浦和に関するネタを中心に、サッカーネタやコラムを書き綴ってます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011年10月9日(日) 埼玉スタジアム 入場者数:23,879人

浦和レッズ2-1(前半2-0)ガンバ大阪

得点者:21分 梅崎 司、38分 エスクデロ セルヒオ、90+3分 大塚翔平(G大阪)



自分のやること、自分の決定というのは常に浦和レッズのためです、自分のためではありません。
自分は選手としても3年間、ここでプレーをしてきました。
その間にも自分の健康などを犠牲にして、浦和レッズのために全力を尽くしてきました。
それは指導者になっても変わりません。
浦和レッズのために監督としてすべてを捧げる、それだけです。≪ゼリコ≫


【質疑応答(抜粋)】

【この2試合、代表選手も不在でケガ人も多い中、サッカーの内容はすごく良くなっていると思うんですが、決勝に進んだということ以外に、この2試合でのチームとしての収穫は?】

チームとして、一番の収穫に価すると思うのは、前線にボールが収まっているところです。
過去2試合であれば、ランコとセルのキープ率がものすごく高くなっています。
それによって、梅崎や原口、直輝といった選手たちがのびのびと動けてボールをもらえて、特に相手陣でボールをもらえるようになっています。
そうすると相手は怖がってラインを下げてしまう、そうすると自分たちは前からサッカーができて攻撃的に、もっと多彩な攻撃ができるということにつながっている。


●梅崎司選手

自分が点を取った試合は負けか引き分けしかなかったので、この準決勝という舞台で自分が決めて本当に嬉しいですし、レッズに来て一番嬉しかった瞬間でした。
こういう幸せを噛みしめながらやっていますし、もっともっと大きい舞台に立てるのは本当に幸せですし、思いっきり楽しんでプレーしたいと思います。


●エスクデロ セルヒオ選手

ホッとしています。体がきつかったけどチームのためにしっかり戦えた。
諦めない気持ちで戦えて勝利に貢献できた。今日は絶対に勝つと思っていたし、自分が出て勝たせるぐらいの気持ちでいた。
1点目は完璧にトラップができて、入れと思いましたけど、そのおかげでウメちゃん(梅崎)が詰めてくれた。
2点目はウメちゃんのシュートの邪魔をしたと思ったけど入ったのでよかった。
でも3点目が取れなくて、後で1点失って、もっと早い時間の失点なら危なかったかもしれない。
3点目を取ればチームは楽になる。
もっと厳しく、チームとしてやっていきたい。


●柏木陽介選手

良いサッカーができたと思う。
前日から負ける気はしなかった、勝つ気がした。
その中で勝ててよかった。
僕は今日は大して何もしていないけど、チームとして勝てたのがよかった。
今のことを続けていけば全く問題はないと思う。
リーグでも上位にいるという気持ちを持つことが大事なのかなと、今、下だから危ないというのじゃなくて、自分たちは上位だから余裕を持ってプレーする、どうにかそういう気持ちに切り替えてやっていきたいと思います。
メンバーが抜けたりして、出た選手が結果を残して、良い循環になっていると思います。
今は雰囲気良くできている。
(原口)元気が帰ってきても出るところがないぐらいのチーム作りができていると思います。


●濱田水輝選手

ここまできたらタイトルを獲りたい。
4バックとGKでうまくコーチングできていて、相手がフリーで持った時は絶対に裏を警戒すると試合前から言っていたので。
あとは相手のFWのくさびで起点を作らせないことはできたと思う。
そこは自分の持ち味だと思う。
そこをやらせたら自分じゃない。
そこは強く意識してやりました。
中盤がプレッシャーをかけてくれたおかげで、良いボールが入ってこなかったというのもある。
チーム全体で良く守れたという感じです。
精一杯のプレーをしてアピールしようと思っていました。
たくさんのサポーターが来てくれたので、そこで良いプレーを見せたいと思って試合に入りました。



現地参戦された方、お疲れさまでした。
やはり、イイ勝ち方をすると「幸せなスタジアム」になるね。
それを実感した試合でした。
相変わらず、ランコへの「収まり」は良くなかったけど、それを「いい」と言ってしまう監督はどこを見てるんだか。
あと、後半の交代カードの使い方とか見てると、まだこの監督でサッカーを続ける事の違和感というか、恐怖感はあるかな。
まぁ、選手がそれを払拭するくらいの闘いが出来ているから、この状況がリーグ最終節まで続けばいいのだけど。
そうは行かなくなった時に、果たして今のメンバーが流れを上手く引き戻せるか?
あと、今、いい流れで来ているところで、元気を使う事がどうなのか?
個人的には、今の状況なら「定石」よりもチームのバイオリズムを見て、元気を外す英断も必要だと思う。
元気がこの2年間、パスサッカーを志向する中で自分のプレーに迷ってたのは確かだし、そのパスサッカーから解き放たれてブレイクしたのも確か。
しかし、ここに来て、元気のいないチームは昨年まで目指したサッカーで変貌を遂げて、選手にサッカーが楽しいと言わせるまでになってきた。
ただ、左サイドは司の調子が良く、それによってチームに活性化が生まれているのは事実で、チームにとっても、お互いの刺激という部分においても、とりあえず結果の出ているうちは元気をスーパーサブで活用する方がいい気がする。
あとは、ペトロがどういう判断を下すかは彼次第なのだが、この流れをぶった切ってまで自分のサッカーを志向するならそれでもよいが、結果だけはしっかり残して欲しいと思う。




スタジアムの感動を!J's GOALの熱き挑戦スタジアムの感動を!J's GOALの熱き挑戦
(2009/09/02)
Jリーグメディアプロモーション編著

商品詳細を見る




→→→→→→ あなたの一票で決まる、ブログランキング! →→→→→→    


にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://urawaism.blog68.fc2.com/tb.php/1384-578903f8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。