浦和に関するネタを中心に、サッカーネタやコラムを書き綴ってます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
なかなか興味深いブログがあったのでご紹介。

浦和レッズの「広島化」が簡単ではない3つの理由


そもそも、浦和が「広島化」を目指しているとは何を指して言ってるのだろうか?
自虐を込めて言えば、広島のようにコンセプトのない浦和のフロントでは、広島化など無理だろう。
いや、ミシャの就任経緯からして、浦和のフロントは、それ以前に、岡田と西野に声を掛けて二人から断られるという大失態を犯していたことが他サポは意外に知られていない。
ミシャの就任は、実は、日本に残る事を選択していたミシャからの「たなぼたオファー」であったし、そういう経緯からしても浦和が「広島化」など端から目指していないのは明らかである。

では、たまたまそうなったのか?と言われると、それもまたNOだ。
ミシャが前広島の監督であることは周知の事実だが、浦和が広島化しているのでは?と言われる所以は、フロントが方針もなく、ミシャに丸投げしているからそう見えるのだろう。
(主力選手を引き抜いたから「広島化」というのであれば、それはお門違いである事は最初に釘を刺しておく)

ただ、広島の場合は、ミシャに任せながらもクラブが主導してきた部分もあるから、今の姿があるともいえる。
このブログの筆者の言う部分で、ある意味、同意できるのは、彼がチームを離れ、かつコンセプトを維持する場合のリスクという面だ。

これも、彼が考えている程のことではなくて、浦和のフロントはクラブとしての形を全くと言っていいほど追求していない。
いや、それでも勝つ事を追求するために、常に監督の要望に応えて補強をし続けて、勝つために最良の形を追求するというコンセプトを持つのなら、それはそれでありだと思う。

しかし、ある時はクラブ財政ばかり気にして勝つ事よりも財布の中身ばかり気にして、ある時は監督の意向とは違った補強をし続ける…
そんな頓珍漢な事をやり続けるから、サポからクラブの信用を得られない。
非常に悲しい事実を自ら作り上げてしまう…それが浦和というクラブなのだ。
だから、心配しなくても浦和というクラブは広島様の足元にも及ばないから大丈夫だ。

それと、ユースの崩壊についても言及しているが、すでに築き上げたものを自分の手で壊し始めている。
ユースとTOPの戦術の整合性など端からないし、「それぞれの世代が、選手にあった育成」という…
一見、きれいな言葉が並んでいるが、何のためにユースを持っているのか分からない事をやってるのも、また浦和というクラブだ。
実際に、埼玉地域から柏ユースやJEFユース・三菱養和FCに進んだ例は多い。
寿人(埼玉出身)はまさにその例で、武蔵野線を使えばこれらのクラブに行くことは可能だ。
また、浦和ユースに上がらず、高校サッカーの名門チームに行った例(G大阪の中澤:浦和JY→市立船橋)もある。
ただ、この二人の世代は浦和が育成年代に力を入れてなかったこともあり、仕方ないと言えばそれまでだが…。

最近では、浦和も浦和FC(少年団選抜)が大会規定で出場できなくなったため、小学生年代の育成にも力を入れ始めたが、今のままではTOPの主力云々の問題の前に、ユースチームとしての機能面から敬遠されるケースも増えるかもしれない。


まぁ、ここまでは自虐的な意味と浦和の抱える内包的な問題を挙げながら、「彼の心配」が無駄であることを証明したわけだが(苦笑)、ここからは彼の心配への「反論」をさせて頂く。


まず、代表選出が少ない部分は、確かに、ザックとしてはポジション・戦術が異なるため、起用に難を唱えるのは致し方ない。
ただ、その手の問題は、どこにでもある事だし、そもそも、本当に選手の実力があれば選ばれる。
だから、ミシャ云々ではなく選手自身の問題でもある。

そもそも、Jから選ばれているのは遠藤くらいで、他はJでザックが重用している選手はいない。
そういう意味では、海外選手を重用するザックが、岡田以上の選手起用の手腕があるのかも疑わしい。
ここまでの起用を見る限り、単に、岡田の遺産を受け継いだだけという評価すらできる。
世代交代も、海外選手中心だし、逆に言えば、ザックJに入りたいなら、海外に行けば何とかなりそうな気さえする。
たぶん、今まで選ばれてた伊野波や槇野も、J帰りでは選ばれなさそうな気もする。苦笑。
まぁ、ザックだって浦和がミシャを選んだのと同様、協会が失策を犯した結果の人選だから仕方ないのだが。失笑
なので、若手・中堅選手はザックに代表に選ばれることの価値は、現時点ではあまり考えなくてもいいと思う。

むしろ、浦和で実績を残してACL→CWC経由で、大手を振って海外でプレーすれば、浦和を起点として海外に行き、代表に選ばれるコースがあるのだから、慌てる事はない。
中途半端に代表に選ばれて酷使されて、W杯前に「ポイッ」されるより有意義な道のりが残されている。


最後に…
そもそも、彼の言うように、広島と浦和というクラブのチームカラーは圧倒的に違う。
だから、浦和が広島を目指せと言っても無理だし、違う気がする。
では、なぜ、彼は「浦和の広島化が簡単ではない」などという難題を挙げたのだろうか?
俺自身、広島というクラブとフロントには、育成とチームコンセプトの確立いう部分で、今の浦和には真似のできない長所があり、その部分ではリスペクトの念を持っている。
ただ、浦和が広島化を目指せとも絶対に思わないし、むしろ、広島を超える切り口でミシャが築く浦和の強さを見せて欲しいと思う。

広島=ミシャサッカーの継承というのなら、森保に失礼だし、浦和=ミシャサッカーというなら、ミシャも広島でやれなかったサッカーをこれから見せたいと思ってるはず。
だからこそ、広島のように育成しながらという考えを捨て、勝つ事によりプライオリティーを置いていると感じる。

その過程で、浦和と広島のサッカーがダブって見えてしまうのは仕方ないが、森保もミシャも2年目となれば、ベースは同じでも味付けをして、より自分の色を前面に推し出してくるはず。
そこからが、真の勝負になるのでは?と感じている。
だから、浦和は広島を目指しているわけではないし、良くも悪くも、広島化など端から考えていないのでご心配なく。
浦和は唯一無二の「We Are THE REDS」であることをお忘れなく。






フットボールサミット第5回 拝啓、浦和レッズ様 そのレッズ愛、本物ですか?フットボールサミット第5回 拝啓、浦和レッズ様 そのレッズ愛、本物ですか?
(2012/01/25)
福田正博、島崎英純 他

商品詳細を見る





スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://urawaism.blog68.fc2.com/tb.php/1557-8410dc20
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。