浦和に関するネタを中心に、サッカーネタやコラムを書き綴ってます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011年6月25日(土)豊田スタジアム

名古屋グランパス1-1(前半1-0)浦和レッズ

得点者:45+1分 磯村亮太(名古屋)、90+8分 マゾーラ

入場者数:28,515人




今日の試合は非常に素晴らしい試合だったと思います。
もちろん、最後のPKがなければ自分たちが負けてしまった可能性もあったわけですが、試合全体の内容をみた中では、自分たちが勝つべき試合内容だったと思います。
今までも自分たちが優位に試合を運びながら、勝ちきれなかったり、負けてしまった試合がありました。
今日は、追いついたということは良かったと思います。≪ゼリコ≫

*【なお、本日は質疑応答はオフィシャルに掲載ありません】


現地参戦された皆さん、お疲れさまでした!
この試合も、審判の判定にはホント何とかして欲しいの一言しかありません。
結果的には1-1でしたが、個人的主観では、それ以前にも2回はPKを貰ってもいい場面があった。
とにかく、判断基準が曖昧だったのが、見ているものをイラつかせるって感じだった。

で、結果的には劇的に追いついた1-1。
劇的な点の入り方は見るモノの感情を揺さぶるけど、それがどう繋がって行くのか?
追いついての勝ち点1をGETしたのと、追いつかれて勝ち点2を失ったのとではイメージが違うけど、結果的には同じ勝ち点1。
あとは、この試合を点と線のどちらで見るかの違い…
もっと検証すべきは、チームとしてはそこに内容があったか?次の試合に繋がる試合になったかという部分。
脚戦に向けてこの1週間でポジティブな材料が欲しい。

あと、これは気のせいだが、ペトロは自分の意志でチーム作りができているのだろうか?
コメントも戦術的な事には触れてないし、メンツもあれだけ重用してた陽介を使わず、外様に追いやっていた直輝を重用し始めた。
俺は個人的な考えとして、選手起用の専権事項は監督にあると思っているので、あまりメンツについては発言を控えてきたが、あまりに意志の無い起用法に愕然としている。
直輝を起用してくれるのは嬉しいが、陽介との併用も可能だし、もう少し起用法についても考えるべきだと思う。
そもそも、似たようなタイプのコマが揃い過ぎていて、必要なコマが足りないというフロント主導の壊滅的選手強化が招いた災いでもあるんだけど。

まぁ、今日の試合の収穫は、同じ相手から2試合で勝ち点4を獲れた事かな。
これは重要で、全チームから取れれば確実に優勝する。
それより、今のチーム状態なら、2試合で勝ち点3を獲る方が大事かもしれないけどね…
それだって51取れれば、リーグ賞金獲得の7位以内だって見えてくるんだから。
それ以前に、チームの形を作る方が先だな…。

でも、今のところの感じだと、今年はどうやら、島崎氏の言うとおり「一戦必勝主義」で骨格なんかない、場当たり的な勝負事を毎試合見せられるって感じだな。
この状況を秋口ぐらいまでに改善出来たら、ペトロも大したものだけど…。
でも、このコメント見てる限りじゃ厳しいな。




組織力を高める 最強の組織をどうつくるか組織力を高める 最強の組織をどうつくるか
(2005/02/11)
古田 興司、平井 孝志 他

商品詳細を見る




→→→→→→ あなたの一票で決まる、ブログランキング! →→→→→→    


にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://urawaism.blog68.fc2.com/tb.php/1252-60cfb02c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。