浦和に関するネタを中心に、サッカーネタやコラムを書き綴ってます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

先日上げたブログを「例の彼」にも読んでもらった。

そしたら…また長いメールを送って来てくれた。
一度に載せられる分量ではないので、何度かに分けて紹介しようと思う。
他サポの意見ではあるけど、客観的な意見として読むには面白いと思う。
興味のある方は是非ご一読を。


------------------------------------

昨日の補足と、ブログに書いてなかった分について。

まず、フィンケの運の無さは「サテライト」が就任半ばで無くなってしまった事。
これにより、彼の育成プログラムは確実に狂ったのではないか?
通常ならば、スタメンをAチーム、サブ+ベンチ外(ケガ人以外)をBチームにしてチーム構成を考えてたはず。
Bチームは試合翌日にサテライトマッチで育成を考えていた節がある。

しかし、その当てが外れて、TMを組もうとしたがこれすらも出来ず仕舞い。
これは柏でも同じような事が言えて、リーグの愚策がJそのものの底上げを無きモノにした。
その結果、柏はJ2落ちという憂き目にあった。
柏で言えば2006年を境に若手の育成に力を入れて、小学生から各世代に柏のOBを配置してユース世代まで確実に実力を上げて来た。
その矢先だったので、クラブも面喰らっていた。

その辺、浦和はどうなのだろう?
宮杯世代が順調に成長したけど、その下の世代の名前を聞かない。
育成は継続されてるのだろうか?
もし、育成を諦めるのなら早いうちの方がいい。
高校や大学出身の選手だっているし、浦和はそういう選手を上手く育てて来たじゃん。
ひと昔前なら、岡野・小野・鈴木啓太・坪井・田中達也…
錚々たるメンバーが代表に名を連ねていた。
それが、今は…
そういや、浦和と言えば「○○」という選手がいなくなったのもそのせいかな。
それも、「生え抜き」が表に出てないからだよね。
海外勢は長谷部が頑張ってるけど…今や、浦和というより代表キャプテンだからね。
そうなると、今は、原口と山田直輝と高橋峻希とぐらいかな?
彼ら、ユースの宮杯組でしょ?
あの時、浦和が騒がれたけど、柏の方が前評判高かったんだよね。笑

そう考えると、浦和って、どうも「育てる」のが下手で、出来上がった選手を組み合わせている印象があるんだよね。
少なくとも、ひと昔前の選手は、ほぼ生え抜きだし、きちんと育ってたのだからノウハウは持ってるはず。
何で、自前の育成に拘るんだろうね?

【(3)へ続く】


------------------------------------


浦和再生 レッズスタイルの行方浦和再生 レッズスタイルの行方
(2010/03/30)
島崎 英純

商品詳細を見る




→→→→→→ あなたの一票で決まる、ブログランキング! →→→→→→    


にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://urawaism.blog68.fc2.com/tb.php/1331-c37351e6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。