浦和に関するネタを中心に、サッカーネタやコラムを書き綴ってます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私たちもそうですが、セレッソも今、素晴らしいサッカーをしていますが、本来いるべき順位にいません。
私たちであれば、試合を支配しながら引き分けで終わってしまった、勝つべき試合で引き分けで終わってしまって今の順位にいます。≪ゼリコ≫

【質疑応答(抜粋)】

【少し失点が増えている印象ですが?】

まず、私たちには、ここ数試合、失点が多かったという印象があるかと思いますが、だからといって、広島のように5人で守ったり、他のチームがやっているようにペナルティーエリア付近に張り付いてディフェンスをするようなことは、まったくしません。
私たちは今までどおり、ラインを高く保って前からプレスをかける。
そういったことが浦和レッズに要求されていますし、浦和レッズには違った戦い方は認められないと思います。
新潟戦の2点、神戸戦の失点、そういったものは戦術が原因なのかというと、皆さんも分かると思いますが、簡単にゴールを与えている、プレゼントのようなゴールを与えているだけです。
広島戦でも、最後の最後まで集中力を保って人をつかみきれていればそこまで問題はなかったと思っています。
集中力など、そういった細かいところです。
甲府や神戸の試合の前まで、Jリーグの中でも3位に入るほど失点が少ないチームだったのですから、自分たちは自信を持ってそのまま続けるのみだと思います。
チームのイメージであったり、自分たちの戦い方については、ほとんどのJリーグのチームがやっているような、引いて守るということを、やってはいけないクラブが私たちであると思います。
さらにいうと、若い選手や日本人の選手が育つためには、状況によって1対1の守備はしっかり向上しないといけません。
前からプレスをかける、ボールを奪いに行くということができないといけないのです。
そして前にいくということは、スペースを後ろに与えるということで、スペースを後ろに与えても戦えることができないと、世界ではいつまでたっても太刀打ちできないと思います。
その中で、自分が選手だったとしても、ただ引いて守るだけではまったく面白くないですし、向上もしません。
それで結果が出て、試合前に自分たちは相手を分析したといっているような監督もいますが、それではまったく面白くないと思います。
自分たちは、シーズンの始めから、ほかのJリーグのチームがやっているような引いて守るということをしていれば、たぶん6位か7位くらいには今、いると思います。
ただし、そういったことをしていたら今、オリンピック代表には濱田も峻希も直輝も選ばれていないと思います。
元気の日本代表などかすりもしない、柏木陽介も代表には戻っていないと思います。
自分たちが前からプレスをかけて主導権を握って攻撃的にサッカーをする。原口元気であればボールを奪ってどんどん仕掛けるということが評価されているわけで、それが育っているから世界で戦える選手になれる。ボールを奪われたら引いて守る原口元気だったら、そこに原口が立たなくてもいいのではないかと思います。
すごく引いて守ることにより、6位か7位に立っていたら、もしかしたら周りはペトロが良い監督だ、というかもしれませんが、私はそんなことよりも選手を育てた方がいいです。
今、Jリーグで上位争いをしているチームは必ずこの先、数年間で落ちていくと思います。
彼らには自分たちがやっている戦い方だったり、元気や直輝、峻希、濱田といった選手はいません。
若い選手をしっかり育っているということは、今、レッズにとってはベスト5にいることよりも大事な結果だと思います。


ぶっちゃけ、この会見ではペトロの認識が間違っている事を如実に表している。
そして、ペトロがこれ以上失敗を繰り返さないように指摘しなければならない。
本来いるべき順位にいないのは、大きな間違いを犯しているからで、決して細かい問題ではない。
むしろ、根本的な問題なのだ。
もし、個の力に頼るのであれば、その個が相手に対して圧倒的な強さを持つ時だけに使える「唯一の戦術」であるという認識が、指揮官に恐ろしいほどに無いのがこのチームの弱さなのだ。
オランダがスペインに敗れた試合…あれこそが、個の力の限界であって、あの時のオランダですら組織力を使った中での個の力の多様だったはず。
あくまで、組織というベースがあっての話だが、今の浦和にはそもそも組織だった動きが無いのだから、そういう部分をもっと改善して行かなければならないと思う。

あと、あなたの役割は若手の育成ではない。
もっと言えば、若手を使わなくても、勝てば文句は言われない。
今年に関して言えば、若手を使うことを「育成」とは言わないはず。
フロントは育成というベースの蓄積の終了を宣言して、フィンケからペトロにバトンを渡した訳で、今年は「タイトル獲得」を宣言しているのだ。
とはいえ、こんなにバラバラなサッカーで結果を残したとしても、「砂上の楼閣」である事は明らかで、それは単に「出たとこ勝負に勝った」としか言えない。
種々の話を抜きにして、契約を結んだフロントに責任はあるが、そろそろ、本音で語りたい季節に突入した。

フロントは「監督の首を切ればそれでOKか?」という最終節のサポーターの言葉を逆手に取っているようだが、それは取りも直さず、社長とGMの責任に対して向けられているのだ。
決して、「監督を長続きさせろ」という意味ではない。
クラブとチームが手を取り合って責任を全うしろという意味だ。
今のフロントにはその覚悟が無いというのが、この言葉の真意だと受け取っている。
つまり、あなた方が責任を取るまで、この言葉は生き続けているという事を、頭に叩き込んでおいて欲しい。




自分の言葉で語る技術自分の言葉で語る技術
(2011/08/12)
川上 徹也

商品詳細を見る




→→→→→→ あなたの一票で決まる、ブログランキング! →→→→→→    


にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://urawaism.blog68.fc2.com/tb.php/1319-b894dffa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。