浦和に関するネタを中心に、サッカーネタやコラムを書き綴ってます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【フィンケ監督・コメント(要約)】

・今週末もまた先週とは違うスタメンになる。
・ただし、誰がピッチに立とうと、どんなシステムであろうと、これまでのスタイルを貫き、そしてできるかぎりいい結果を残せるように優れたプレーを見せていく。
・まだ、新しいやり方を選手たちが完全にマスターしているわけではない。
・なので、特に戦術的なことに関しては、今後、選手にさまざまなことを要求していく。
・また、私は選手たちにはメンタル面でも要求していく。
・忘れてはならない現状として、一つは、一昔前のように海外から完成された非常に高い選手を買ってくることが今はできないということ…彼らはアラブ諸国に行ってしまうから。
・比較的安いヨーロッパの若手選手は、『なぜ自分が日本に行く必要があるのか?日本に行ってしまったら、ヨーロッパの関係者は自分を見てくれないだろう。自分の目標はヨーロッパの5つのブランド・ネーションでプレーすることで、日本行きは自分のためにならない』と。
・なので、今後は積極的に選手を育成しなければならない…これが、今の国際的なサッカー界の現実。
・そしてそれは、10年以上前から実践されているサッカーの土台の部分に当たることで、それを今ここでやっている。
・あすの試合…坪井は非常に高い確率でメンバー入りする。
・直輝については、明日メンバー入りする可能性は高いがスタメンか途中出場か、まだ決めていないが90分フルの出場はない。あとはピッチ上でのプレーで判断。
・今から2、3週間後、非常に優れた1人の『梅崎 司』という『新加入選手』を私は得ることができるかもしれない
・平川についても、もう数週間すれば、公式戦に出られるようになるのではないか


【フィンケ監督・インタビュー(要約)】

【名古屋グランパスの新加入選手ケネディ選手について。彼はドイツ・ブンデスリーガでも長くプレーしていた選手だが?】
彼はドイツで4回、または5回移籍している選手です。
どのクラブに行っても、移籍当初は必ずいいプレーを見せてゴールを挙げていましたが、比較的早い段階でベンチに座るようになり、また移籍するということを繰り返していた選手です。
ですから、彼の過去を考えると、彼が来たばかりの今という時期はとても危険だと思います。
そして、セットプレーで誰に彼をマークさせるかこれから考えなくていけません。
ただし、大切なのは誰が彼を担当するかという役割分担をしっかりと決め、彼に対して厳しく当たっていくことです。

【グランパスはアウェイで対戦したときのチームと変わっているように思うが、監督が抱いた印象は?】
彼らがあまりいい結果を残せておらず、順位表の下の方にいるということで、彼らが落胆していることは想像できますが、ダヴィとケネディが代わったこと以外は、それほどの変更はなかったと思います。
昨日、彼らの前回の試合、1対1で終わった試合を見ましたが、あまり大きな戦術的な変更も見ることはできませんでした。

【闘莉王の負傷した腹直筋は彼にとってもはじめての負傷箇所だが、復帰の目処は?】
私はドクターではないので、あまり細かいことはお話しできませんが、以前、私のチームでプレーしていた選手で同じようなケガをした選手が数人いました。
その数人の中でも、戻ってくるまでの期間は非常にバラつきがありました。
ですので、今回のケガに関しても、彼が何週間後にチームに復帰できるかということはお話しできない状況です。
とても個人差が大きいケガなのです。

【野田紘史の期限付き移籍については、どのような判断をしたのか?】
彼の置かれていた状況を考えると、チーム内で各ポジションにたくさんのライバルがいたため、ここで定期的に試合に出られるような状態になるのは難しかったと思います。
彼の今までの親善試合や練習試合でのパフォーマンスなど、いろいろなことを考えて、最終的には別のチームでさらに実戦の場を与えた方がいいのではないかと思いました。
そして、さまざまな話し合いをした結果、今回の期限付き移籍を承諾したわけです。
なぜなら、そのような形で、試合に出ることによって、彼の成長をさらに助けすることができると思ったからです。

【これまでレッズが加入1年目の選手を期限付き移籍させる例はなかったと思うが、これもクラブの改革の1つと捉えていいのか?】
そのことに関しては、今ここでお話しすることはできません。
なぜなら、実際にこのクラブが何をどこまで改革したいのかというところが、私はまだ見えていないからです。
そして、その改革がどこまで進んでいるのかも私はあまり情報を得ていない状態ですし、それ(野田の移籍)が改革の一部なのかどうかも、今ここでお話しすることはできません。
しかし、改革という話とは別に、1人の監督としてこのような決断は非常に大切なことだと思います。
選手にとっても、チームにとっても。


相変わらずフィンケのインタビューはものすごい量です!
オフィシャルにこれだけ出てしまうと、大手マスコミの記者は書くことが無くなってしまうだろうに。笑
なので、ここではある程度、要約したものを発表いたします。
さて、前置きはこれくらいにして…
ツボと直輝の復帰は嬉しいね!
久々のハイパフォーマンスを見たいです。
明日の鯱戦に対して、フィンケはある程度ゲームプランはできていそうですね。
ケネディに対しても、頭の一発以外は敏感に反応していない感じがしますから。
ある程度、対策は練っていると思います。
ヒラとツカサの復帰ももうすぐのようで更に嬉しいですね!
闘は脚戦で復帰できればいいね…清水戦が無理ならオールスターは休んで下さい。
残るは達也…
早く達也がボールを蹴る姿を見たいのですが、慌てずしっかり治して欲しいです。
野田の移籍については期限付きだし、彼にとって大事なのは試合に出場する事で、チームは違えど、彼にとって前向きな何かを掴んで帰ってきて欲しいと思います。
フィンケ改革はまだまだ道半ばのようですが、しっかり改革を遂行して下さい。
気になったのは、フロントとの意思疎通…まだ不完全のようです。
シャチョさん・信藤TD・監督がしっかり手を携えてチームの強化に励んで欲しいと思います。

↓読んだらクリックお願いします!
 
にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://urawaism.blog68.fc2.com/tb.php/198-650236f3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。