浦和に関するネタを中心に、サッカーネタやコラムを書き綴ってます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クラブの経営環境は厳しい状況が続いています。
減収傾向の中、経費節減に努めた2009年度は減収増益で終えましたが、2010年度も厳しい状況となっております。
このため、試合運営費用や外部委託業務の見直し等さらなる経費削減に努めています。
一方、両年度ともチーム運営費用は最優先と位置づけ、減少を最小限にとどめる方針を続けました。
また、安全で快適なスタジアムづくりや、ホームタウン活動の一層の推進等に取り組みました。

スタジアムにおいては、「お仕事体験キッズ」「B級グルメ売店」等新たな取り組みを始めました。
売店での使い勝手の良い電子マネーの拡大やスタジアム売店のリニューアルも行いました。
埼玉スタジアムとの連携強化で、快適なスタジアムとなるよう少しずつ環境改善を行いました。
ピッチ・スタンドではサッカーに集中できる環境づくりに努める半面、「スタジアムでの賑わいづくり」については不十分な面もあり、今後の課題です。
また、シーズンチケットホルダーの皆様を対象にした限定イベントを初めて実施しました。
課題も残りましたが、ホルダーの皆様との関係をより深める取り組みを拡大させる必要があります。
アウェイゲーム時のスタジアムにおいてサポーターの一部が差別的発言を行った等の行為に対して、Jリーグから制裁金を課されました。
事実関係を調査し対応したほか、改善策としてサポーターとの対話路線を維持しつつ、スタジアム運営規程を見直し、スタジアム警備体制の強化を図りました。
「差別的発言」「暴力行為」「物の投げ込み」「器物損壊」「立ち入り禁止エリアへの侵入」「スタンド内での喫煙」を重点禁止6項目として設定し、啓発活動も含め取り組みを始めました。
改善策実施後、問題は発生していませんが、今後ともしっかりとした体制づくりと理解の獲得に努めることが重要です。


サイスタはアジア最大のサッカー専用スタジアムというのが「売り」だ。
それは今でも変わってないし、選手・監督・サポーターからもっとも評価の高いスタジアムだ。
トイレ数や座席周りの細かい部分まで、サッカー専用にふさわしい心づかいがなされている。
しかし、その運営はというと、必ずしも「最高」とは言えない部分が多い。
「おもてなし」と表面的な試みはなされているが、なにせサポーター目線で行われているモノは皆無だし、むしろ、サポーターの要望にこたえていないのが現状だ。
やっと行った女子トイレの増設実験についても、男子トイレの個室部分を女性に開放したのだが、アナウンス不足や運用の不徹底でその実験の存在すら忘れさられている始末だ。
「すべきこと」をしなければ、「やっている」という自己評価も、「やっていないに等しい」という他人評価に変わってしまう。
「やるべき順位」を間違えると、評価が正反対になる事もある…これが評価における世の常である。



スタジアムの神と悪魔―サッカー外伝スタジアムの神と悪魔―サッカー外伝
(1998/04)
エドゥアルド ガレアーノ

商品詳細を見る



→→→→→→ あなたの一票で決まる、ブログランキング! →→→→→→    


にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ 

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://urawaism.blog68.fc2.com/tb.php/1130-0848d4b3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。