浦和に関するネタを中心に、サッカーネタやコラムを書き綴ってます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【フィンケ重要発言】

ここで私はあと3つのことをお話ししたいと思います。

まず1つ目、自分にとってはやはりホームでたくさんの勝ち点を奪うということがとても大切でした。
昨年のシーズンのことをもう一度思い出してください。
浦和レッズというチームはこの埼玉スタジアムで200日間以上にわたってホームで勝利を収めることができていませんでした。
私にしてみれば、このファン・サポーターの前で、この自分たちのホームのスタジアムでたくさんの勝ち点を奪うということがとても大切だと思っていました。
今シーズンに入ってからの、この埼玉スタジアムでの結果は非常に優れているものだと思っています。

2つ目ですけれど、このチームが私のやり方とともに新しい道を進もうとしている、そして新しい道を進みながら、非常に早い段階で結果を残している。このことは本当に評価しなければいけないことだと思っています。
世界中見渡しても、このような新しい道を進み始めるときには、結果を残すまで、1年から2年はかかるものです。
それを私たちは、初年度の17節でこのような結果を残している、これを私は非常にポジティブに評価するべきだと思っています。

最後の3つ目になりますけれども、私は数人の選手たちを本当に誉めたたえなければいけないと思っています。
なぜかというと、もちろん私たちの新しいやり方、それからケガ人の状況などによって、多くの選手たちが、彼らがそれまで経験していないようなポジションでプレーしなければいけませんでした。
しかしそれでも彼らは非常に優れたプレーを見せてくれているわけです。
ですので、私はここまでの仕事に関しましては、とてもいい形の印象を受けていますし、もちろん、まだ目の前にはとてもたくさんの仕事があるという事実はありますけれども、毎日のここでの仕事に関しましては、とても多くの喜びと楽しみを感じています。

私はまだ日本に来て数ヵ月間ですけれども、もうすでに2人目の社長を経験しています。
それから、トップチームの周辺に関しましても、さまざまな変化がありました。
いろんな人事もありましたし、もちろん私という新しい監督もこのチームに来ました。
新しいチ-ムダイレクターが就任しました。そして新しい選手を買うことはしませんでした。
即戦力として試合に出ることができる、『完成された選手』を買うことはしませんでした。
その代わりに、非常にたくさんの若い選手たちをどんどんこのチームに入れていったわけです。
そして彼らが今、どんどん成長しているわけです。
ですので、私の考えとしましては、皆さんにとってもそうですし、観客の方にとってもそうですけど、このスタジアムへ来る価値があると思います。
なぜかというと、このチームがどのような形で今、成長しているのかということを、本当に肌で感じることができるからです。
ですので、私が一つ言いたかったこととは、私たちが今、Jの順位で2位になっているということに関して、ここで謝る必要はないということです。


フィンケがこのように発言する時は、マスコミ報道を過熱にさせないように先手を打っている時です。
なので、みなさんも【重要発言】は要チェックです。
俺も、今年に入ってフィンケのインタビューをすべてチェックしていますが、彼のやり方をかなり理解してきたつもりです。
いや、きちんと彼のインタビューに耳を傾ければ誰にでもわかる事なのです。
就任してから前半戦の総括として、フィンケの言うように俺も出来過ぎかなという気がします。
もっと言うと、戦術の浸透度に比べて勝ち点が多過ぎかなと。
俺も含めてなんですが、若干今の位置や勝ち点に勘違いしないよう自戒の念をこめて…
確かに、勝つ事は大事だし、その麻薬を知っている俺達はそれによってしまう可能性はかなりの確率で大きい。
しかし、戦術が浸透していないのに勝ってしまう事で、改革が遅れる恐れもある。
そこは十分に気を付けなければならない。
元々、この力は高いチームだし、それだけに、「勝つ=チーム力が上昇した」と一概に言えない部分を注意したい。


↓読んだらクリックお願いします!

にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://urawaism.blog68.fc2.com/tb.php/144-999eb309
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。