浦和に関するネタを中心に、サッカーネタやコラムを書き綴ってます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
●柏木陽介選手

ゴールどうこうより、プレーそのものがよくなかった。
完敗だったし、しょうがない。
レイソルは1年を通してしっかり戦って結果を残したから、ああやって喜べる。
レッズもそういうふうにしていかないと。
目の前で優勝を見たのはいいことじゃないけど、経験としてはいい。
この悔しい思いを次につなげたい。


●平川忠亮選手

まずは目標だった残留をしっかりと決めることができたのはよかったが、この順位にいてはいけない。
必ず修正して来年は今年と違うレッズを見せられるようにしたい。
一気に上位というよりも、少しずつステップアップして徐々にいいチームに作り上げていけばいい。

●原一樹選手

1トップで入ったので裏を狙おうと思ったが、もっともっと走らないといけなかった。
少し距離があってなかなか出られなかったが、指示は裏に出していこうというものだった。


●山田直輝選手

相手のプレッシャーのかけ方がうまくて、前にボールが運べなくて間延びしていたので、難しい試合だった。


●永田充選手

前半は相手のプレスにはまってしまった。
後半のサッカーを前半からやりたかったが、人もボールも動かなかった。


●梅崎司選手
すごいもったいない立ち上がりだった。
後半はビハインドの状況だったし、前向きの交代だったし、1点を取ったあとに2点目が取れていればよかった。
内容を見てもゲームを見ても、明らかに完敗だった。
試合を通してみれば、もっと失点していてもおかしくなかった。
個人としても課題を感じたし、もっともっとちゃんとしたプレーができるようにならないと。


●鈴木啓太選手

今季、自分たちがいい形で戦えていなかったし、最終節はスタジアムはいっぱいになるということで、自分たちのサッカー、いいものをサポーターに見せたいと思っていた。
前半は悪かったので、もう1度やるべきことに戻ろうと話した。
相手の得意の形に持っていかれていたので、修正しようと話した。



まずは、選手のみんなには「お疲れ様!」を言いたい。
それぞれに思うところはあると思うけど、ヒラが言っているように「残留」で満足していてはダメ。
むしろ、残留争い疲れがこの試合に一気に出た感じがする。
それと、負け試合の選手の感想はいつも同じ。
攻撃陣はDFの押し上げを含めた選手同士の距離の問題、DFはボール支配の問題を上げる。
今季、この問題を引きずったまま闘ってた。
点と点を結んで線になるのに無理矢理、線を作ろうとしたり、線が作れないから点での勝負になる。
そして、ミスからボールをカットされて逆襲に遭うパターンを繰り返してた。

厳しい事を言えば、点を線に変える発想が乏し過ぎる。
サイドで攻撃を仕掛けても角度的には180°、いや、前をだけを見たら89°しか使えないのだ。
あくまで、サイドは起点なのだから、勝負をする場所ではない。
如何に起点から中央の前へ送るかのスピードを上げることだと思う。
中央にボールが出てから、いかにボールを支配して捌くかという技術が生きるのであって、サイドに固執して勝負を掛ければ、中央の人数が足りなくなるのは毎度の事。

点を線として作りやすいのは、やはり中央なのだ…前という観点からいえば178°使えるのだから。
それに、サイドを起点として中央に送れば、両サイドを再び使う事が出来、選択肢が広がる。
守る方も、サイドを対応すれば守備がサイドに引っ張られざるを得ないし、真中を固めようとすればサイドが緩くなる。
そうすれば、緩い方に人数を掛けバイタルエリアで勝負する事も出来る。
攻撃はこの繰り返しだと思う。

それと、この試合は特に顕著だったが、とにかくシュートを枠に向けて打つ事。
打つ事が第一、そしてシュートの精度を上げる事。
フリーなのに打たないで、ゴールの確率を上げようとしているためか、自分より厳しい守備網を敷かれている前の選手に無理やり送ろうとする。
この試合のシュート数を比較すれば、この順位差も明らか。

まぁ、俺はサッカー経験者じゃないけど、ラグビー経験者。
で、そこで学んだのは、上記で述べたように、サイドで起点を作り、中央からアタックを仕掛ける事で、プレーの選択肢を広げる。
サイドでプレーしていれば相手の守備ブロックも作りやすい。
それに、中央でプレーされるのは守備する方も対応が難しくなる。

逆に言えば、浦和はそこを徹底的に突かれていた。
アンカーの両サイドはどのチームも穴になるのは分かっていたし、浦和もそこを分かった上でカバーさせる方策を取った。
堀さんになって、ツボを使って、守備でそれが上手くハマった試合に結果を出していた。
ただ、上手く行った試合はそこを徹底的に攻めてくるチームではなかったし、柏のように柔剛使い分けながら、ワグネルとレアンドロのような、個の力で上回られる強力攻撃陣に支配されると、太刀打ちが出来てなかったのも事実。

個を重視するあまり、組織的な動きを破壊した前監督のサッカーからの脱却には時間が足りなかったかもしれない。
とはいえ、今季はいろんな意味で選手もクラブもいい教訓になったシーズンだし、来季に向けてやる事は分かってるのだから、このオフにしっかり反省して来季に備えてもらいたい。
その前に、天皇杯もあるし、少ないながらも時間があるのだから、しっかり修正→発展させて欲しい。

サポの立場でいろいろ御託を並べたが、やるのは選手。
我々はあくまでサポートするのみ。
これからもしっかりサポートさせて頂きます!




負けに不思議の負けなし〈完全版〉 下 (朝日文庫)負けに不思議の負けなし〈完全版〉 下 (朝日文庫)
(2009/03/06)
野村 克也

商品詳細を見る




→→→→→→ あなたの一票で決まる、ブログランキング! →→→→→→    


にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ





スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://urawaism.blog68.fc2.com/tb.php/1443-d244ee68
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。