浦和に関するネタを中心に、サッカーネタやコラムを書き綴ってます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レッズランドでは引き続き、「するスポーツ」によるコミュニティー促進を図ったほか、近くフィールドでのトイレを改装する等環境改善を進めています。
ハートフルクラブは年間3万人を超えるペースで、「サッカーを通じて心を育む」という独自の活動を継続し、「スポーツの楽しさ」「仲間の大切さ」を伝えました。
ホームタウン活動の一角に加わった浦和レッズレディースは、リーグで2位と連覇を逃しましたが、全日本女子選手権では2011年元日に決勝に臨みます。
地域・社会活動は、「Jリーグ百年構想」実現に不可欠なものです。
もちろん経営規模に見合った運用や経費削減に引き続き努める必要があります。


レッズランドねぇ…
いろんな意味で「理想郷」だったはずが、赤字垂れ流しの「諸悪の根源」みたいに言われてるけど。
やり方によっては、上手く行く事業だと思う。
個人的に思うのは、収益とか考え過ぎて、入場料とか使用単価が高すぎだよね。
当初は「宣伝料」くらいに思って、ある程度、手の出やすい単価設定をしておかないとねぇ。
会員費まで取るんだから、本当に「地域還元」を考えるなら、むしろ収益ゼロベースで考えないと、犬飼氏の目指した「レッズランド」ではなくなってしまう…それとも、地域還元のドイツ形式ではなく、ここでも「ひと山」当てようなんてスケベ心を出してたんじゃないの?苦笑。

ハートフルにしたって、もっと生徒(ユーザー)志向にならないと、これから少子化を迎える中で「レッズブランド」だけではどうにもならなくなると思う。
例えば、脚では、マグノアウベスが、当時ユースに在籍していた安田にフリーキックを教えていたり、TOPと下部組織の交流っていうのがあった。
まぁ、ハートフルとは違うが、そういう部分での交流がもっとあってもいいと思う。

レディースは…
今、一番クラブを支えてるのは実はレディースで、「実入り」という部分では厳しいけど、着実に成果を上げてるんだよね。
ホント、チームとクラブの関係が上手く行ってるのは、レディースだけじゃないの?
たぶん、変な柵とかないから無いからだと容易に想像できてしまうのだが。苦笑。

地域・社会活動は、「Jリーグ百年構想」実現に不可欠なものです。

あぁ、これね…今の状況だったら100年持たないと思うよ。苦笑。
だから心配しないでイイよ。笑。
そのうち、アジアリーグとか始まっちゃうんじゃないの?
だから、それよりもクラブの基盤をしっかりさせて、その上で出来る事をしっかりやるべきだと思う。
できない事に手を出して、どれも中途半端では本末転倒だからね。




戦略の断層――その選択が企業の未来を変える戦略の断層――その選択が企業の未来を変える
(2009/12/15)
古我 知史

商品詳細を見る



→→→→→→ あなたの一票で決まる、ブログランキング! →→→→→→    


にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ 

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://urawaism.blog68.fc2.com/tb.php/1134-72f9f02e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。