浦和に関するネタを中心に、サッカーネタやコラムを書き綴ってます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FWの動き出し、ボールをしっかり収めるというところをしっかり準備して、明日に備えていきます。≪ゼリコ≫


【質疑応答(抜粋)】

【8月のセレッソ戦は厳しい結果だったが、今回はどのような対策をして試合に臨むのか?】

どんなことをしても結果が良くなかったらそういうことをいわれるので、事前にどういうことをするとか、どういう対応をするということは何も言いません。
自分の考え方が違うのかもしれませんが、数々のジャーナリストの方の記事を見ると、矛盾しているような書き方もあって、ちょっと不思議に思います。


【ガンバ戦の前から共同生活になっていますがこの期間で、一番、チームに落とし込んだものはなんですか?】

今の時期だからこそ落とし込むとかいうことではなく、シーズンを通して自分たちはチームを向上させて、戦い方を向上させるようにしています。
その中でFWへの収まりというのをもう少し改善しないといけません。
もっともっと相手のペナルティーエリア付近でもプレーをするためにはやはり前でボールが収まらないといけない。
前で収まらなかったら前へのボールは少なくなるでしょう。
今日はそういったところもしっかり確認して、前の動きだったり、前の選手の動きの確認を重点的に行ないました


【相手は初戦ですが、浦和は勝ち上がってきた上で、しかもマルシオは出場停止です。その辺でルール上の不平等感を感じているか、それともACL出場チームがある程度、優遇されるのは仕方がないと思っているのか?】

自分の意見はありますが、それをいったところで何かに反映されるわけでもないですし、大きく書かれても意味はないので、コメントについては避けたいと思います。


正直、明日のナビ・桜戦はどう闘うのか興味深いところがある。
やはり、これからの闘いはリーグ戦を見据えての闘いになるだろうし、直近では15日の栗鼠戦を見据えた戦いになるのは明らかだ。

個人的には、今まで使われていない選手を積極的に使った上で、勝つ姿勢を明確にすべきだと考えている。
要は、選手ローテーションを組んで、今後のリーグ戦を見据えた臨戦態勢を作り上げるべきだという事。
今まで選手起用は「監督の専権事項」と思っていたので出来る限り口には出さなかったが、これからは違う。
すでに、スクランブル態勢に入るべきで、チーム一丸というなら全選手がいきなり試合に出ても大丈夫という状況を作り出すべきだ。

例えば、サイドバックが不安視されているなら、今後を見据えて岡本やホリの起用は優先条件だし、CBも永田に凡ミスが続く現状を見ていると、ツボや濱田を使うべきだとも思う。
ボランチも啓太はともかく、青山はTOPではほとんど出場していない。
ペトロは陽介やマルシオをボランチに下げる事をするが、攻撃的に行く時にこの2枚をボランチに下げる意図が不可解な事がある。
『本職』といわれるボランチは、現状では啓太と小島しかいないのだから、『調子乗り世代』の青山も積極的に使って欲しい。
FWも原もそんなに状態が悪い訳でなく、むしろ、マゾーラは今の状況では全く使えないので、原をチョイスしてもいいと思う。

問題はペトロの選手起用やベンチ入りする選手のバランスの悪さ。
「祭り」と称されるぐらい、攻撃的選手を入れているが、このチームの最大の欠点はチームバランスの悪さにある。
それは、選手にはどうする事も出来ない選手起用の部分…

率直に言えば、いくらタイトルが掛かっているとは言え、今後の日程を見れば何をすべきかは明らかで、要は、ナビとリーグは選手を分けて使う事。
天皇杯についても、リーグ終了までの2回戦・3回戦はやはりナビと同じ考え方でいいと思う。

どうも、監督にはタイトルに色気を出して残留を本気で考えていない部分があるので、クラブとしてその辺の意思統一は必要だと思う。
たぶん、ここまで言わなければならないのは、ペトロやクラブに対する不信感なのだろうけど、ある部分では仕方の無い事である。
結果が出ていないどころか、残留争いにまで顔を出す始末。
試合に対する分析やコメントは、的を得ていない部分も多く、中には不愉快なコメントまである。

正直、ペトロやクラブに対する怒りとか不安とか諦めとか全てを通り越して、すでに彼に憐みさえ感じてしまう冷静な自分がいる。(とはいえ、チームに対しては今まで以上に熱くなっている自分もいるのだが…)
今、願うのは、どうかペトロには必死に闘っている選手の邪魔だけはしないで欲しい。
サポの多くはそう願っているはずだ。
ペトロはタイトルを取って『残留』をアピールしたいのだろうが、少なくとも、俺は、成果は「選手」のモノ、失敗は「指揮官」のモノと思っているので、失敗続きの今季は、何らかの責任を問われるのは仕方の無い事である。
だからこそ、変なアピールをするより、黙って選手を見守ってて欲しいし、今となっては、そうすることがチームのためになるのだから…。




闘うサッカー理論―勝つための戦術とチームマネージメント闘うサッカー理論―勝つための戦術とチームマネージメント
(1995/10)
湯浅 健二

商品詳細を見る




→→→→→→ あなたの一票で決まる、ブログランキング! →→→→→→    


にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://urawaism.blog68.fc2.com/tb.php/1381-bc57ea2c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。