浦和に関するネタを中心に、サッカーネタやコラムを書き綴ってます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012年4月21日(土)18:33キックオフ・NACK5スタジアム大宮

大宮アルディージャ2-0(前半2-0)浦和レッズ

得点者:8分 チョ ヨンチョル(大宮)、27分 ラファエル(大宮)

入場者数:12,709人



【ミシャ語録】

上に上がっていくまでには非常に厳しい道のりであり、それは我々の宿命であると私は思っています。
ただ、私自身、我々の行く道はしっかりと見えていますし、必ず、我々はそういった道のりを乗り越えて、上に上に向かっていけるはずだと私は思っています。




【質疑応答】

(1点目も2点目も相手の左サイドから破られての失点でしたが、サイドの守備で相手の狙いや、何か気になるところは?)

相手の左サイドがストロングポイントであることは分かっていました。
チョ・ヨンチョル選手、左サイドバックの下平選手、彼らが攻撃で良いものを持っているのは分かっていましたし、我々もそれには気を付けていました。
1点目の失点に関してはうちが余っているような状況でしたので、うまく予測していれば対応できていたと思います。
2点目のクロスに関しては、槙野の頭を越えてラファエル選手がヘディングシュートをしましたが、決して防げない点ではなかったと思います。
ベンチから見ていて、あそこにパスが出るだろうなと予測もできました。
ただ、うちの選手が相手よりも先にそれを予測して動くことができなかった。
坪井も阿部も永田も、あの場面では防げるポジションにいました。
もし私がベンチから飛び出していって防げるのであれば、そうしたかったくらい、予測もできていましたが、うちの選手は予測できなかった、だから反応が遅れた。
そういった意味では選手は試合の展開の中で、状況を早く察知して相手の攻撃の芽を摘まなければいけないのでしょう。
坪井、阿部、永田に関してもインテリジェンスがある選手なので、予測能力というものも持っている選手だと思います。
ただ、あの場面では、相手よりも先に反応することができなかった。
そういったものはあってはならないと思いますが、ただ、起こってしまうのがサッカーだと思います。


(おっしゃるとおり後半はチャンスを作っていたが、ロングシュートやアーリークロスなど、仕掛けの変化という考え方については?)

ロングシュートを狙っていくというのも、あのように、DFがしっかり守備を固めている中での一つの打開策としてあると思います。
阿部も狙っていましたし、マルシオもそういったシーンがあったと思います。
相手は中を固めてきていたので、平川や梅崎を使い、クロスからランコのシュートということを狙って投入したわけですが、試合の中で、そういったランコの中での強さというのを生かし切れなかったのは確かです。
大宮はGKだけでなく、DFもゴール前に2人立っていたような形でしたので、ゴールするのはなかなか厳しいゲームでした。


●柏木陽介選手

(今日の相手の印象は?)

あそこまで相手が引いてくるとは思いませんでした。
攻撃の時に中へ中へと行きすぎた部分があったかもしれません。
もう少しサイドからゲームを作っていきたかったと思います。
ワンツーや、裏からの飛び出しなど、再度で2対1の状況を作りたかったです。
あと、全体的にシュートの数も少なかったです。
立ち上がりがあまり良くなくて、その後もなかなか修正ができませんでした。
もっと落ち着いてボールをもって、崩せなかったら後ろに一度戻すなどして時間をかけてもよかったかもしれません。
ですがチャンスが無かったわけでもないですし、決めるところで決めたかったです。


●永田充選手

(守備については?)
相手の2列目の選手を捕まえ切れませんでした。
もう少しスライドを早くしたり、受け渡しの判断も早くすべきだったと思います。

(最終ラインが深い印象でしたがどうでしたか?)
いつもの通りのつもりでしたが、少し相手にスペースを与えてしまいました。

(試合の入り方は?)
みんな集中して入っていたと思いますが、失点してしまったのが痛かったです。
ボールを散らしながら中を使えていたのは良かったと思いますが、点が入らなかったことが今日の結果を左右してしまいました。


●槙野智章選手

(課題は?)

相手が引いている中で後ろから数的優位にしたかったです。
ポゼッションをしていても壁を崩すことができませんでした。
攻撃に関してはもうひと工夫、ふた工夫したかったです。
個人的にもロングシュートを打つ、クロスを上げるなど色々と工夫出来たと思っています。

(次の試合に向けて)

連敗はあってはならないことだと思いますし、上の順位で戦うためにしっかりと準備をしたいと思います。
自分達のサッカーを続けることが大切です。



現地参戦された皆さん、お疲れさまでした。

さて、ダービー…
浦和の勝負弱さってこういうところなのかな?
勝たなきゃいけない試合で勝てない。
これじゃぁ、厳しいよね。
ぶっちゃけ、先制されたのが全てだったかも。
あんなにどん引きされると、浦和はあの形を破れない…
あれを破ってこそ、価値があるんだけどね。
ただ、イイ線までは行ってたし、決定力が無かったのも確か。
あとは、栗鼠の方が勝負への執念があったかな。

内容の方は…
ミシャサッカーの最大の弱点とまで言われていた、サイドバック裏の守備網…
見事に破られてしまいました。
まぁ、カバーリング含めて、連携が上手く行って無かった事をヒラもツボも認めてるし、点を取られた後、試合中に修正できたと言ってるから、その辺、次は同じ失敗を犯さないようにして欲しいですね。

同じ失敗と言えば、2点目…
あの形で点を入れられるのって何回目かな?
鹿の興梠にやられたのも同じ形だった気がする。
ありゃ、まずいよね。
選手の勉強以前に、ミシャもしっかり対策を打つべきだと思うね。
もしかすると、ずーっと言われてた1点目の形より、2点目の方がスカウティングされている可能性は高いから。

あとは、この負けを引きずらない事。
次節は鯱戦。
最近、鯱に対しては、決して苦手な相手じゃなくなってる。
上位と言えども、しっかり勝つ事が大事。
負けを教訓にできるかが、成長過程では大事なのだから…




負けに不思議の負けなし〈完全版〉 上 (朝日文庫)負けに不思議の負けなし〈完全版〉 上 (朝日文庫)
(2009/03/06)
野村 克也

商品詳細を見る
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://urawaism.blog68.fc2.com/tb.php/1504-70a8fe9a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。