浦和に関するネタを中心に、サッカーネタやコラムを書き綴ってます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神戸については、相性という話題になるかもしれません。
リーグ戦だけでいうと、4戦連続で負けている相手で、今年であれば開幕戦は0-1でした。
内容では、自分たちが非常によかったのですが、結果的には負けてしまいました。
そして昨年の最終戦では、浦和のホームで何もできずに大きな差で負けてしまっています。
それほど、相性が悪いのか、自分たちにとっては非常に難しい相手だというの相手が神戸だと思います。≪ゼリコ≫


【質疑応答(抜粋)】

(開幕戦で神戸と試合をしたときと比べてチームはさらに良くなっていると思うが、その要因は?)

まず、シーズンの始めから、どんなことがあっても選手とポジティブに接してきました。
このチームはできるんだということを強調し続けたところから、だんだんチームが成長しているのだと思います。
もちろん、全体を通して、2、3試合、非常に満足できない試合がありました。
子供じみたミスで失点してゲームを台無しにしてしまうところが最初のころは多かったのです。
それが今、完全になくなったわけではないですが、大きなミスでも失点につながっていないということ、そしてミス自体も非常に少なくなっています。
ディフェンスラインも非常に固まってきていますし、MFも含めて不必要なボールの奪われ方が少なくなっています。
お互いを理解して、自分たちがやりたいことも徐々に理解して浸透してきています。
そういうことが今、良い結果に結びついている、もしくはチームがよくなっているという理由なのかと思います。
そして、もちろん、最近の試合を見ていただければ分かりますが、選手のスピリットがあり、精神力があり、そしてコンディションが落ちない、そういったこともすべて含めて良い状況になってきているのだと思います。
なので、今日のミーティングでも言いましたが、このラインを保ち続けること、絶対に落とさないことが非常に大事だと思います。



さて、明日は神戸戦。
実際のところ、このチームとなぜ相性が合わないのか、不思議でならない。
選手の中にジンクスというものでもとり付いてしまったのだろうか?
ぶっちゃけ、数字的にはペトロの言うとおりディフェンスラインはしっかりして来たのかもしれないが、印象としてはそこまで堅守とは言い切れない。
この数字にはギシや順大のフィンセーブも多く含まれているからだ。
だから、油断は大敵だ。
今の浦和にはこれと言った戦術が存在しない。
だからこそ、しっかり守って、攻めに転じるという…守りから入るサッカーにならざるを得ない。
今のサッカーがベストとは言い切れない中で、変に結果が出ているから、大きく前に進めていないのが今の浦和の状態だ。
それを打破するには、人に頼るのではなく、組織としてどう動くかをもう少し考えるべきだと俺は思う。




神戸牛モーニングステーキ神戸牛モーニングステーキ
()
神戸牛専門店 辰屋

商品詳細を見る




→→→→→→ あなたの一票で決まる、ブログランキング! →→→→→→    


にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://urawaism.blog68.fc2.com/tb.php/1290-6c34546e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。