浦和に関するネタを中心に、サッカーネタやコラムを書き綴ってます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最近、朝のラジオでは「育成」「生え抜き選手」という言葉が大人気。

しかし、個人的には、それを称賛すべく声には若干違和感がある。



「育成」・「生え抜き」って簡単に言うけど…

「今」の浦和というクラブの体質に、その言葉を植え付けるなら

その前にチームを「常勝軍団」に育ててからだと思う。



勝てもしないチームに、育成?

勝ってるチームだからこそ、若手を育てる意味がある。

勝ち方を学んだり、負けない意味を学んだり…



確かに、負けから学ぶこともたくさんある。

でも、勝てないチームを勝たせるために

育成しながら勝てるチームを作る?



「今」それができるかな?

勝つ味を覚えたサポや選手がいる中で



そんな、二律背反のようなやり方で

チームを強くしようとするなら、サポは我慢できるのかな?

いや、サポの前に選手が我慢できるのかな?



浦和の歴史が、それをさせてくれないのは、つい数年前にもあった話。

そして、自分自身もいろいろ考えて辿り着いた結論…



「結局、勝たなければ全てが始まらない」



「生え抜きの育成」は、勝ってこそできる「大事業」。

そして、勝ちながら育成という大事業に選ばれしメンバーに入れるのも、年1-2人が精一杯だろう。

サテライトが無い現状では、他クラブで実践を積ませて、レンタルバックするというのも立派な「育成」。

何も、「育成」は自前でしなくたっていいのだ。



使えるものは使い、所属する選手の最大限の成長を促せる「場所」を提供するのも、新しい「育成」の形。

そして、育成した選手を自前で使うのがイイか、高い価値を付けて他クラブに売り出すのがイイか?

その判断をするのも、クラブの方針次第。



保有できる選手枠というのは限りがある。

入る選手がいれば、出て行く選手がいるのも、これまた盛者必衰。

だからこそ、選手への愛着は大事だし、叱咤激励も大事。



どんな感情であれ、時間を共有した仲間とは、必ず「心の交差点」が存在する。

サポが大事にすべきは、選手のクラブの出自よりも、この「心の交差点」をいかに多く持つかが大事だと、俺は思う。

選手を育てるのはクラブだけじゃない、サポもそうなんだという事を、常に心から離さないでいたいと思う。

だからこそ、浦和を出て行った浦和出身の選手も、他クラブから来た浦和の選手も…

同じくらい愛せるんだと俺は思う。



REDS 20th Digest―埼玉新聞で振り返る浦和レッズ20年の軌跡REDS 20th Digest―埼玉新聞で振り返る浦和レッズ20年の軌跡
(2013/03/29)
不明

商品詳細を見る


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://urawaism.blog68.fc2.com/tb.php/1569-31f372d3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。