浦和に関するネタを中心に、サッカーネタやコラムを書き綴ってます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年9月28日(水) NACK5スタジアム大宮 入場者数:8,982人

大宮アルディージャ1-2(前半0-2)浦和レッズ

得点者:6分・23分 デスポトビッチ 、73分 金澤 慎(大宮)

※2戦合計(浦和レッズ4-1大宮アルディージャ)で浦和レッズが準々決勝進出



しっかりボールをキープできて良いコンビネーションからの攻撃ができました。
この勝利というもので、自分たちに自信を持ってこの先の試合を戦うことができると思います。≪ゼリコ≫


【質疑応答(抜粋)】

【前半2点をとった後、押し込まれて厳しくなった時間がありました。その時間に耐えられた理由は?】
1試合目と合わせて4-0というスコアになって、余計なことはしてはいけないということをハーフタイムに指示しました。
試合をシンプルに終わらせるということを強く言ったところ、シンプルにサイドチェンジを行なったり、オーバーラップしたりして、簡単にプレーできたと思っています。

●山田暢久選手
次につなげるようにチームの再確認も含めて今日の試合に臨んだ。
後半は間延びする部分もあって、そういうところはしっかり声を出しながら、全体が意識してやらなければいけない。
失点することはあるが、そこまで行かれたという過程が問題。
ちゃんとチームとしてディフェンスできるよう、しっかりやっていきたい。

●梅崎司選手
後半、時間が経つにつれて守備面で切り替えが遅くなって、そこを相手に上手く使われて危ないシーンを作られるようになり、苦しい時間帯も続いて失点もしたが、最後までチームで守りきれた。

●山田直輝選手
後半、距離感が遠くなったというより、守備の意識がちょっと薄れてしまった。
後ろはしっかり集中していたが、前線が守備の面で集中力を切らしてしまった。

Q:かなりDFラインの裏を狙って動いていたが?
ランコは足元にもらいたがるので、できるだけ僕はDFラインの裏にと考えてやっていた。
(DFラインを)引っくり返せたらちょっと楽なので。


現地サポートされた皆さんお疲れさまでした!
まず、今日の試合を観て思った事…
ダービーとは思えないお寒い試合でした。
栗鼠は完全にリーグ残留モードで先発をかなり落としてた。
浦和は勝って当たり前の試合だし、勝たなきゃダメだったので、栗鼠も思い切って「残留力」を出してきたのだろう。

さて、うちに関しては…
ペトロは目指す自分のサッカーを捨てたね。
1対1での仕掛けは少なかったし、コメントにあった「コンビネーション」もどこをどう見てもなかった。
単に、パス交換を「コンビネーション」と言ってるのかもしれないけど…

ぶっちゃけ、三菱古来の「堅守速攻」「リアクションサッカー」に戻ったかな。
まぁ、今は結果を残すために、共通理解の得やすい「シンプルなサッカー」の方がいいと判断したのでしょう。
それについて批判をするつもりはありません。

ただ、一言だけ。
今季は結果を残すためにこのサッカーで行くなら、もう弄らずにこのサッカーをやり抜いて下さい。
サッカーの好みはそれぞれにあるだろうけど、個人的にはこの監督に何を望んでも仕方ないので、とにかく結果だけ残してもらうしかないかなぁと。
そうすれば、今日の試合で出た欠点も徐々に改善されるはずです。

そうそう、ランコの2得点については、先日、湯浅さんが指摘していた事を、上の答えにもあるように、直輝がズバリプレーで答えを出しましたね。
直輝もミスが多かったなりに考えてやってるので、いつか必ず大きく花が開く時が来ると思います。

最後に…
とにかく、まずはリーグ残留!
タイトルは『おまけ』。
今日の勝ちをリーグに繋げなきゃ意味が無いという事。




2003 Jリーグヤマザキナビスコカップ 浦和レッズ カップウィナーズへの軌跡 [DVD]2003 Jリーグヤマザキナビスコカップ 浦和レッズ カップウィナーズへの軌跡 [DVD]
(2003/12/19)
浦和レッドダイヤモンズ

商品詳細を見る




→→→→→→ あなたの一票で決まる、ブログランキング! →→→→→→    


にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://urawaism.blog68.fc2.com/tb.php/1372-1352ccca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。