浦和に関するネタを中心に、サッカーネタやコラムを書き綴ってます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
もし自分たちが負けたとしても、それでシーズンは終わりではありません。
自分たちにはリーグ戦の6試合という重要な試合が残っています。
自分たちは戦い続けなければいけないのです。≪ゼリコ≫


【質疑応答(抜粋)】

(ガンバを相手にして、やはり経験、というのが大きな要素になるのでしょうか。良い結果を得るために鍵になるのは?)

経験の差はやはりあると思います。
ガンバは経験のあるベテランの選手が多いということ、準決勝、決勝を戦うには何が必要なのかも分かっている選手たちとの差はあるかと思いますが、それで自分たちが怖がる必要はないと思います。
ホームで戦うわけですから、若い選手や、経験の少ない選手が、自分たちの持っている力を、全力で出して、情熱を表にむきだしにする。
もっと出せた、とか、ああすれば良かったという試合にしてはいけません。
そして一番、重要なのは、こうした状況を楽しむということです。
準決勝に6年ぶりに進出して、そう簡単に何度も立てる舞台ではありません。
そういったものを選手たちは楽しみながら戦わないといけません。
もちろん、ガンバが経験だけかといえば、そうではありません。
非常に早いカウンターがあり、ツートップにはJリーグでもトップといわれるスピードのある強力な選手がいます。
そういった特長はありますが、何度も言いますが、自分たちはホームで戦うという利点を生かすべきです。


とにかく、ここまで来たら勝たなきゃ意味が無い。
ここまで過密日程をこなしてきた意味でも、その力を無駄にして欲しくない。
今は、リーグの事で頭が一杯かもしれないけど、目の前の一勝を目指す!
元気や直輝、峻希の3人がいないのは今季初めてかもしれないけど、その分、水輝やウメ・野田といった、控えで出番を待ってた男たちには大きなチャンスだと思う。
それをリーグに繋げて行くことも大事。
若いチームには「勢い」も必要かな。笑。
ペトロには再三お願いしているが、どうか、この勢いを切らないで欲しい。
それだけ…。




闘うサッカー理論―勝つための戦術とチームマネージメント闘うサッカー理論―勝つための戦術とチームマネージメント
(1995/10)
湯浅 健二

商品詳細を見る




→→→→→→ あなたの一票で決まる、ブログランキング! →→→→→→    


にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://urawaism.blog68.fc2.com/tb.php/1385-791ef9bb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。