浦和に関するネタを中心に、サッカーネタやコラムを書き綴ってます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日はJ's goalから抜粋した選手のコメントも掲載します。


●柏木陽介選手(浦和)

【Q:気持ちの切り替えだけで改善できるレベルになさそうだが?】

やろうと言っていることができていない。
同じことの繰り返し。
コンパクトにしようと言っても、ずっとコンパクトにできていないし、相手が引いてきたところにしっかり付こうと話していても、それができていない。
動き出してほしいと言っても動き出していなかったり、守備もしっかり全体的に連動して追いかけようと言っても、それもできていない。
やろうと言っていることが全部できていないから、こういう結果になっている。
レッズだから大丈夫だろうという気持ちがどこかにあるのかもしれないし、こんなに勝てなかったら本当によくない。
1人1人が自覚して、レッズだからこそやらないといけないという気持ちを持ってやらないといけない」


【Q:内容的には残留争いを考えるサポーターも出てくると思うが?】

もちろん、そうなってもおかしくないし、そういう内容、そういう結果になっている。
まだ自分たちのなかで『サッカーをやっている』と思えていて負けるなら多少なりとも仕方ないと思えるところもあるが、それもできていない。
イラつきが半端ないし、見ている人はもっとムカついていると思う。


●永田充選手(浦和)
あと9試合しかないので、いいサッカーをするとかよりも、とにかく勝たないといけない。
1人1人がもう少し守備の意識を持たないといけない。
まず守備からという意識が足りないと思う。
ボールウォッチャーになることがすごい多くて、左右に振られたときに誰も付いていないことが多い。
全員ボールじゃなくて、人を潰すようにしないといけないと思う。


【Q:前にボールが収まらなかったが?】

(柏木)陽介がうまく回してはくれていたが、クサビが入らなかったし、それが入らないとスタートがかからない。
ファールでももらえると違う展開になるが、クサビが弱かったので、もう少し高いところで前の選手には受けてほしかった。
サポートが遅いのか、全体を通して残念な感じだった。
引いてくる相手に対して、アイデアが少ない試合が前からあったけど、まったく改善されていないし、そういうところが残念。

●山田直輝選手(浦和)

【Q:ベンチで考えていたイメージは?】

こういうところがよくないというより、いいところが1つもなくてずっと試合が流れていた。
いいところがないなりにゼロで抑えていけば何かしらあったと思うが、入りもよくなくてそのままズルズルいってしまっていた。
自分が入ったら活性化させて、前からどんどんゴールに行きたかったが、それをするのも難しい状況だった。


【Q:この状況でホームで山形に負けるのは非常に厳しいが?】

もう勝点を取るしかない。
どういうサッカーをやりたいとか言っている場合じゃない。
今年はJ1残留を目標にしないといけない。
その目標を選手だけが理解するんじゃなくて、チーム全体で、自分のためじゃなくてみんなのために、浦和に携わっている全員がやらないといけない。

【Q:最後、場内1周をしているときに、込み上げてくるものがあったようだが?】

この順位にいるチームじゃないってこともあるし、その順位にいるチームですら自分が試合に出られていない不甲斐なさだったり。
見に来てくださっている方々は、こんな試合をしてしまってもスタジアムに足を運んでくれて僕の名前を呼んでくれて『がんばれ』と言ってくれている。
そのなかで、自分は何をしているんだろうって考えて、いろいろ思うことがあった。


このコメントを読んで皆さんどう思いましたか?
俺が気になったのは…


「やろうと言っていた事が出来ていない」

っていう部分ですね。
これはここ以外の選手コメントでも各選手が共通して言っていた言葉です。

「じゃぁ、それが何故できないのか?」

そこを解決するのが監督の役割なのに、「選手の問題」と簡単に片付けてしまうところが、監督としての素養の無さだと感じてしまいます。
どんな状況でも、それを解決するためにどうするかを考えるのが監督であり、コーチだと思うのです。
監督がやり玉に挙がってますが、コーチ陣は何をしているのでしょうか?
全く声が聞こえてきませんね。
監督にきちんと進言できているのかも疑問に思えてしまいます。

昨日の試合を観ている限り、選手を庇う気持ちはサラサラありません。
しかし、ピッチにいる選手がどうにもならない時に、手を打てるのは監督とコーチなのです。
特に、監督は選手起用の権限があります。
ここで、選手起用について述べようとは思いませんが、常日頃から選手に対してもっと五感を働かせて、いざという時には、鼻(第六感)を利かせる訓練をして下さい。
それが監督というものだと思います。




残念な人の仕事の習慣 (アスコムBOOKS)残念な人の仕事の習慣 (アスコムBOOKS)
(2010/09/20)
山崎将志

商品詳細を見る




→→→→→→ あなたの一票で決まる、ブログランキング! →→→→→→    


にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://urawaism.blog68.fc2.com/tb.php/1345-68948472
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。