浦和に関するネタを中心に、サッカーネタやコラムを書き綴ってます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
●山田直輝選手

判定どうこうよりも、チームに申し訳ないという気持ち。
中にいる人たちに任せるしかなかったので、すごい悔しかった。
でも、僕がチームに迷惑をかけたので、ごめんとしか言いようがなかった。

【Q:試合後に選手たちと抱き合い、こみあげてくるものもあったようだが?】

1人1人に「ごめんなさい」と声をかけたけど、誰一人、僕を責める人はいなかった。
ウメさんには「これからもっとうまくなろう」と声をかけてもらって、啓太さんには「しっかり相手の顔を目に焼き付けておけ」と言われた。

【Q:試合の印象は?】

みんな、がんばってくれた。
反省しないといけないのは僕だけ、みんな最後まで戦っていた。
ここからまた浦和のために戦い続けないといけない理由ができた。


●柏木陽介選手

10人で試合をしたことは何回もあった。
相手が退場してからも相手が1人多いかのような試合だったので、それが負けた原因だと思う。

【Q:次につながりそうか?】

これが全てじゃないし、まだリーグがあるので残留に向けてがんばっていく。
準優勝という結果もすばらしいことだと思う。
残り4試合、チームが1つになって全力で戦っていきたい。


●加藤順大選手
10人になってからキツかったけど、みんな本当にがんばっていた。
直輝の分も戦った。
結果は残念だったけど、チームに対する思いは強かったと思うし、この気持ちを今シーズンの全ての試合で出すことを約束する。


●エスクデロ セルヒオ選手(浦和)

1人少なくなって受ける時間が続いて、向こうが退場したあともそのままの状態になったのがもったいなかった。
ただ、やりたいことはしっかりしているし、僕らが前半にやったサッカーはすごい魅力あるサッカーだったし、次のリーグでもやれるよう切り替えるしかない。
優勝できなかったのは残念だけど、僕らには勝っても喜んでいる暇はないし、次の磐田戦にぶつけられるよう切り替えるのみ。
自分としてはいい準備してスタメンを取れるよう、次こそは点が取れるようにがんばっていきたい。


●濱田水輝選手

たくさんのサポーターが来てくれたのに結果が出なくて申し訳ないし、すごい悔しい。
入りは特に集中して入ろうとみんな言っていて、悪くはなかったと思うけど、退場者が出てしまって、そこから守り一辺倒で体力が消耗して、相手が退場して同数になった時も攻め上がる力が足りなかった。

Q:鹿島の印象は?
絶対に先制点を与えてはダメだと思って入ったし、途中まではできていた。
こちらが数的不利になってからも守れていたのでこのままいけるかと思ったけど、やっぱり相手はうまかった。


●平川忠亮選手

何回か攻撃もできていたけど、疲労は厳しかった。
鹿島は1人多い時、パスをうまく回して隙間を狙うという、本当に鹿島らしいサッカーだった。
最後のところで防ぐのが精一杯というシーンがあったし、その辺はさすがだと思った。


●高橋峻希選手(浦和)
ウォーミングアップからたくさんのサポーターが来ているなと思いながらやっていたし、誰でも味わえる雰囲気ではないと思った。
本当なら勝って帰りたかった。

Q:久しぶりに高めの位置でプレーしたが?
公式戦では初めてで、緊張はなかったけど、久しぶりで最初はミスが結構あったし、まだまだだなと思った。


●小島秀仁選手(浦和)

満員のスタジアムでできたし、本当にいい経験だった。


●鈴木啓太選手(浦和)

前に前にと急ぎすぎていたと思うし、もう少し無駄なパス、速い無駄なパスが必要だったかなと思う。
前半が終わっても焦る気持ちはなかったし、慣れていって、こっちのペースになる時が来るだろうと思っていたけど、そのなかで1人少なくなってしまったのが残念だったというか、そこから重心が後ろになってしまった感じがある。

【Q:表彰式の際に山田直輝に「相手の顔を見ておけ」と言ったそうだが、若手にとっていい経験になったと思う?】

若い選手が気負っているというのは、スタジアムの外にいても感じるくらいだったと思う。
「俺がやってやる」という気持ちの選手がたくさんいたと思うけど、その気持ちはものすごく大事だと思う。
それがなくなったら選手として成長しない。
それが勝ち負けを分ける部分になるということは選手たちも理解したと思う。


●梅崎司選手
切り替えがすごい大事だと思うし、それはどの監督、どのやり方でも同じだと思う。
ボールを取った後にしっかりキープして、カウンターができなければ遅攻でしっかりボールを回していくという判断を個人としてもチームとしても上げていかないといけない。

●永田充選手

鹿島はボールの回し方がうまかった。
僕らも回してはいたけど、向こうは状態がいい時にクサビを打ってくる。
僕らは厳しい時に打って、相手に取られてディフェンスするという状態が続いていた。
そこが相手と違っていた。

【Q:鹿島に退場者が出て数的同位になったあとも相手のペースが続いていたが?】

数的不利の30分間で体力の消耗が激しかった。
前の選手も後ろまで戻ってきてくれていたし、同数になった時でも前にいく力がなかった。
しょうがないことだけど、体力を奪われすぎた。

【Q:引いて守る形が多かったが?】

前からいくという選択肢もあったけど、守れていたので戦い方をあまり変えたくなかった。
それで前からいくことをしなかったけど、結局1点やられてしまった、それが全て。


●原口元気選手

鹿島は強かった。
判定どうこうじゃなくて、全体的に押し込まれていたし、今日は鹿島の方がよかったというだけだと思う。
前を向いて仕掛けるシーン自体が少なかったし、もう少し落ちついてできればよかったけど、全体的に浮き足立っていた。

【Q:表彰式で浦和の選手たちは相手のことをじっと見ていたが?】

「相手の顔を見ておけ」と言われていたし、今日味わった悔しさを忘れずに、これから自分たちが強くなっていけばいい。
今日は鹿島の方が強かったけど、これから先はまだわからない。
まず残留して、またこのピッチに戻れるようにがんばりたい。

【Q:仕掛けるシーンが少なかった原因は?】

前を向いてボールを受けられなかった。
そういうシーンがなくて、守っている時間が長かった。


選手たちには「お疲れさま!」と言いたい。
とにかく、この試合を糧にして残留→来季に捲土重来を期せばいいと思う。
90分は互角に戦えていたけど、延長は完全にガソリン切れだった。
要は「走り負け」してたし、クラブ・チームとしての積み重ねの差だと思う。
クラブ・チームとしての積み重ねはこれからのフロントに課せられた問題でもある。
とにかく、今季の残りは残留を決めるのが第一。
その後に、いろいろ話をしたいよね…

さて、この試合の最大の問題点は審判が試合を壊した事。
そんなに荒れた試合じゃないのにカードを出す必要性がどこにあったのか?
日本の審判はカードに頼る人が何人かいるけど、この試合を作る上で必要だったのだろうか?
リーグ杯の決勝で両チームに退場者が出るほどの試合だっただろうか?
いくつもの疑問符が残る、そして、審判自らが試合の品位を落としてしまった残念な試合でもあった。
こういう試合が、Jリーグから少しでも無くなってもらう事を切に願いたいと思う…。






経験からの学習-プロフェッショナルへの成長プロセス-経験からの学習-プロフェッショナルへの成長プロセス-
(2006/06/23)
松尾 睦

商品詳細を見る




→→→→→→ あなたの一票で決まる、ブログランキング! →→→→→→    


にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://urawaism.blog68.fc2.com/tb.php/1410-d203ad53
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。