浦和に関するネタを中心に、サッカーネタやコラムを書き綴ってます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012年4月28日(土)瑞穂陸上競技場

名古屋グランパス1-2(前半1-1)浦和レッズ

得点者:23分・68分 マルシオ リシャルデス、27分 金崎夢生(名古屋)

入場者数:18,138人



●ペトロヴィッチ監督

浦和レッズにとっては素晴らしい前半になったと思います。
良いチャンスが続いた中で得点が取れて、残念ながら高いボールが入ってつながれたところから失点してしまったんですが、それは非常にもったいない失点でした。
前半は追いつかれはしましたけど、試合をコントロールした良い前半でした。
後半に入っても同じように我々は試合をコントロールして、いい形も作りました。
2点目が入ってからは相手は闘莉王を前に出してロングボールを出してきて、我々のゴールに圧力をかけてきて、厳しい状況に置かれました。
なぜなら名古屋には体が強く、2m近い選手が揃っていますので、やはりそういった中でロングボールへの対応は難しかったです。
しかし選手たちはよく体を当てて対応してくれたと思います。全体を通して試合を振り返ると、我々が勝利に値する試合をしたのではないかと思います。


Q:2得点目は素早いカウンターからのものだったと思いますが、そういった狙いはあったのでしょうか。

名古屋は広島戦から3-4-3でいい形を作れていました。
今日も3-4-3で来ることは予想していました。
そして真ん中でコンビネーションを仕掛けてくると思っていましたので、しっかりブロックを作って、危険なところでコンビネーションをさせないように、選手には時間とスペースを与えないように集中させました。
そして練習の時から3-4-3を意識させていましたし、我々が良い守備をするだけでなく、奪ってから速く攻める、仕掛けることを強調してやってきました。
それは毎日練習を見てらっしゃる記者の方なら知っているかと思いますけど、それがいくつかの形でよく出ました。


●濱田水輝選手
(途中出場でしたが、何か指示はあったのですか?)

バックラインの危ないところに行くようにということは言われました。
相手になるべくフリーであげさせずに、ボールをしっかりとブロックすることを目的としていました。
これから更に体力を使うサッカーをしていかないといけません、もっと賢くなって、チーム全体の完成度を上げていきたいです。


●鈴木啓太選手

(相手の印象は?)
やりずらさはそこまで感じませんでした。
今日は自分達の方がよかったのではないかと思います。
マルシオ、(柏木)陽介、ポポが前に出ていくチャンスも作れていたと思います。
ですが、名古屋の個々の強さもあってなかなか崩すことができませんでした。
もっとゴールエリアでプレッシャーをかけないといけません。
(名古屋は)Jリーグの中でもトップのチームですし、力強いサッカーを見せていました。
ただ、僕らは相手チームに合わせるのではなくて、自分達のサッカーをすべきだと思っています。
今日も崩されていたわけではないですし、今は自分達へのチャレンジの時期なので、一戦一戦やるだけです。


●柏木陽介選手

(早いカウンターを見せていたと思いますが)
相手が一人少ない状態だったのにも関わらず、簡単に蹴って、取られてになってしまったので、そうなるとしんどくなってきます。
本当はもっとゆっくりとボールを回していけるところもありましたし、得に前半は裏のスペースばかりを狙っていました。
もっとバイタルを狙ってポポが孤立しないようにすることをしたかったです。
無駄な横パスも多かったですし、勝っているときにもっとボールを保持して、崩していけるようになっていきたいです。


●マルシオ リシャルデス選手
前半はコンビネーション良く攻めることができました。
後半はしっかりと守れ、それぞれの選手が頑張れたと思っています。
ただ反省するところは反省して、次の試合に向けて修正していきたいです。


●槙野智章選手
最近試合の入りに失点することが多かったので、そこは注意していました。
ですが、先制をした後に点を取られてしまいました。
ただ、失点をしても下を向かないで、その後、中を固めることができたと思います。

(攻撃に関しては)
1トップ2シャドーの間にスペースが空くことは分かっていたので、そこに関しては良い攻撃が出来ましたが、もっと工夫が必要だとも思いました。
後ろでボールを回しすぎていたところがあるので、もっと意味のあるボール回しをしていくことが大切だと思います。
前の試合(大宮戦)よりも良い形でボールを回ったことは良かったと思います。

(攻撃参加については)
今日は上がるのを抑えたほうです!
だけど、後ろからあがって攻撃を数的優位にしたいと思っていました。



現地参戦された皆様、お疲れ様でした!
まずは、試合の感想から…
何とか勝利を勝ち取ったので結果的には良かった。
ただ、先制してすぐに追いつかれたり、逆転した後にドン引きになって相手に簡単に放り込ませるようでは、たとえ中央を絞って守っていたとしても、相手はそれを突き破る高さを持っているのだから、陽介の言うとおり、もう少しやり方があったと思う。
この辺は結果オーライにはしないで、今後の反省材料にしてほしい。
ケネディという高さがもう一枚入ったら、とてもじゃないけど今日のようにはいかないと思うので。

とはいえ、マルシオがいい働きをしてると思う。
昨年のうっ憤を晴らすべく、活躍だった。
正直、今の攻撃陣では陽介・マルシオ・ポポが一番いい組み合わせになっている。
ミシャのサッカーの肝は両サイドバックと言われているけど、やはり点を取らなきゃ意味がないのだから、そういいう意味では、この3人がお互いを生かしながら、2列目・3列目が攻撃参加をしてくると、より攻撃に厚みを増すし
、得点するパターンにもなってくる。
ミシャが「完成までにはまだまだ時間が必要」と言う通り、まだ粗削りな部分はあるけれど、今は、一歩ずつでも前進していけばいいと思う。
次節は鞠戦。
手負いの相手に、しっかり勝ち点3を取って欲しいね。




浦和再生 レッズスタイルの行方浦和再生 レッズスタイルの行方
(2010/03/30)
島崎 英純

商品詳細を見る


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://urawaism.blog68.fc2.com/tb.php/1511-6ec6f7bf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。