浦和に関するネタを中心に、サッカーネタやコラムを書き綴ってます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
プロスポーツというのは「職業」である以上、結果を求められる。
それはごもっともな話だ。
しかし、結果だけを追い求めているのか?と問われれば、その答えは異なってくるだろう。
いや、「結果だけ」と言われると、ほとんどの人が「NO」と答えるのではないだろうか?
それは、結果+αを誰もが望んでいるからだ。
むしろ、結果を挙げるのは最低限で、そこに付加価値を欲しがるのは当然である。

さて、今の浦和では「結果のみ」を望んでいる風潮が、各方面で感じられる。
いや、結果は当たり前であって、その先を目指すのが浦和じゃなかったのか?と問いたい。
「ボールオリエンテッドなコンビネーションサッカー」「ボールポゼッション率を高めた攻撃的なパスサッカー」を目指すんじゃなかったのか?
まぁ、前任者の継承を諦めた時点で上の前者は無理だとしても、後者、そして、観る者をより楽しませる攻撃的サッカーという二つは、結果+αの「α」に当たる部分だったはず。

結果が出ていないのだから、まずは結果を追い求めるというのは当然だが、結果が出たから「+α」が達成されるかと言えば、そうではない。
そこを間違えている人が、実は、サッカー関係者(記者・ジャーナリスト・評論家)に多いのには驚いた。
サポは少なくとも、結果は最低限と捉えてる。
「結果、結果」とマスコミが追い立てるから、結果だけ出せばいいと思っているサッカー関係者は多いけど、そんな低次元で話をしているようでは一時的な結果だけで終わってしまう。
だって、結果にそぐわないサッカーをしていれば、個の力で劣る日本人が、欧米や南米で通用するはずが無いのが分かってるから。
もし、日本サッカーの結果目標をW杯優勝とするなら、日本サッカーがW杯優勝チームにふさわしい世界のトレンドを目指すのが+αの目標部分だと思う。

それを浦和に置き換えてみると…
監督は「個の力での打開」を目指しているようだが、個々のレベルにおいてJの他クラブの選手とそう大きな格差は無いとみている。
いや、本来、平均以上の実力を持った選手が集まっているのだが、その実力差が無く見えてしまうイリュージョンは、今の指揮官そしてフロントの「偉大なる成果」のお陰…失笑。

それと、「個の力」をより多く求めれば、それだけタレント性の高いサッカーが必要になる。
そうなれば、タレント性の高い選手が「格安」で獲得できるはずはなく…
「資金不足」が叫ばれている浦和で、そもそも、こういうサッカーがクラブ方針として問われてると思う。
そこの部分を感じた前社長が、クラブの骨格となるものを作るために、誰がやっても通用するサッカーを旗印にフィンケを呼んだはずだ。
フィンケがタレント性を重視せず、見方によっては「つまらない」と思われるのは、「選手の名前」だけを欲しがっていた人の言い分だという事は重々承知だ。

強ければいいというが、強くなるにもプロセスは必要だ。
そして、強くなってからその強さをどれだけ維持できるか…
そこを見逃している人も多い。
強くなってもなお、金をかけ続けなければならないようでは、欧州のどこぞのクラブのように、いつか財政破たんを招く。
そして、その時にまた同じ事を繰り返す…
そろそろ、クラブもチームも学習して欲しいね。

「資金力こそが強化の全て」とする犬飼体制からの脱却を目指した藤口体制は、良くも悪くも「財政再建」を果たそうとしたが「結果」を出せずに破たんした。
橋本体制はそういったクラブの状況をどう判断し、どう進めようとしているのか?
「客を呼び戻す」だの、「残留を目指す」だのと言った、2流・3流のクラブ作りに奔走するだけなら、橋本さんが社長で無くても他に候補者はいる。
いつもの三菱式の金太郎飴人事で十分だ。

今の浦和に何が必要なのか?

クラブはもっと自問自答し、もっとサポーターの声を広く拾い集めて、一丸となってクラブ作りを進める意思と行動を外部に発信して進めなきゃだめだと思う。
具体的に言えば、身近な外部だけじゃなく、一般サポーターを20-30人くらい集めて、各事業本部長や社長・GMも参加のもとで定期的な意見交換会をするぐらいじゃないと。
浦和サポは一過言持っている人も多いし、その道の専門家も多い。
クラブをみんなで作り上げるという意味では、浦和再生に向けてサポの手を使うことも重要な切り札だと感じる。
あくまで、一つの案ではあるけど、持っている気持ちや意見を直接ぶつける機会は必要だと思う。
トークオンのような形ではなく、膝を突き合わせて、ざっくばらんな意見交換会の方が、お互いの本音も出て相互理解が深まるのでは?と感じている。



「組織と個人」のマネジメント―新しい働き方・働かせ方の探究「組織と個人」のマネジメント―新しい働き方・働かせ方の探究
(2007/04)
渡辺 峻

商品詳細を見る




→→→→→→ あなたの一票で決まる、ブログランキング! →→→→→→    


にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://urawaism.blog68.fc2.com/tb.php/1260-14dc3455
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。