浦和に関するネタを中心に、サッカーネタやコラムを書き綴ってます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2年間の取り組みで、チームの戦術的なスタイルは大きく変化しました。
ボールをしっかりとつないで、ゲームを支配できるようになってきました。
若い選手を積極的に起用し、戦力を底上げすることができました。
多くのアカデミーセンター出身選手がピッチに立つ等レッズで育った若手選手がトップチームで活躍するメカニズムが働いています。
チームのベースとしての方向性を確立することができ、レッズスタイル構築の「第1ステージ」はいくつもの成果をもたらしました。


実は、「レッズスタイル」などという言葉でひと括りにしているが、フロントは浦和をどういう方向性で運営したいのかという部分を具体的に表して欲しいと思う。
怖いのは、何を以て「第1ステージ」が終わったのか?ということだ。
フロントはお互いに傷つかないように、表面的な事実を「おあつらえ向きに」仕立てあげ、解任の理由にしたのではないだろうか?
戦力の底上げだって、若手の登用だって本当に「メカニズム」と呼べるほど機能してはいないと思う。
機能する…というのは、本来、結果が出始め、継続してこそ言える事だから。
その辺をフロントはきちんと捉えていないと、間違った方向に向かいかねないと思う。




「即戦力」に頼る会社は必ずダメになる (幻冬舎新書)「即戦力」に頼る会社は必ずダメになる (幻冬舎新書)
(2009/09)
松本 順市

商品詳細を見る



→→→→→→ あなたの一票で決まる、ブログランキング! →→→→→→    


にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ 

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://urawaism.blog68.fc2.com/tb.php/1126-91962118
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。