浦和に関するネタを中心に、サッカーネタやコラムを書き綴ってます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Jリーグヤマザキナビスコカップ・決勝

2011年10月29日(土)国立競技場

浦和レッズ0-1(前半0-0・延前0-1・延後0-0)鹿島アントラーズ

得点者:105分 大迫勇也(鹿島)

入場者数:46,599人



難しいゲームでしたが選手たちはよく戦ってくれたと思います。
このあとリーグ戦が続いていくので、気持ちを切り替えて、次のこの後の目標に向けて頑張っていきたいと思います。≪堀≫


【質疑応答】

【後半の残り10分くらいで相手も退場になって10人対10人になったんですけど、それ以降のゲーム展開もあまり変わらなかった。その辺の要因は?】

その前に1人少ない状態でやっている中、うまくしのげていた部分があったので、まずそれを継続してみたいということで、続けていきました。
その後に考えていたものもありましたが、ちょっとリスクが高いかなと思い、そのまま継続して、最後に前に人数をかけて対応したりしました。
最後にはパワープレーという形でいきましたが、多少、その辺のアイディアが切り替えのタイミングなど、そういうところがもしかしたらうまくいかなかったのかなと今は思います。


【アントラーズの方が一枚上、とおっしゃいましたが、そこでぱっと思い浮かぶ、一枚上だということの要因は?】

経験といった意味でも、今日の前半のゲームとか、決勝の舞台ということで、選手たちも積極的にゴールにいく意識が強かったと思いましたが、それで多少、引っかけられてしまって、カウンターを受けました。
それも想定はしていたものでしたが、そういう形が僕の思っていた以上に多かったかなと思います。
それを選手たちが、もうちょっと余裕を持ってというか、どこからいつのタイミングで、ゴールを目指していくのがいいのかという判断、その辺のことがもう少し、僕の方でも伝えられればなと思ったところが一番です。


【3人目の交代ですが、1点取られていて延長の後半で、ベンチには外国人のFWの選手がベンチにいました。あの交代はどういうことを考えてのものでしたか】

まず一つは山田暢久が体の方が大変になっていて、ちょっと前からそういうところがありました。
その交代のタイミングが悪かったのかなと、もうちょっと早くやっておくべきだったというのが一つです。
その後に濱田を前に上げるということを考えていた中で、DFの人数を一枚減らし濱田を上げようと考えていたので、攻撃の選手を入れてしまうと後ろの方の安定感を考え、さらにここでもう1点失点というのはきついというのがあって、坪井の経験とかディフェンス力というのを含めて考えて、交代しました。



正直、お互いに決め切れなかった試合ではあるけど、最後は、セルフジャッジによって選手の動きが一瞬止まったところを突かれた気がする。
そういう意味では、浦和の選手に甘さがあったし、勝利に対する執着心というか、最後まで諦めない心がどれだけ重要かが見えた。
ただ、根本的には、過去からの経験の積み上げの差だと思う。
後半の早い時間に直輝をピッチから失ってしまう事もきつかったと思う。
これは単に1枚欠けるという部分よりも、その後の戦術的な交代に大きな影響を与えると思ったからだ。
最後の暢久→ツボへの交代のタイミングについては堀さん自身も「後手」になった事を認めてるね。
いろいろな意味で浦和の「若さ」がでてしまった試合だったと思う。
鹿島に負けた事は悔しいが、この経験が転換期となってクラブとチームがしっかりした基礎を作ってくれる事を望む。
そして、残るはリーグの残留争い…
残り4つはメンツが欠ける事が確定してるので、非常に厳しい闘いになるけど、とにかく残るために一戦必勝。
最後まで闘っていこう!




2003 Jリーグヤマザキナビスコカップ 浦和レッズ カップウィナーズへの軌跡 [DVD]2003 Jリーグヤマザキナビスコカップ 浦和レッズ カップウィナーズへの軌跡 [DVD]
(2003/12/19)
浦和レッドダイヤモンズ

商品詳細を見る




→→→→→→ あなたの一票で決まる、ブログランキング! →→→→→→    


にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://urawaism.blog68.fc2.com/tb.php/1409-98f6bd02
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。