浦和に関するネタを中心に、サッカーネタやコラムを書き綴ってます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【フィンケ監督・コメント】

・前回のガンバ大阪戦で私たちは非常にいいプレーをしたし、残念に思わなければいけないようなパフォーマンスではなかった。
・なので、長い間、頭を下げて暗くなる必要はないし、しっかりと頭を上げて自分たちのことを信じて次の試合に臨んでいく。
・チームの台所事情については、厳しい状態が続いているが、できる限りいいメンバーをリストアップして明日の試合に臨みたい。
・闘莉王に関しては、まだ『?』マークの状態、高い確率で試合に出ることができるようになると思うが、明日の練習の際にもう一度確認したい。
・もし彼がピッチに立つのであれば、後ろからプレーすることになる。

【フィンケ監督・インタビュ】

【闘莉王は先発でも途中出場でもセンターバックに入るのか?】

前回の試合で、私たちは闘莉王を中盤で起用したわけですが、その理由はケガをしていたこともあって、一方の方向にターンをすることができなかったからです。
そのような厳しい状況であったにもかかわらず、試合前のウォーミングアップのときに、彼が自分のところに来て、30分くらいであればプレーができると思う、とはっきりと伝えてきました。
ですから私は彼を後半になってから途中で起用し、しかも守備ではなくて中盤で使ったわけです。
彼は空中戦の強さもありますし、セットプレーのことも考えれば闘莉王という存在が武器になるということも考えました。

【今日の紅白戦でのメンバー構成の意図は?】
試合の前日に組まれたチームが次の日の先発になることはいっさいありません。
なぜかというと意図的に選手を入れ代えることによって、特定の選手に特別な刺激を与えるときもあるからです。
しかしそのようなことはやはり、私たち現場の人間しか知らないわけですし、実際に次の日のいろいろなメディアの予想スタメンを見ると、自分の考えているスタメンとはまったく違う、メンバーが発表されていることもよくあるわけです。
私がこの国に来て気付いたのは、サッカーについての考え方、見方がまったく違うということです。
多くのメディアを見ても、私が今まで生まれ育ってきたサッカーの環境、サッカーへの考え方とはまったく違う考え方で報じられている事があるように思えます。
この国だと、その前日にいろんな方が明日のスタメンはどうなるのか、練習を見ながらメモをしているところがありました。
試合前日の練習で私たちが2つのチームを作ると、外部の方々がそのチームを見ていろんなことを考えてしまう。
そして翌日のスタメンを決めつけてしまうところがあります。

【梅崎は先発できる状態になっているのか?】
彼が先発で試合に出る可能性は非常に低いと思います。
しかし、今後、試合に出る時間というのは長くなると思いますし、徐々に先発に近い方向に戻ってきているのではないでしょうか。

【田中達也がボールを使ったメニューに取り組んでいるが、現状と復帰の見込みは?】
もしかしたら再来週あたりに、部分的にチームの練習に合流することができるようになるかもしれません。
ただ、ここではっきりとしたことをお約束することはできません。
皆さんご存じのように、田中達也はこれまで何度も何度もケガを繰り返してきた選手です。
場合によっては同じ箇所の再発というケガもありました。
彼の復帰に関しては、とても慎重にしていかないといけないと思います。

【チャンスを作っているのに得点が入らない状態だが必要なこととは?】
監督の仕事というのは選手たちがゴールを決めるための準備をすること、そしてその準備のための環境を作り上げることです。
ですから毎日の練習で、さまざまな状況を私たちが作り出して、選手たちは自ら決断をしなければいけない。
シュートに持ち込むべきなのか、もしくは違った選択をするべきなのか。
そのような状況を私たちが作り出していくことで、選手たちが毎日の練習から成功体験を得ていく。
そうすれば自信をもってそれを公式戦でのゴールにつなげることができていくわけです。

【ガーナ人練習生が今日は不在だったが?】
ガーナ人の練習生について、私たちは契約する方針を決めました。
彼にはC契約が与えられるので、私たちは彼の将来を見込んで、ぜひ育成していきたいと思います。
彼は18歳と非常に若い選手ですので、寮で暮らしていくことになります。


とにかく、日を追うごとにチームの状態は良くなっているので、先制すれば負の流れはSTOPできると安易に考えている。
浦和の持つチームとしてのポテンシャル、選手個々のポテンシャルはJ全体を見てもそんなに低くない。
ただ、フィンケも毎回言うように、今までとは違う新しいことにチャレンジしている最中で、結果だけを求められても約束はできないというのは本音かと。
当然、順序からいえば戦術の浸透があってこそ、勝利を目指せるというのは妥当な考えだと思う。
決定力不足の解消には、選手のパフォーマンスをどう上げて行くかが最大の問題だと思う。
フィンケも選手のパフォーマンスを上げるために、早期の疲労回復をテーマに上げている。
そうやってパフォーマンスを上げて行ければいいのだが、今週はイングリッシュウィーク。
今日、そして土曜と厳しい戦いが続くが何とか踏ん張って欲しい。
そして、これは全ての選手に言えるけど、疲労が怪我を起こす事は多い。
直接の原因は別にあっても、その遠因に何があったか?そこまで突き詰めて考える必要はあると思う。
とにかく、怪我をすれば早期の疲労回復も難しくなるし、それがケガの治りを悪くするというスパイラルに陥るので、特に若い選手には無理せずきっちり治して欲しいと思う。
最後に…例のガーナ人の選手とも契約する方向のようですね。
これは一つのいい例として、この先につながる何かが出来ればいいと思います。
とにかく、今回の世界陸上を見ていて思うのですが、アフリカ系の選手の身体能力は他の人種を圧倒しています。(あのメダル数は異様です…)
まだ若くて荒削りなところもありますが、フィンケの育成力を見るにはいい機会だと思うので、期待しましょう!


↓このブログを応援して頂けると嬉しいです。クリックお願いします!

にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://urawaism.blog68.fc2.com/tb.php/275-cc56ba12
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。