浦和に関するネタを中心に、サッカーネタやコラムを書き綴ってます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年10月5日(水) 長居スタジアム 入場者数:6,736人

セレッソ大阪1-2(前半0-1)浦和レッズ

得点者:9分 オウンゴール、73分 ファビオ ロペス(C大阪)、83分 デスポトビッチ




今日、すばらしい試合をしてくれた選手たちに『ありがとう』と伝えたいと思います。≪ゼリコ≫


【質疑応答(抜粋)】

(普段のリーグ戦と比べるとパスが良く回っていたように見えたが、理由は?)

前にいたランコとセルヒオのキープ率が今日はものすごく良かったと思います。
それによって、直輝や梅崎、陽介がさらに高い位置で自由に動けました。
レアル・マドリッドやバルセロナやACミランなど、どこの世界のトップチームでも、やはり前の選手にボールが収まらなければ、良いボールキープ、良いサッカーというのはできないと思います。


●デスポトビッチ選手

(ゴールシーンで意識していたことは?)

クロスに対しては、まずニアでセルヒオが飛び込んでくれて、そこのスペースが空いたところを自分が入る、これはもうずっと意識して、どの試合でもやってきたこと。
あの形に関しては、みんなの動きだしがなければ、自分がいい形でヘディングすることはできなかった。
みんなの意識が1つになった、素晴らしい得点だった。


●梅崎司選手

(今日のプレーは流動的な感じで、楽しそうに見えたが?)
すごく楽しかったです。いい攻撃もできていたし、1つになって戦えていたので、すごく楽しかった。

(リーグ戦とは違って、プレッシャーのないなかで戦えた?)
タイトルもかかっていたし、G大阪戦に負けてショックもあったけど、逆にすぐに試合ができるので、チャンスだと思っていたし、みんな開き直ってやっていた。
みんながやりたいように、ある程度できていたと思います。

●柏木陽介選手

今日は本当にいいサッカーができたかなと思います。
後半少し、みんな疲れて、プレスが曖昧になった部分もあって、危ない場面もあったけど、集中してプレーできていたと思います。
こういうサッカーを続けていかないといけないなと思いましたし、みんな失うモノがないという気持ちでプレーできたことがよかったと思います。
今日は自分的にも高い位置をとって、前の選手と攻撃に絡むようにしていった結果、いい形ができて、危ない場面もあったけど、リスクを負って攻撃していくことも重要だなと改めて感じましたし、それがいいアクセントになったかなと思います。


●山田直輝選手

攻撃は流動的に、厚い攻撃もできたと思うし、楽しくできた。
個人的には後半に簡単なミスが多すぎて、チームに迷惑をかけてしまったので、集中力だったり、日々のトレーニングからしっかりして、天皇杯や、次の大宮戦といった大事な試合も控えているので、そこに向けて、後半までしっかり集中できるようにやっていきたい。

(どのチームと対戦しても、今日のようなサッカーができる手応えというのは?)

できるという自信はありますが、チームの状態が(良くない)状態になってきているので、失点をしてはいけないというサッカーから入ってしまっているし、難しい部分はあります。
でも、今日はこういうサッカーができたし、また次もヤマザキナビスコカップなので、そこでチームで確認できて、自信を持ってリーグ戦に臨みたい。

(あれだけ前にボールが収まった要因は?)
まずターゲットが2人待っていたのと、2人が連動して巧く動いてくれて、そこに後ろがうまく絡めて、厚い攻撃ができていたと思います。


現地参戦された方、お疲れさまでした。
今日の試合…
いつもと見違えるような、選手の動きにビックリ。
コメントを見る限り、やっと開き直れたのかな。
ただ、今日勝ったことで慢心せず、開き直ったまま前に進んで欲しいと思う。
個人的には、オウンゴールではあったけど先制したことで、よりボールをしっかり支配できたことは大きかったと思う。
それと、全体的にボールタッチ数が多かったし、相手の守備も先制された事で多少の混乱が生じて、ボールが良く回っていた。
ただ、チャンスは多かっただけに、追いつかれるまでの間のチャンスは生かしたかった。
そういう詰めの甘さが、今のリーグの状況を招いていると感じて欲しい。
とはいえ、セル・司・ランコ・陽介・直輝の連携は圧巻。
ただ、欲を言えば、セルと司にはゴールが欲しいし、そのための精度はあげて欲しい。
ランコも必ずしもボールの収まりが良かった訳ではないし、その辺の工夫は必要かな。
直輝もまだまだミスは多いし、それがピンチを招くこともしばしば。
ただ、周囲も直輝任せにせず、二の矢・三の矢を入れるべき。
これは元気に対する攻撃陣の動きと一緒で、頼るサッカーをしなければ、むしろ、自立したサッカーが出来れば、もっと厚みのあるサッカーが出来ると思う。
その辺は、選手は自信を持ってやっていいし、元々のポテンシャルを徐々に発揮しつつある状況で、ペトロも変にチームをいじらずに、彼らのフォローをしっかりすべきだと思う。

次は、再度の脚戦。
向こうは手負いの布陣のようなので、ホームで先日の借りをキッチリ返したい。
こうなると選手起用で大事になって来るのは、水曜日の天皇杯2回戦の気がする。
ぶっちゃけ、15日に先発させる選手は全員休ませてもいいと思う。
過密日程というのは、時間が経てば経つほど後から体に効いてくるからね。
タイトルに目が行って欲を出したら、リーグ残留できませんでした…は、止めてよね。
あくまで、カップ戦は『おまけ』であるスタンスは変わらない。
いや、カップ戦が起爆剤となってリーグを勝ち切れれば何も文句は無いのだが…。




「やればできる!」の研究―能力を開花させるマインドセットの力「やればできる!」の研究―能力を開花させるマインドセットの力
(2008/10/27)
キャロル S.ドゥエック

商品詳細を見る




→→→→→→ あなたの一票で決まる、ブログランキング! →→→→→→    


にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://urawaism.blog68.fc2.com/tb.php/1382-a6b7a986
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。