浦和に関するネタを中心に、サッカーネタやコラムを書き綴ってます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ペトロがオフィシャルにこんなコメントを寄せている…

【直輝が90分出場したが?】

今日のようにたくさんシュートが撃てるところに入っていくことを強調し、ケガのないように大人のプレーをすること、そして今日のプレーのように、自分のポジションで求められているプレーをすることです。
右に入ったのであれば、中に入ってシュートを撃つのも良いですが、それが終わったら 自分のポジションに戻ってしっかりと仕事をすることが大事です。
広瀬コーチは直輝がユースのときから知っています。
直輝とよくコミュニケーションをとって、育ててくれるようにお願いをしています。
彼がオリンピック代表に選ばれなかったのは残念です。
ただ、それもすべて本人にかかっています。
直輝はタレント性が非常に高い選手です。
今日やったように、これからも自分のポジションで、与えられた仕事をこなす仕事人になるようになれれば、非常に大きな選手になれるでしょう。
練習中も今、話したようなことを彼に指導しています。
ゴールを取ることはもちろん良いことです。
ただ、チームにとって良い仕事をするということが大切だということを分かってほしいと思います。
毎試合2点を取るような選手ならば、何をしてもかまいません。
ただ、そんな選手は世界を探してもいません。
まずはチームのためにプレーをすることが大切です。


まず、一つ目…
直輝のタレント性を高く買いながら、その良さを打ち消そうとしているペトロの選手の眼力。
「1年目の監督は3年目のサポより難しい」
と言われる理由である。
直輝をデビュー当時、いやユース時代から見ているサポが多い中で、ペトロのこの眼力に疑問を抱く人も多いだろう。
チームプレーに徹する事は選手としての使命でもあるが、ペトロが直輝を使わない理由付けはここにあるんだと。
この時点で、俺は絶望の淵に立たされた気分になってしまった。
それは直輝が使われないということ以上に、ペトロが選手を見抜けていないという点において。

そして、二つ目…
これは、ペトロのせいではなくてフロントの責任だが、ポゼッションサッカーの継続と、さらなる勝利への執念などとお題目を挙げたが、全くポゼッションを取れている気がしないし、むしろ昨年までのサッカーを破壊して新たなるチーム作りという感が強い。
今までの継続はまるでなく、組織的ポゼッションも感じない、個に頼る昔ながらのサッカー…
それに、さらなる勝利への執念などと言っても、フィンケのサッカーのために集められた選手で、しかもそれに適合した選手を集めたのだから、それを破壊するという事はどのような結果を招くか、素人の俺でも想像ができた。
むしろ、クラブは新しいチーム作りをやるというなら、フィンケに期待を持っていた俺でも、百歩譲って合点も行ったかもしれない。
この選択で、選手は完全に森の奥深くに迷い込んでしまった…。

直輝も自分のプレーに自信があるだろうし、ペトロも自分の志向する戦術を何とかチームに落とし込みたい…
その延長線上にある部分で、直輝の良さと戦術の交わる部分を見つけるのが指導するコーチの役割だと感じる。
その辺は広瀬コーチの手腕に関わって来ると思う。
ただ、フィンケサッカーで色を出していた多くの選手が、迷いの淵にある原因が何なのか?
フォーメーションよりも、その動き(連携や連動性)にあると思う。
そして、圧倒的に不足している走力…
この二つをどうにかしない限り、このチームでは選手の個の力が埋没してしまう。
そういう意味では、走力のある直輝を入れることで、何か一つのアクセントが付くような気がするのだが…
ただ、ペトロの志向する「役割」という部分は崩壊するが…

最終的にはペトロが「現実」を取るか、「理想」を取るかに掛かっていると思う。
現状を見極めればその答えは簡単だが、厳しい言い方をすれば…


彼自身のプライドと生活のどちらを取るかだと思う。



上司の哲学―部下に信頼される20の要諦 (PHP文庫)上司の哲学―部下に信頼される20の要諦 (PHP文庫)
(2001/11)
江口 克彦

商品詳細を見る



→→→→→→ あなたの一票で決まる、ブログランキング! →→→→→→    


にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://urawaism.blog68.fc2.com/tb.php/1224-72a4f10c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。