浦和に関するネタを中心に、サッカーネタやコラムを書き綴ってます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
朝日WEB版のスポーツコラムに福西がコラムを上げている。
このコラムの最後の一文…
今の浦和に当てはまるのではないかと思い抜粋した。



何かに対応するために個人がやろうとしても、チームとしてできなかったから力にならない。
僕らの(2006年ドイツW杯)オーストラリア戦だって、終盤、守るのか攻めるのか、回すのか陣地を挽回(ばんかい)するのか、個人ではそれぞれが一生懸命やっていたけど、チームとしては力にならなかった。
そして、逆転されてしまった。
そういうところはチームとして揺るぎないものを持っていなければいけないと思う。




以前から、俺は福西のコラムのファンだ。
プレーヤーとしてはこれほど嫌な選手はいなかったのだが、解説はともかく、このコラムでの彼の指摘には同意できるところが多い。
もし、時間があれば、ご一読して頂ければと思う。

さて、今回のコラムは日本代表へのエールとして書いたようだが、実は、浦和に当てはまる、いや、ペトロに是非分かって欲しいと思った。
日本人の特性をもっと理解すべきだという意味で…
確かに、世界のサッカーでは1対1の勝負という部分も進んでいるのは確かだ。
しかし、それは、あくまで組織あっての個であり、個が唯一の手段ではない事は明らかだ。
そこを勘違いしてはならない。

理想としてはそういうサッカーもありだが、今の浦和のメンツで浦和を強くしたいのであれば、目指すサッカーとしてはお門違いだと思う。
まずは組織としての意思統一を図る事、その中で個の力を発揮させるシステムを構築する事…
正直、ペトロがやろうとしている事は逆の手順を踏んでいる。
手順というのは大事だ。
約束事というのは手順で決まっていくものだ。
重要度も然り。
そこが今の浦和の選手たちが混乱してしまっている最大の要因だと感じる。

もし、ペトロが今季、最後まで指揮を執るなら、糸を解すように、混乱した原因を追及・改善し、残留に向けて自分のポリシーを捨ててでも闘うべきだと思う。
ただ、あくまでペトロが自分のサッカーに拘るなら…GM代行のすべきことはハッキリしている。
まずは、彼が残留のためにチームを取るのか自分のポリシーを取るのか、そこをハッキリさせるべきだと思う。




無敗の手順―雀鬼・桜井章一の究極奥義無敗の手順―雀鬼・桜井章一の究極奥義
(2000/07)
桜井 章一

商品詳細を見る




→→→→→→ あなたの一票で決まる、ブログランキング! →→→→→→    


にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://urawaism.blog68.fc2.com/tb.php/1359-3e17bdfd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。