浦和に関するネタを中心に、サッカーネタやコラムを書き綴ってます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011年7月13日(水)埼玉スタジアム 入場者数:24,293人

浦和レッズ2-0(前半2-0)川崎フロンターレ

得点者:57分 原口元気、79分 永田 充



内容についていろいろと話をすることもできますが、今日は3ポイントを取ったということが一番重要なことではないかと思います。≪ゼリコ≫


【質疑応答(抜粋)】

【前半は中盤を省略してうまくいかなかったと思うんですが、後半に向けてどういう修正をしましたか?】

選手たちに、怖がることはない、落ち着いてそれぞれのポジションにしっかりついてシンプルにプレーをしようということを強調して話して、選手たちが、落ち着いてプレーできるようになったのではないかと思います。


【前回の試合から1週間あいて、少し選手やシステムを戻した印象がありますが、どういう狙いで準備をしてきたのか、選手へのアプローチの仕方も含めて教えてください】

事前にDVDで分析してみたところ、守備の場面でサイドバックの選手が中に絞ってくる、ボールサイドに全員が寄るようなディフェンスをするということがすごくはっきりと見えたので、そういうことであれば、自分たちのウイングの選手、原口元気、田中達也を大きくサイドに張らせることで、大きなサイドチェンジから、1対1、もしくはそのままチャンスが生まれるという考えかたで、ウイングをサイドに置きました。
そして、マルシオ リシャルデスをトップ下に入れて、相手の2枚のボランチに対して3対2を作る、啓太と柏木、マルシオで相手の2枚のボランチに対して3対2の数的優位を作るということによって、そこで相手を混乱させたり、自分たちがボールをつなげられる、そういった考え方でこの1週間、準備をしてきました。
そして、達也とマルシオのポジションでは、交代してもお互いがしっかりとそのポジションでの役割が果たせるという考え方をもっていましたので、マルシオを右にして達也をトップ下にするという考え方もありました。
その中で流れを見た中で、マルシオのところに山田直輝を入れて、うまくいったと思いますし、この勝ち点は大きな意味があると思います。



現地組のみなさん、お疲れさまでした。
体調不良のため、ホームだというのに、久々にTV観戦でした。汗
試合内容自体は、とても満足できるものではないけど、とりあえず結果を残せた事は何より。
上位相手でも、しっかり勝ち点を上積みできる力はあるのだから、毎試合しっかり示して欲しい。
とにかく、ビルドアップがしっかりできていない事が最大の問題点。
要は、選手個々が点でしかなく、線というか繋がりを持っていない。
それが解消できたのが、直輝が入ってポジションチェンジも含めた動きで、点を繋いで線に変えられた事。
元気のゴールはまさしくそうだった。
ただし、直輝もペトロの指示を守ると途端に攻撃が硬直化する…
まぁ、サッカーに正解は無いというけど、もしあるとするなら、点を取ったプレーがそれなのだろう。
とすると、正解が何なのか自ずと分かって来る…
そういうことなのですよ、監督!




組織を脅かすあやしい「常識」 (講談社プラスアルファ新書)組織を脅かすあやしい「常識」 (講談社プラスアルファ新書)
(2011/06/21)
清水 勝彦

商品詳細を見る




→→→→→→ あなたの一票で決まる、ブログランキング! →→→→→→    


にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://urawaism.blog68.fc2.com/tb.php/1272-5098e89d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。