浦和に関するネタを中心に、サッカーネタやコラムを書き綴ってます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クラブからの情報発信は前年に続き積極的に行いました。
オフィシャルサイトやオフィシャル携帯サイト、マッチデープログラム、タブロイド新聞(レッズトゥモロー)等で展開しました。
必要な情報提供については、質量ともにまだ不十分です。
なるべく幅広い情報共有によるファン・サポーターの皆様との関係づくりが浦和レッズの存在基盤のひとつであり、クラブの方針確認とそれに基づく情報提供の機会増加等が課題です。
情報管理については、特にクラブが意図しない移籍情報等が掲載される状況が続いております。
これらは憶測やクラブ外関係者からの情報に基づく記事であるケースが多くあります。
クラブ内では、機密事項の取り扱いにあたっては、最低限の人数で情報管理を行うようにしています。


「必要な情報提供については、質量ともにまだ不十分です。」

確かにそうだよ。
量はともかく、質はまだまだ不十分だ。
出せばいいというものではないし、引っ込めればいいというものでもない。
フロントはどうも「とりあえず、出せばいい」と思っている節が、ここ1ヶ月間感じているのだが。
フロントは情報の取捨選択をきっちり行い、サポが求めている情報とクラブが流すべき情報を素早く・角度の高い方法で提供すべきだ。

「クラブ内では、機密事項の取り扱いにあたっては、最低限の人数で情報管理を行うようにしています。」

いや、GMからダダ漏れだよね…特にスポニチに対してはw。
スポニチはハッキリと情報ソースを「柱谷GM」と特定している。
ペトロの監督就任の勘違い(広島のペトロ)も名前こそ出ていないが、スポニチネタとしては彼から流れたのは、かなり角度の高い情報だと俺は思っている。
言い訳はイイので、しっかりと対応して欲しいね。

但し、フロントの方々に一つだけ教えてあげるよ…
記者も「嘘」は書かないよ。
上手く逃げた書き方をしている。
そう、マスコミに悟られないように、クラブ内の関係者を引き締めておくべきだよ。
あっ、情報が「機密」じゃなきゃ漏れる可能性はあるってことだな。苦笑。




内部統制時代の情報管理とコンプライアンス教育―個人情報・プライバシー保護、営業秘密管理に対応内部統制時代の情報管理とコンプライアンス教育―個人情報・プライバシー保護、営業秘密管理に対応
(2006/11)
高野 一彦

商品詳細を見る



→→→→→→ あなたの一票で決まる、ブログランキング! →→→→→→    


にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ 


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://urawaism.blog68.fc2.com/tb.php/1132-415d984e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。