浦和に関するネタを中心に、サッカーネタやコラムを書き綴ってます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リーグ戦は3試合ホームでの試合が続きます。
そのすべてが重要というとらえ方で、この3試合の結果がクラブにとって、選手にとって、サポーターにとって、良いものとなるように、自分たちは3試合すべて勝つという気持ちで戦っていかなければなりません。≪ゼリコ≫


【質疑応答(抜粋)】

【メンバーには攻撃的な選手が多かったが、それは明日も攻撃的なサッカーを貫いていくという意思の表れでしょうか?】

ご存じのとおり、シーズンの始めから自分たちは攻撃的なサッカーを指向していますので、常に攻撃的に戦うという考え方を持っています。
11人でがっちり守ってカウンターという方が簡単です。
しかし、自分たちがやっていることはもっと高度なことだという認識を持っています。
そしてここを乗り切れば、すごくスペクタクルな浦和レッズを皆さんは見ることができると思います。
そして攻撃的サッカーの推奨、Jリーグの発展というところに非常に役に立てると私は思っています。
ただし、今は難しい時期を乗り越えるということが大事だと思います。


【新しい選手も起用したり、前節から選手の入れ替えもあると思いますが、その選手に期待することは?】

新しい選手という話になっていますが、自分たちは新しい、古いという考えを持っていません。
すべての選手が平等ですべての選手で今シーズン、戦っていきます。
その中で18人の選手しか試合には連れて行けないという事実があるだけです。
選手全員がそれぞれのポジションで何をすべきか、出ている18人だけが役割を分かっているのではなく、練習も全員でやっていますし、ミーティングも全員でやっています。
どの選手が入ってこようが私たちがやることは、すべて共通して理解しています。
今、結果が伴っていませんが、選手と自分たちの関係は良いもので、毎週毎週、しっかりコミュニケーションをとって意思疎通もしています。
自分たちが何をするべきか、何をしなければいけないのか、選手たちも自分たちで話し合っています。
今、そういう良い環境が整っています。



3連敗中の試合内容は、とにかく『無残』の一言に尽きる。
結果の事ではない、内容におけるすべての事だ。
戦術から精神面に至るまで、全てが無残の一言。
もう一度褌(ふんどし)をしめ直して、ケツの穴を締めて闘えばなんて事は無い。
ここ3試合については、単純に気合の空回りだと思いたい。
だからこそ、今までの5試合の評価より、これからの5試合を評価したい。
上を狙うとかの前に、自分たちの闘い方をしっかりと確立する事が先のようだ。
その結果として、上を狙う位置に浮上して行くと思う。
ただし、この5試合の中でも明日からの5試合は、ほぼホーム(に準ずる場所)であり、負けは許されない。
結果、負けたとしても、内容に改善が見られれば期待はできるが、これまでの負けパターンと同じ試合をしていれば、当然、進退を問われてもおかしくはない。
しっかりと「闘う」ことを胸に選手には頑張って欲しい。




心を整える。 勝利をたぐり寄せるための56の習慣心を整える。 勝利をたぐり寄せるための56の習慣
(2011/03/17)
長谷部誠

商品詳細を見る




→→→→→→ あなたの一票で決まる、ブログランキング! →→→→→→    


にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://urawaism.blog68.fc2.com/tb.php/1207-5020f26f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。