浦和に関するネタを中心に、サッカーネタやコラムを書き綴ってます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
明日は天皇杯の試合ということで、この先に続く大会で、天皇杯という意味においてもそうですし、まだリーグ戦も続いているので、そこに向けても良い流れができるようなゲームをやりたいと思っています。≪堀≫


【質疑応答(抜粋)】

【しばらく試合がなかったがこの期間に練習で取り組んだことは?】

監督になって最初の試合は、すぐにゲームが来たという状況で、その後もゲームが続いていたので、全員が同じ方向を向いてやっていこうという中で、時間がなかったことで多少のずれというのもあったと思います。
攻撃でも守備でもそういった、ずれというか、意識の再確認、再統一を図るためにこの期間を使ってきました。
選手たちには、今の状況でしっかりやろうというメンタル的なものはあったと思いますが、それ以外のところで、多少、時間がない中で、全員が完璧に一緒だったとは思えない部分もあったりしたので、そういうところを中心に時間を使いました。


【今日の練習ではユースの選手が4人いましたが?】

天皇杯をやるにあたって、今、体調を崩している選手とか、ケガをしている選手、ケガから回復してきた選手がいます。
そういう状況の中で、うちのクラブにはユースの選手もいるので、トップチームに加わってもらいました。
試合に出るかどうかというのはまだ分かりませんが、そういうところに加わってきて欲しいということが一番の意図です。


【ジュビロ磐田戦のように前からプレッシャーをかけられたときにどういうふうにしていくのか、そのイメージは? また、アンカーの両サイドを使われたときの対処について、その修正は?】

ビルドアップについては、今までやっていたアイデアにプラスして、ほかの方法もあるんじゃないかということをこの期間を利用して、いくつか選手たちと作ってきたつもりです。
それから、アンカーの横を使われたというのは、どういう状況で使われたっていう印象を持たれているのかちょっと分からないですが、そういう場面において、自分たちがそこをケアする方法というのも、選手たちとまた確認しました。
いくつかのシチュエーションがあると思いますが、そういうときに備えて、こういうことをしなければいけないということを選手たちとやってきました。



さて、緑虫戦。
何だか「緑虫」って書くのも久々のような気がします。
もう、遠い存在ですね。
このまま、遠い存在でいて欲しいです、ハイ。
さて、この試合はリーグ戦で控えのメンバーが中心となって、ユースからも4名ベンチ入りしましたね。
正直、「勝負!」というより、チャンスを掴め!という感じでサポートしたいと思います。

当然、負けていい戦いなど無いし、勝つ事が前提です。
しかし、試合の位置づけ的には、リーグ残り3戦の「帯同メンバー」に残れる『最後のテスト』だと思います。
それが「残りの試合へのいい流れを作る」という堀さんのメッセージかと。
とにかく、この試合、選手には闘う姿勢を前面に出して欲しいと思います。




勝利を求めず勝利する ― 欧州サッカークラブに学ぶ43の行動哲学勝利を求めず勝利する ― 欧州サッカークラブに学ぶ43の行動哲学
(2010/04/20)
ラインハルト・K・スプレンガー

商品詳細を見る




→→→→→→ あなたの一票で決まる、ブログランキング! →→→→→→    


にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://urawaism.blog68.fc2.com/tb.php/1429-9762c71d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。