浦和に関するネタを中心に、サッカーネタやコラムを書き綴ってます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
明日の試合はホーム最終戦ということで、いつも力を与えてくれているサポーターのために、そして自分たちがしっかり勝ち点を取ることで、自分たちの力でJ1に残留できることが分かっているので、そういった意味でも集中して良いゲームをして、良い結果を出したいです。≪堀≫


【質疑応答(抜粋)】

【柏レイソルは優勝がかかっていて、かなりモチベーションも高く臨んでくると思いますが、どういったゲームプランで臨みますか?】

積極的に来るんだろうなということがありながら、レイソルはいつも、試合の状況によって、ゲームをしっかり見極めて、さまざまな戦い方ができるチームだということで、それを僕たちもしっかりと見ながら、かといって相手に合わせるだけではなく、自分たちもホーム最終戦ということで、先ほども言いましたように、自分たちの力でしっかりと残留を決められるということ、それにプラスして、ほかのゲームの結果によってはさらに順位を上げることができるかもしれない、そういうことを自分たちのモチベーションにしてゲームを運んでいきたいです。


正直、柏の優勝を目の前で見たくない!

最終節は、この一点に尽きます。
要は、優勝可能性のあるチームの現状を考えれば、柏から『勝ち点を上げる事』が最大のミッションになると思います。
それが、すなわち残留を「自力」で確定させる事にも繋がる訳です。
残留についてはほぼ確定していますが、本当の意味で確定させるなら、勝ち点1を取ればいいのです。
そして、脚や鯱のどちらかが勝てば、柏の優勝を見なくて済むのです。(とはいえ、上位3チームが揃ってドローor負けだと意味が無いのですが…)
とにかく、リーグ対戦成績で同じ相手に2試合とも「負け」というのは完全に実力差を証明してしまう訳だし、厄介なのは、妙な苦手意識が出来てしまう事。
中期的な視点に立っても、大事な試合だと思います。
今季、2敗を喫しているのは神戸と清水です。
清水は昔から「魔の東海シリーズ」と言われているぐらいですから、その代表格。
神戸にも意外と苦手意識はあるかもしれません。
特に、昨季はシーズン中に監督交代したチームで唯一残留できたのは神戸で、しかも最終節には浦和がミラクル残留をアシストした苦い経験があります。
そういう、「負の遺産」を残さないためにも、しっかりと勝ち点をGETできるよう闘いましょう。




勝利のチームメイク (日経ビジネス人文庫 グリーン お 4-1)勝利のチームメイク (日経ビジネス人文庫 グリーン お 4-1)
(2008/03)
岡田 武史、平尾 誠二 他

商品詳細を見る




→→→→→→ あなたの一票で決まる、ブログランキング! →→→→→→    


にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://urawaism.blog68.fc2.com/tb.php/1444-aedd9f17
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。