浦和に関するネタを中心に、サッカーネタやコラムを書き綴ってます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011年6月18日(土)18:03キックオフ・埼玉スタジアム

浦和レッズ1-3(前半0-1)清水エスパルス

得点者:24分 ボスナー(清水)、64分 高原(清水)、80分 梅崎、86分 ボスナー(清水)

入場者数:31,921人



今までにないくらいひどい試合をしたと思います。
特に、ホームでこんな試合をするということはありえないと私は思います。≪ゼリコ≫


【質疑応答(抜粋)】

【前半に坪井を代えた狙いは?】

早い段階で追いつくために、攻撃の選手を前に置きたかった、前からのプレスもかけたかった、そういう意図で早い段階で交代をしました。
そしてエジミウソンの近くに選手を置くことによって、彼を助けられると思いましたが、結果は良くなかったです。



とりあえずお疲れさまでした。
久々の雨の中の参戦。
今日は余計な事は書きません。
ツボの交代は全く以て不可解。
ホームでの戦いは攻撃的に行くのが常道。
だとしたら、最初から暢久をCB、陽介と啓太のWボランチで良かったと思う。
で、下がったツボへのフォローなし…って。
ホント、ペトロの采配の意味が分からない。(怒)
ペトロへの選手の求心力が薄れて行かないか心配。

今の事態を招いたのはGMを始めとした強化部全体の問題。
フィンケ解任からペトロ就任に至る経緯が、全く不可解過ぎる。

こういう人事を断行したGMと強化部長は早急に辞任せよ!

ペトロについては新GMの下で継続するか、解任→新監督招聘の着手で行くしかないと思う。
どちらにしても、手負いの状態だけど、空気を変えるのが大事なのか、やり方を変えるのが大事なのか…
経験のある新GMに任せるのがいいと思う。
とにかく、フラットな状態で判断したうえで、継続or解任を決めて欲しい。




指揮官と参謀―コンビの研究 (文春文庫)指揮官と参謀―コンビの研究 (文春文庫)
(1992/12)
半藤 一利

商品詳細を見る




→→→→→→ あなたの一票で決まる、ブログランキング! →→→→→→    


にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://urawaism.blog68.fc2.com/tb.php/1238-2c368228
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。