも動く夢のあるフットボール」を掲げています。
抽象的な表現ですが、「これが浦和レッズのサッカーだ」といえる揺るぎないものを長期的につくりあげることが大切です。
改革の歩みを始めた2年前は、プレースタイルの浸透、チームの年齢構成の変化、若手の成長促進などが急務だったと思います。
その大切な第一歩をフィンケ監督のもとでスタートさせ、しっかりとベースが作り上げられてきました。
ただ、この変革は始まったばかりであり、一朝一夕でできあがるものではないと思います。
ゲームの中で「イニシアチブ(主導権)を持って勝つ」ことを重視し、クラブが主体となってこの道のりを踏み外さずに、しっかり前進し続けることが重要だと思っています。

Q.メディアでは選手の契約に関し、いろいろな情報が掲載されていますが、クラブ内の情報管理についてはいかがですか?

柱谷:こうした選手の契約に関する情報は、クラブ内では必要最低限の人数で情報管理を行なっています。
クラブから正式に発表される前に、メディアに掲載される報道は、クラブ内部からの情報で取り上げられているものではないと考えています。

Q:最近の報道で、育成、レディースを含めたチームの人件費は年間予算の約30%程度しかなく、一方、他チームは約50%を確保していると報じられています。総人件費が8億円弱とも報じられていますが。

橋本: 浦和レッズのオフィシャルサイトで公表している2009年度の営業収入は64億3200万円でした。
チーム運営費は30億8200万円で、このうちトップチームの選手・監督・コーチ報酬は23億1900万円でした(アカデミーセンター分含まず)。
収入の36%がトップチーム報酬ということになります。
浦和レッズの場合は試合運営費用などの経費がかかる入場料収入が圧倒的に多いのが特徴ですが、一方経費がほとんどかからない母体企業からの収入が多くなっているクラブもあります。
このように、収益性や収益構造が異なり、単純に比率での比較は適切でないと考えます。
浦和レッズの09年度の報酬額の絶対値は、Jリーグの中でトップとなっています。

Q:トップチームの費用以外にもレッズランド、ハートフルクラブなどがありますが、どのように位置づけていますか?

橋本:レッズランドはJリーグ百年構想実現の舞台として「地域スポーツ文化創造」を目指しています。
より多くの方に親しみをもって利用していただきたいと思っています。
ハートフルクラブは、主に埼玉県内の子供たちを中心に、1年間で約3万人もの方々とサッカーを通じてふれあっています。
人が成長していく上で最も大切な「心を育むこと」をキーワードに、サッカー殿堂入りした落合弘キャプテンはじめ元浦和レッズで活躍したコーチなどが、地域に出向き、少しでもホームタウンの方々のお役に立ちたいという気持ちで日々活動しています。
数多くのパートナー企業の皆さまから、これらの活動趣旨へのご賛同を頂いておりますが、トップチームを強くするため、経営効率化への努力はさらに進めなければならないと思っています。


なぜ、今このような記事をオフィシャルを使って上げたのか?
何となく想像は付くけどね。
要は、今まではフィンケに対するクレームが多かったのが、フィンケ退任が決まった途端にそれに対するクレームが極端に増えたからだろう。
クラブは何もサポの気持ちを分かってない…
賛成者は声を上げないんだ、反対する者の方がより声を上げるだよ。
クレーム対応の得意なシャチョさんなら分かると思ったけどね。
結局、ビビってこんなお茶を濁すような記事を上げたんでしょ。

でもね、ビックリしたよ。
ペトロは言ってたよ、「10月にはクラブから打診があって、準備は進めてた」って。
結局、フィンケ退任はクラブの中では既定路線だった…
まぁ、聞きたい事・言いたい事はたくさんある。
でも、とりあえずは総括とやらを待つとする。
話はそれからだ!



浦和再生 レッズスタイルの行方浦和再生 レッズスタイルの行方
(2010/03/30)
島崎 英純

商品詳細を見る




*記事の詳細につきましては、☆の付いた表題をクリック頂けるとリンク先へ飛びます。そちらでご確認ください。


→→→→→→ あなたの一票で決まる、ブログランキング! →→→→→→    


にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ 
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://urawaism.blog68.fc2.com/tb.php/1083-bd0afd85
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。