浦和に関するネタを中心に、サッカーネタやコラムを書き綴ってます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
浦和レッズは2011シーズンの総括をまとめましたので、その概要をお知らせ致します。
12月17日(土)に再開する天皇杯という大切な闘いが残っており、天皇杯には全力で臨みます。
しかしながら、シーズン全体についての早期の検証が必要と考え、公表させていただくこととしました。

[はじめに]

2011シーズンは年初に「結果と過程の両面を追求する年」と位置づけ、Jリーグ制覇を目標に掲げ、指導体制並びに戦力の刷新を図って臨みました。
リーグ戦はJ1残留を果たしたものの15位で終了しました。
ヤマザキナビスコカップ(YNC)では7年ぶりに決勝に進出し準優勝となりましたが、非常に厳しいシーズンとなりました。
「強くて魅力あるチーム」「地域の誇りとなるクラブ」を目指し続けるという大きな方針に向けた歩みを停滞・後退させてしまったことは否めません。
東日本大震災の影響はあったものの、入場者数が4年連続で減少したことに現れており、クラブに対する信認が大きく低下したことを重く受け止めています。
クラブ・チームが進む方向性を含め数多くの課題が残りました。
この反省を糧に、来シーズンは再建・再生に全力を傾け、実現して参ります。



そもそも、結果と過程の両面を追求する年の指揮官がゼリコだという理由が不可解だった。
過去、7年で結果を出せなかったばかりか、選手との不和・成績不振なども含めて6度もクラブを変わっている人が「結果と家庭の両面を追究する」にふさわしい人材なのか?
いや、監督探しも相当困難を極めたのは、スポ新報道だけでも何となく分かっていた。
北野氏が南米に行って交渉した某代表監督は、W杯後も指揮を取ることが決まってた様であえなく撤退。
(W杯後、その方は後ろ盾だった協会会長が失脚しフリーになる)
後日談として、大将が実は10月にオファーを受けてたとか、他にも日本人や外国人候補にも声を掛けていたとか…
そういう事実だけ見ても、決して「意中の人」では無かったと分かってしまう。
各所でゼリコ本人が「クラブの人間とは事あるごとに話していた」「何故、俺を呼ばない?」とまで言っていた。
要は、強化担当が行き詰った末に出したのが、「ゼリコ」という結論だったのだろう。
で、クラブに対する信認が低下した原因が何なのか?
確かに結果も大きな要素だろう。
しかし、それだけとは思えない。
簡単に言えば「夢のあるクラブ」とは程遠い姿になったのが大きな要因ではないだろうか?
観客数の低下だけじゃない。
外部からの新人選手獲得でも、大きく水をあけられたことからも言える事だと思う。




反省反省
(2002/12/04)
安全地帯

商品詳細を見る




→→→→→→ あなたの一票で決まる、ブログランキング! →→→→→→    


にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://urawaism.blog68.fc2.com/tb.php/1468-979a6371
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。