浦和に関するネタを中心に、サッカーネタやコラムを書き綴ってます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[クラブ]

クラブについては、「地域の誇りとなるクラブ」を目指したホームタウン活動やスタジアムでのホスピタリティ向上などの活動を進めつつ、「経営面での筋肉質なクラブ」づくりを目指しました。
ホームタウン活動は、クラブスタッフがAll Come Together!の活動を通してホームタウンの方々とのコミュニケーションを深める等積極的に取り組みました。
レッズランド、ハートフルクラブ、浦和レッズレディースは、スポーツ文化の構築には不可欠であり継続します。
今後はより多くの方々に参画していただき、一緒にスポーツ文化をつくっていけるよう推進していくことが大切です。
スタジアムでは、飲食ショップの運営の改善をスタートさせました。テーブルシートの創設等席種の改良を実施しました。
シーズンチケットに関しては、来シーズンの更新分から、席種・枚数・名義等の変更を受け付けることにしました。
ただ、スタジアムでの賑わいづくりやシーズンチケットホルダーの皆様との絆づくりはまだ課題が残っています。
例年開催してきたレッズフェスタについては、会場の都合や東日本大震災の影響等で開催出来ませんでした。
改めてお詫び申し上げます。
今年は3月11日に東日本大震災が発生しました。
Jリーグはシーズンを無事終えることが出来ましたが、多くの方の命が奪われ、また、復興には今後も相当の時間がかかると見込まれます。
浦和レッズは、義援金募集活動を行いました。
街頭やスタジアムでの活動はもちろん、試合減によるシーズンチケットの代金払戻分等ファン・サポーターの皆様から多くの義援金をお預かりしました。
クラブや選手・スタッフからの義援金やチャリティセール売上の一部とともに、これまでに5,710万円を被災地にお届けしました。
また、ファン・サポーターの皆様を含めた有志の方々のご協力で、被災地に対する物資支援も行いました。
このほか、ハートフルクラブは岩手県の被災地を訪ねる支援プログラムを計7日間実施したほか、埼玉県内の避難所も訪問しました。
支援活動は長い期間の取り組みが必要であり、来シーズン以降も行っていく必要があります。
リーグ戦のホームゲームでの1試合平均入場者数は33,910名と昨シーズン比6,031名減少しました。
入場料収入の依存度が高い実質的な「市民クラブ」であることで分かる通り、入場者数は最大の指標です。チームの不振や東日本大震災による影響もありましたが、「誇りあるクラブ」づくりについても、失敗が続いていると総括すべき1年でした。
チーム・クラブともに大きな方針を実現できず停滞・後退したことによる経営的な悪影響に対しては、効率的な経営を図り減収分を吸収する等努めました。
ここ数年は、筋肉質で効率的な経営体制とすることに着目してきましたが、一定の成果がありました。
一方で、浦和レッズは夢・希望・幸せを提供しながら、ホームタウンの皆様と共に歩むことに存在意義があります。
入場者数減少は存在意義の低下を意味する重大な問題点であると肝に銘じなければいけません。
経営体質の強化は継続しつつも、今後はクラブの存在意義を追求するという原点に着目した取り組みを加速し、一人でも多くの方が、浦和レッズに夢や希望を感じ、仲間と一緒に共に将来の浦和レッズづくりに参加・参画していきたいと思われるようなクラブづくりを行います。
2012シーズンは、クラブ設立20周年を迎えます。この機会を活用して浦和レッズを取り巻く方々と共に歩んでいく活動を活発化させる決意です。
記念イベントだけに終わらせるのではなく、20年の節目に立ち会った者として「この街に浦和レッズがある幸せ」の輪をさらに広げて、次世代の人たちへ繋げていきたいとの“おもい”を具現化すべく、現在クラブ内にプロジェクトチームを設置し具体的検討を進めております。
例えば、継続年数に応じシーズンチケット保有者の皆様との関係を深めたり、ファン・サポーター、ホームタウンの皆様と意見交換や活動を共にすることで絆を深めたりする方策を検討しています。
社名を現在の「三菱自動車フットボールクラブ」から「浦和レッドダイヤモンズ」等に変更することもテーマに乗せ、皆様が「浦和レッズは自分達のクラブ」との思いが強まるような取り組みを進めます。




先日書けなかった続きを…
一つ言いたいのだが、浦和レッズが「夢・幸せ・希望」をもたらす存在になるとあるが、浦和レッズの職員・選手・スタッフは、今のクラブ状況が誇りを持って「夢のあるクラブ」と言えるのだろうか?
それが全ての原点だと思う。
それが無ければ、サポは到底それを感じる事は出来ない。
さて、「経営面で筋肉質なクラブづくり」とあるが、実際にそうだっただろうか?
ぶっちゃけ、今季の補強は結果を見る限り、本来の補強ではなく、名ばかりだったと言える。
これは選手の責任ばかりでなく、フロント主導で行った後のチームへのフォローが無かった事も同じ事だ。
マルシオや永田・原といった大型補強をしたものの、3人とも前在籍チームの活躍とは程遠い結果になった。
監督の意向に沿わない「名ばかり」の補強が、結局は、チームを路頭に迷わせる一つの要因にもなったと言える。
それと、「筋肉質」にするためのカネ稼ぎが、チームの得点力を失わせる結果になるとは夢にも思わなかった。
ランコも当初は期待感を漂わせていたが、結局は、ナビでの一時的な活躍は見られたものの、リーグでは無得点という「点取り屋」としては割に合わない「契約」になってしまった。
そういう部分では「経営面=カネ」だけが独り歩きして、本来の「筋肉質」とは遠くかけ離れた状況になったと言える。
来季は、クラブ創設20周年ということでいろいろ書いているが、ぶっちゃけ、そこまで言うなら、クラブが一体となって今までの「守りの姿勢」を改善すべく、ある意味、なりふり構わず前に進む姿勢を見せて欲しい。
まずはクラブがそういう姿勢を見せなければ、サポが変わるのは所詮無理な話だ。
いや、サポがいくら頑張ってもクラブが答えなかった結果が「今」である事を名実ともに肝に銘じて、実行に移して欲しい。
「三菱」から「浦和」に変える事は大いに賛成だが、暖簾が変わっても中身が伴わなければ、むしろ、「浦和」を名乗る事が「浦和」の名を汚す事になる。
そういう意味でも、クラブはいい意味での「緊張感」を持って運営する事を切に願うばかりだ。




浦和再生 レッズスタイルの行方浦和再生 レッズスタイルの行方
(2010/03/30)
島崎 英純

商品詳細を見る




→→→→→→ あなたの一票で決まる、ブログランキング! →→→→→→    


にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://urawaism.blog68.fc2.com/tb.php/1470-e8404ae4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。