浦和に関するネタを中心に、サッカーネタやコラムを書き綴ってます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
CA3K0339.jpg



2012年5月3日(木・祝)19:04キックオフ・埼玉スタジアム

浦和レッズ1-2(前半0-1)横浜F・マリノス 

得点者:12分 齋藤 学(横浜FM)、78分 槙野智章・88分 マルキーニョス(横浜FM)

入場者数:44,422




●ペトロビッチ監督

前半は相手のほうがキレがあったと思うし、我々は1歩2歩相手に遅れて反応していた。
マークの受け渡しも、もう少しスムーズに早くやらないといけなかった。
特に足りなかったのはアイデア。
相手の予測できないパスがなかった。
後半は相手に前からプレッシャーをかけて、いいプレーができた。
選手たちはどうしても勝利するという強い気持ちを持ってプレーをしていたし、それは批判できない。
今日は2失点したが、不運な失点だった。
特に後半は五分な戦いができた。
残念ながら終了間際にセットプレーから失点したが、そういうことがあるのがサッカー。
非常に痛い敗戦だったが、引き続き全員でハードワークしていくしかない。
柏木陽介はケガを押しての出場だったが、本来の調子ではなかった。
彼の持っているアイデアがあればというところだったが、今日は残念ながらそれが出せなかった。
切り替えて次に向かっていくしかない。


Q:セットプレーからの失点が目立つが?

セットプレーからの失点ももちろん監督として責任があると思うが、その質問は選手に対していい質問なのではないかと思う。
ただ、失点は私自身に責任がある。
セットプレーは守備のトレーニングをすれば改善できると思われるかもしれないが、試合中に起こるセットプレーは毎回違うシチュエーションだし、そういうものをトレーニングのなかで解決できると私は思わない。


Q:デスポトビッチ投入の狙いは?

彼はFWだし、我々はリードされているなかで攻撃的な選手を入れて、より攻撃的に、逆転ゴールを狙うため入れた。
同点にすることは成功したが、残念ながら最後はセットプレーでやられてしまった。


●柏木陽介選手
今日は俺が出てしまったことがよくなかった。
出るなら足のせいにはしたくなかったし、結果を出せなかった自分が悪い。
自分から交代したほうがいいと話をした。

Q:なかなか形を作れなかったが?
凡ミスが多かったし、引いている相手に対して今日もできていなかった。
相手のボランチが俺らに完全に付いてくる感じだったから、もっとうまいことボールを持ち運べたかなという印象もある。
ミスが多かったのと、大宮戦みたいにボールを回せているけど、入れた時に取られてカウンターというのが多かった。
そういうところが問題だった。
無理しなくていいところで無理したり、前がかりになったところで取られてカウンターが多かった。
俺のところやマルシオのところでボールが収まらなかったかな。
今日は自分が悪かった。
みんなに謝ったし、次はわからないけど、また万全なときに自分らしいプレーをしてチームを勝利に導けるようにしたい。
今日は勝てば上位になって勢いに乗れるという試合で、ふがいない試合をしてしまったと思う。
今日は自分に反省して、切り替えていく。
連敗しないことを心がけて、次に臨めれば。
セットプレーでまたやられてしまったので、そこを注意して、逆に自分たちがセットプレーで取れるようになればチームがいい状況に向かう。


Q今日の出場は監督と相談して決めた?

チームがいい状態だったし、流れもよかったのでそのままいったが、自分が無理だと言っておけば、チームとしていい状況になったかもしれない。
やってみないとわからないことだけど、今日は自分が出てしまった結果かなと思っている。
今まではミスをだいたい5回以内に抑えられていた感じだったけど、今日は前半だけで5、6回ミスしていた。
こういうプレーをしていたら意味がない。
足のせいとかじゃなくて、いろんな条件を含めて自分が出てしまったことは自分が悪い。
チームとサポーターに謝りたい。


●梅崎司選手
1トップ2シャドーのところにいかにボールを入れて、攻撃のスイッチを入れるかだったが、後ろから運んで相手を引き出してからゲームを作って、真ん中に入れるというシーンが少し少なかった。
あの時間帯はできていたし、得点場面も阿部さんが前に運んで僕が受けて、タメてマキ(槙野)に渡してといういい形だった。
ああいうのをもっと作っていかないといけない。


●槙野智章選手
チームとして立ち上がりの失点が目立つので、そこは徹底的に課題の1つとして取り上げていかないといけない。
ゲームとしては自分たちのやりたいことはできていたと思うし、1点を返したあとにもう1点追加点を取りにいくくらい前に仕掛けられればよかったが、少し後ろが重たくなった印象がある。

Q:セットプレーで決勝点を取られたが?
マークはしっかりしていたし、個の部分のところだと思う。


Q:ファインゴールだったが?
このチームに入って、ことごとくチャンスを外していたし、練習してきたなかで取ったゴールなので、これが最後にならないように、そしてチームに価値あるゴールを取っていければ。
でも僕の仕事はまず守ること。
最近ゼロで抑えられていないので突き詰めていかないといけない。

Q:なかなか自分たちのサッカーができていなかったように見えたが?
すべては先制点を取られたこと。
相手があれだけ引いているなかで、4人が並んで、中盤も最終ラインに入るような流れのなかで崩すのは非常に難しい。
大宮戦もそうだけど、引いた相手に対してもう少し自分たちが工夫、アイデアを持ってやる必要がある。
これも勉強だと思ってまたがんばりたい。


ぶっちゃけ、怒りしかない。
なぜ、手負いの相手にしっかり勝つことができないのか?
樋口を介錯してあげる絶好のチャンスだったのに…
最後の最後での、セットプレーからの失点。
目の前だったのでよく見えた。
アベユキのミス…マルキを逃がしてしまったね。
だから、あいさつに来た時にうな垂れてた理由も理解できた。
分かっていながらやられるのは選手としては一番辛いだろうが、やってはいけない点。

実は、試合前に怖いのは斉藤とマルキって仲間と予想してた。
茸さんが機能しないからこの成績なので、むしろ、彼が誰を使うかと考えたら、この二人が浮かんでしまった。
それが現実のものになると、そう予想してしまった自分もツライ…
まぁ、お付き合い癖は、昔から浦和の悪い癖で、これがある限り、順位を上げるのは難しいね。
リーグ次節もホームで新潟戦。
次こそ勝たなきゃシャレにならんよ。
FORZA REDS!




心を整える。 勝利をたぐり寄せるための56の習慣心を整える。 勝利をたぐり寄せるための56の習慣
(2011/03/17)
長谷部誠

商品詳細を見る



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://urawaism.blog68.fc2.com/tb.php/1509-c85a635b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。